Amazonの乗っ取り事件の中、安全に買い物をする為に見るべき4つのポイントとは?


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

4月27日の日テレ情報番組、ニュース0でも話題になりましたが、Amazonアカウントの乗っ取りが話題になって居ます。

概要としては、Amazonの出品者アカウントが乗っ取られ、乗っ取ったアカウントで、数万点の商品を1円等で格安販売するという行為。

当然本当のアカウント保持者は、商品を出品したつもりは無く、商品在庫も持ち合わせていない。

普通にアマゾンサイトを閲覧していた買い物客が「安い」と想い購入。

その後出品者宛に、アマゾンから注文確定メールが届き、販売すらしていない商品が注文される事態に。

これがAmazonのアカウント乗っ取り事件の概要です。

このAmazonアカウントの乗っ取りに関して、Amazonで買い物する際には、これだけは気をつけた方が良い事をまとめておきます。

   

アマゾンで買い物をする人が何に気をつければいいのか

Amazonのアカウント乗っ取りの事件に関して、全てのアカウントが乗っ取られている訳ではなく、一部のアカウントが乗っ取られていただけなので、Amazonで買い物が出来なくなる訳ではありません。

なので、これから紹介するポイントを抑えれば、安心してAmazonで買い物をこれまで通りする事が出来ます。

目の前に無い状態で買う判断をしなければ行けないのがネット通販なので、極力安心して買いたい物ですよね。

Amazonで買い物する際には、この4つのポイントに気をつけて買い物をする様にしてみて下さい。

安すぎる商品は買わない

今回のAmazon乗っ取りの事件で焦点が当たっていたのは、電化製品や家電製品等が、価格1円、送料無料等の格安出品での被害が目立っていて焦点が当たっていました。

ニュースゼロで取り上げられていたのは、電子炊飯器だったのですが、定価3万円以上の炊飯器が1円で出品されていて、送料無料と言う値段でした。

当然、何も知らないAmazon利用者は、1円で炊飯器が買えるなら安いと言う事で購入ボタンを押すのですが、乗っ取られたアカウントで出品されているため、商品は届きません。

取材を受けていた男性の話では、商品を注文したのに商品は届かず、注文代金だけが請求されていると言う状況の様でした。

しかし、Amazonでは買い物客が注文をした後に、マーケットプレイスの出品者が発送通知を押さないと注文金額は反映されない様になっています。

つまり、購入しても商品が発送されなければ、代金が引き落とされる事は考えづらいと言う事です。

ただ、Amazonを利用して買い物をする際に、不安なまま購入するのは気が引けると思いますし、用心しておくに超した事はありません。

変なアカウント出品者や、乗っ取られたAmazon出品者から買わない様にするには、「極端に安すぎる商品は買わない」と言う事をおすすめします。

今回のAmazonアカウント乗っ取りの件で、ご発注が起こっているのは、PS4が3000円と言う値段だったり、炊飯器が1円だったりと、極端に安い商品が乗っ取られている可能性が高いので、安すぎる価格の物は怪しいと言う風に疑ってかかった方が良いかもしれません。

買う前に出品者に質問する

Amazonで買い物をする際に、少しでも不安を感じたのなら、出品者に質問するのも良い手段だと思います。

マーケットプレイスというAmazonへの出品者に対して、購入前に質問出来る様になっています。

ここでは、安全にAmazonで買い物が出来る様に、出品者へ質問をする方法をお伝えしておきます。

こちらがAmazonでの商品ページです。

Amazonでは新品商品、中古商品、両方が売られているので、欲しい商品コンディションの方をクリックします。

今回は一応中古状態の方を表示してみます。この商品の中古出品者は4店舗でした。

画像の赤枠でかこった部分が、出品店舗名ということになります。

質問する際には、赤枠でかこった出品店舗名をクリックします。

すると、矢印の部分にある「質問する」という項目が出てくるので、商品を出品している出品者へ直接メッセージを送る事が出来ます。

仮に欲しい商品があるけれど、商品の値段が安く怪しいと言う場合は、出品者に直接質問しているのも、安心に買い物をする為の有効な手段でしょう。

評価は関係ない

通常Amazonで買い物をする際には、取引経歴が多く評価の良い人と取引した方が、安全です。

出品者の評価の見る方法は、先ほどの質問する方法と変わりません。

赤枠の部分の欲しい商品コンディションの方をクリックし、出品している店舗を表示させます。

すると出品している店舗名が出て来ますが、店舗目の下にある星の数が評価の数です。

評価の数が多い出品者ほど、多くの取引をして来ているので、安全に取引出来る1つの証拠となります。

しかし今回のAmazonのアカウント乗っ取りの件に関しては、評価の高い出品者にも乗っ取られてしまったアカウントがあるので、評価が高いから乗っ取られておらず、安全に取引出来ると言う訳ではありません。

通常時のAmazonの買い物であれば、評価が高い方を買う方が安全ですが、今回の件はあまり関係ないので、評価を鵜呑みにしない様にしましょう。

プライムと書いてある商品だけを買う

安全にAmazonで買い物する為に、最後に気をつけた方が良いポイントはプライムと書かれた商品だけを買うと言う方法です。

これは少し細かい話になるのですが、Amazonのマーケットプレイスで販売する際には、2つの手段があります。

1つがAmazonの倉庫を通して、販売者から買う方法。

1つがAmazon販売者から、直接購入する方法。

実はAmazonでは、Amazonから商品を買っているのではなく、Amazonに出展している販売者から買っているんですね。

(当然Amazonが販売するケースもありますが、割合で言えば販売者の方が多いです)

そして今回のAmazonの乗っ取りで事件に成っているのは、青い矢印の方の直接購入する方法が、格安で売られていたが届かないという問題になっている方なんです。

つまり安全に買うには、Amazonの倉庫に在庫がある方を買えば安心と言う事ですね。

では、どこでAmazonの倉庫に送っている方なのかを見極めるのかと言うと、プライムと言う文字です。

プライムが書いてあるかを調べるには、先ほどと同じく、赤枠の部分商品詳細の項目をクリックして行きます。

すると出品店舗がずらーっと出て来ますが、値段の下に「プライム」と書いています。

このプライムと言うのは、Amazonの倉庫から購入者のあなたに送りますよというアイコンです。

逆に、「プライム」の文字が無いこちらは、Amazon倉庫に在庫は無く、販売者から直接、購入者のあなたの元へと出品されると言う事です。

今回の不正出品の件は、このプライムが無い商品がメインの被害と成っているので、安全に買い物をしたいと言う場合は、プライムが付いていると言う方を優先的に買うと、比較的安全かもしれません。

副業から月収100万円を超え独立した軌跡を全て記した1冊を今だけ無料でプレゼントしています。興味があればどうぞ。      

終わりに

今回のAmazonアカウントの乗っ取りの件で、安心してAmazonで買い物が出来なくなると言う不安を持った方が増えるんじゃないかと言う事で、本記事を作成しました。

Amazonジャパンも、迅速に対応すると言う風に表明しているので、事件はすぐに収まるとは思いますが、何の罪も無い購入者が不安になる事態は、早く改善してもらいたいですね。

当然全てのアカウントが乗っ取られている訳ではなく、一部のアカウントが乗っ取られているだけなので、これまで通りAmazonで買い物は出来ますが、あまりに不自然すぎる値段設定の商品や、何か怪しい出品者からは、極力買わない様にしておいた方が無難だと思います。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超え、その後月収100万円を独立したノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の副業ノウハウ本のプレゼント付き


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする