せどりで余った売れ残り在庫が黒字に!?過剰在庫を効果的に処理する方法2選。

せどりで余ってしまう売れ残り在庫って、しばしば仕入れてしまいますよね。今でこそ、ほとんどの商品をさばける仕入れが出来る様になりましたが、初心者の頃の基準で仕入れた商品が未だに在庫として眠っている物もあります。

そこで、せどりで仕入れた売れ残り在庫を効果的に処分する方法や、確実に売り直す方法、赤字を撤廃する方法を合わせてご紹介致します。

確実に売れる商品でなければ在庫として余る可能性も

せどり初心者の頃は、なかなかリサーチをしていても、1円1円、たまに100円とかで、仕入れることが出来ずに居ました。そんな中で、ブックオフの100円棚から、1000円とかだけでも最安値の商品を見つけるとテンションが上がったりしました。

売れるかどうかの検証や、モノレートの本当の見方も分からず、闇雲に仕入れて、未だに売れていないなんて商品も多々あります。ま、CDとかがメインなんで、そこまで高額な仕入れ値じゃないので、全然痛手にはなりませんが。

ただ、なかなか差額のある商品を見つけられていない時間が長いと、こんな商品でもいいかと妥協して仕入れがちです。しかしこんな商品を仕入れては絶対にダメ!そこは冷静になって、自分を止めましょう。

その経験から、本当に見極めて仕入れないと、3ヶ月とか6ヶ月間売れずに、在庫として残るなんてこともザラにあります。そんな在庫を仕入れない為に大事になってくるのが、しっかりと売れているのかを見る目というのが大事になって来ます。アマゾンランキングなんて見てないし、どうでもいいのですが、モノレートではしっかりと見る様にしましょう。

このグラフや、売れ方を見極めて仕入れないと、過剰在庫として残ったり、最悪赤字と言う事になりかねないので、アマゾンランキングではなく、モノレートをしっかり見るのが大事になってくるのかと。ちなみに初心者の方が勘違いしていることで、出品すれば売れてくれるという風に思っている方も居るみたいですが、売れていない商品の場合は本当に売れないです。在庫として1年弱眠っている商品もあるくらいですから。

過剰在庫の怖さ

そこで在庫が余って、売れなかったと言う事で、一番怖いことは、売れないと言う事だけではありません一番怖いのは、資金が潤滑に回らないということです。ぶっちゃけ赤字でも売れれば良いんです。というのは、仮に3000円で仕入れた商品が全く売れないとしたときに、3000円分損したと言う事と、3000円分仕入れが出来なくなっていると言う事なんですね。

それが2000円分ででも売れてくれれば、1000円分赤字で済みますし、2000円分の仕入れは使えることになります。今後このような商品を仕入れずにすれば良いだけなので、勉強代金と考えれば安いです。

そうではなくって、売れないと3000円分まるまる、損しているだけなので、その商品は何の価値もなくなって来ます。それが20個とかたまってしまったら60000円分損しているだけになりますよね。すると60000円分も仕入れに使えず、資金が枯渇して来ます。この資金の潤滑が上手く回らないということが過剰在庫の一番怖い所なのです。

ならば、赤字でも売り切った方が良いです。これは経済でも同じで、不景気というのは、人がお金を使わないで、消費をしない為に、経済が衰退して行くことで不景気というのに陥ります。また人間の血液も同じですね。血が体を回らずに、停滞すれば、それだけで死んでしまいます。

キレイに循環するというのが、本当に大事になってくるんです。それがせどりでも全く同じと言う事ですね。過剰在庫とは、血液が堅くなってどろどろしてしまっている状態ということです。ならば、無理矢理でもいいので、売り切りましょう。

過剰在庫を効果的に売り切る方法

では、どうすれば余ってしまった過剰在庫を効果的に販売出来るのか。ということですが、第一に冒頭でお伝えしましたが、そういった商品をなるべく仕入れずに、しっかりと売れる商品を仕入れるというのが大前提です。しかし、それが出来れば、皆失敗はしません。しっかりリサーチしていても売れ残った過剰在庫を効果的に売り切る方法をご紹介します。

値段を下げる

まず一番簡単に出来る方法が値段を下げるという方法です。誰でも出来る方法ですので、効果的かというと微妙ですが、値段を効果的に下げることで、売り切ることも出来ます。効果的に値段を下げる方法というのが、週末にまとめて値下げをする方法ですね。

やはり物流業界の基本として、土日が一番売れやすくなります。平日では平均2〜3の所が土日では8〜10個以上売れて行った経験から感じますね。その時を狙って、金曜日や土曜日に値下げをして行くと売れやすくなって行きます。また、意外ですが、経験談から水曜日が結構売れて行く日にちとしては多いですね。

この売れやすい時期に値下げを行なうことで、過剰在庫を売り切る効果的な方法になるかと思います。また値下げする値段ですが、1円とか2円とかで下げ、最安値をキープする方法より、500円とか1000円とか、一気に値下げした方が、はるかに売れやすいですね。少し勇気の居る方法ですが、購入者からすれば、かなり安くなったと思いやすい値下げですので、購入意欲がわくのかと。

まとめ売り

それでも売れないということであれば、ヤフオクにまとめ売りした方が効率的ではあります。ヤフオクはオークションという性質上売れないと言う事はほとんどありません。傷でバッキバキのスマホも4000円で売れて行くくらいですから。

そこで、過剰在庫を全てまとめて、まとめ売りという風に販売すれば、高確立で売れて行きます。実際にちゃんこまも、1年弱売れていない売れ残り在庫を40点以上まとめて販売しました。アマゾンでの最安値がほとんど1000円前後なので、それだけ考えれば40000円以上はするのですが、10分の1の4400円で落札されました。

アマゾンポイントを設定する

また過剰在庫として残ってしまった商品を売り切るには、アマゾンポイントを設定するというのも効果的です。

アマゾンで商品を販売している場合は、セラーセントラルの管理画面から、アマゾンポイントを付けることができます。

よく、クーポン券をもらったり、会員サービスとして、5%割引といった感じで、店頭で販売されていたりするのを見たことがあるかとおもいますが、そのぐらいポイントというのは有効な手段となります。

実際、ボクが過重在庫を抱えていて、「売り切ろう」と思いポイントを設定したところ、いくつかの商品はすぐに売れていってくれました。

これは体感ですが、値段を下げるよりも、値段を下げる分、ポイントを設定した方が早く過重在庫をさばけるような気がしました。

それぐらい、効果的なのが、ポイントの設定です。

写真を追加する

アマゾンで商品を販売している際、写真を添付することができます。

まあ、大抵のせどらーはやっていることはありませんが、実は結構写真を貼ることによって、過重在庫を売り切ることができます。

例えば、同じコンディション、同じ最安値、同じ条件で同一商品があった場合。

写真なしか、写真ありか、の違いで出品されていると、多くの購入者者「写真あり」の方に目が行きます。

その写真を見て「状態を確認」し、良いと思ったら、あなたから商品を買ってくれます。写真は武器になり得る。ということですね。

もちろん、商品の状態が悪かったり、写真でデメリットが映ってしまう場合(当然説明文には書きます)には、写真を貼ることがマイナスに働いてしまうケースもありますが、良品を販売しているケースでは、写真は大きな武器となります。

もし過重在庫を売り切りたいという場合は、写真を追加しても良いかもしれません。

プラットフォームを変えてみる

まず第一に、「価値ある商品」というのは、どの場所においても高値で売れ、皆が欲しがってくれます。

ですから、どこで売ってもアマゾンヤフオクなど、問題なく売れるわけですが、もし仮に過重在庫として、「あまり価値がない商品」を仕入れてしまった場合は、プラットフォームを変えて売り直してみる。というのも良いかもしれません。

例えば、アマゾンで売っていた場合はヤフオクへ。ヤフオクで売っていた場合はメルカリへ。

このように売る場所を変えることが過重在庫を売り切る良い方法になるかと思います。

というのは、使うプラットフォームによって、微妙に客層が違ってきます。メルカリは主婦の方や学生が多かったり、アマゾンは万人が使っていたり。

プラットフォームによって、利用者の層が違ってくるわけです。

となると、あなたが抱えてしまった過重在庫というのは、もしかするとみる人が見れば「欲しがってくれる」ものかもしれない。

なので、より多くの方にアプローチするために、プラットフォームを変えると、売り切れる可能性が高まるということ。

過重在庫を売り切る時は、結果的には損かもしれませんが、0円が4400円になったと考えれば、まだ最悪の事態は防いだのかと。やはり何度も言う様に一番悪いことは、資金が潤沢に回らない状態ですから。それであるならば、いっそ売り切っちゃった方が得です。

まとめ

  • せどりでは、しっかりとリサーチをしないと売れ残り在庫として余る可能性がある。
  • アマゾンランキングは参考程度に、モノレートを見て見極めることが大事
  • 売れ残り在庫で一番怖いのは、資金が回らないこと
  • 過剰在庫として余ってしまった場合、強引にでも売り切った方がいい

せどりをやっていれば、1つや2つ売れ残り在庫を仕入れてしまうことは仕方がありません。それが無いと言う事であれば、物販のプロだと思いますし、ほとんど未来を予想出来るので、そう言う人は株とか、FXとかをやった方が儲かるんじゃないかな。

ただ、売れ残り在庫を抱えて一番ダメなことは、資金が回らないと言う事なので、値段をかなり下げたり、まとめ売りとして、売り切った方が、まだ傷は浅く済みます。そこは躊躇なく売ってしまいましょう。

改善策としては、もっとあると思いますが、過剰在庫や売れ残り在庫を、利益として売り切るのは少し難しいです。であれば、軽症で済む様に、早く売り切る方が解決策としては有効かと。勉強代として割り切り、次にそう言う商品の特徴をしって、同じミスを繰り返さない様に尽くすと良いと思います。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超え、その後月収100万円を独立したノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の副業ノウハウ本のプレゼント付き


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする