Amazonランキング1位本を無料プレゼント!

せどりにはビームが必要?おすすめはビーム×ツール!


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

せどりで稼ぐ上では欠かせないツール。

そんな中で、せどりの愛用ツールとしてよく挙げられるビームという存在。

CDせどりにおいてビームが必要かどうかについて

解説致します。

結論としては、もちろんビームがあるに超した事はありませんね。

検索する時間もかなり短縮されますし、いちいち写真でバーコードを

読み込んでいては時間がかなり掛かってしまいます。

あなたはリサーチする為に、仕入れにいっているんですか?

違いますよね。

利益のある商品をリサーチする為に仕入れにいっているんですよね。

もちろん資金が無いという方は、無くても大丈夫ですが

やはりCDせどりにおいてはビームがあるに超した事ありません。

せどりすとなどで検索しているかたは、よほど目利きが出来ていないと

キツいと思いますし、何より、店員さんやお客さんの目がキツくないですか?

そんな時間を無駄にすることや

お客さんの目を気にしないメンタルがあれば問題ないですが、

CDせどりではビームを導入する事をおすすめしますね。

もちろん無理に導入する必要はありませんが、これからせどりで稼いで行きたい。

月10万円ぐらいは稼ぎたい。

そう思っている方であれば、必須とも言えるかなと。

ぼくも当初は、ビームせどりと、せどりすとの写真機能の2つを体験していました。

そんな2つを使っていたぼくの体感では、ビームアリとビーム無しでは、約10倍ぐらいの速度の違いがあるのかなと。

そのぐらいのスピード感です。

せどりすとも素晴らしいアプリですが、使っている方なら分かると思いますが、いかんせん読み込みが遅い。

バーコードがズレたら、読み込むまで時間が掛かる。

また、手元に商品を持ってこなければ検索出来ない。

もろもろ1つをリサーチするのにも、これだけ時間が掛かります。

一方でビームを使えば、一瞬で検索出来る上、手元に商品を持ってくる必要は無く、バーコードがちょこっと顔をのぞかせていれば、それだけで検索することが出来ます。

大体、せどりすとで100個リサーチするのが、1時間ぐらいかかってしまっていたのですが、ビームを導入してからは、1時間で約1000個ぐらいはリサーチ出来るまでに増えました。

当然リサーチ出来る数が増えるにつれて、仕入れが出来る個数も増えて行くので、せどりの収入は増えて行きます。

やっぱり初心者時代は、ツールに頼ること、お金を払うことに抵抗があったのですが、使った見た瞬間に「なんでためらっていたんだろう」と瞬時に思いました。

完璧に目利き出来て、無駄なものは一切リサーチしなくても仕入れ出来る。

そんなプロフェッショナルな方には必要ありませんが、初心者だからこそもっておくべき。

そう言えるのがビームの存在ですね。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

Amazonランキング1位本を今だけ無料プレゼント!

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする