悪い事は言わない。高収入のアルバイトなんて探すな,検索するな。


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

お金が足りない。生活費が苦しい。欲しい物がある。

理由はそれぞれですが、高収入のアルバイトは無いもんかと探す人が後を耐えないですね。

人間誰しもが楽をしたい訳で、楽しみながら暮らしたい訳です。

だから8時間同じ時間を働くのであれば、時給800円より1000円の方が良いし、同じ給料や収入であれば、楽な仕事内容の方が良いに決まってます。

なので、高収入なアルバイトは無い物かと探す気持ちは痛いほど分かります。

ただね。声を大にして言いたいのは、高収入のアルバイトなんてこの世には存在しないと言う事。

もっと付け足しておくと、高収入で楽なアルバイトは無いと言う事です。

「なんだ無いのかぁ。」

そう落胆する気持ちも分かるし、高収入のアルバイトを捜してこのページに飛んできた方は、「じゃあもう良いや」と戻るボタンを押したくなる気持ちも分かります。

ただちょっと僕に時間をちょうだい。2〜3分で良いから。

なんで高収入のアルバイトが無いのか。

高い収入を得るにはどうすればいいのか。

2〜3分くれれば、この答えが分かる様になります。

   

何故高収入で楽なアルバイトが存在しないのか。

まず高収入のアルバイトだと思う候補って何ですかね?

風俗とか、キャバクラとか、水商売系。

これらなんかが上げられると思います。

水商売系は、ホストとかを除けば、ほとんど女性の仕事ですね。

一方、男がメインの仕事と言えば、ガテン系とか引っ越しなんかも高収入のアルバイトかなんかに入ると思います。

じゃあそもそもアルバイトの正体って何?

って所を話した方が、理解が深まり、高収入で楽なアルバイトが存在しない理由が分かるので、ここから解説して行きますね。

アルバイト(ドイツ語: Arbeit に由来する外来語)は、日本における非正規雇用の雇用形態の一種とされており、期間の定めのある契約に基づき雇用される従業員を指す俗称である。略称としてバイトとも呼ばれる。(出典:Wikipedia)

そもそもアルバイトと言うのは、Wikipediaにはこんな感じに書かれています。

まぁ辞書とかに書かれているのは、やかましいし、小賢しいし、小難しいしで何を言っているのかよくわからない。

簡単に言うと、会社が人を雇う為には色々な方法があって、その種類の一つがアルバイトと言う事ですね。

んで大事なのはここからで。

アルバイトという雇用形態は、会社側から「働いた時間に応じて、給料を払うから、あなたの時間をちょうだいね」って言う事を意味します。

つまりアルバイトと言うのは時給=時間と言う事なんですね。

ここまでは至極当たり前なんですけど、この「時給=時間」の方程式が分かれば、高収入で楽なアルバイトが存在しない事が分かります。

アルバイトとは、時給=時間の雇用形態と言う事を念頭に、多く稼ごうとしたらあなただったらどうしますか?

大きな金額をアルバイトで稼ぐ為には、多くの人は時間を増やす事を選びます。

すると当然働く時間が増えるので、時給も多くもらえます。

結果より多くの収入をアルバイトからもらえる様になると言う事です。

でも時間を増やす方法が、イコール楽な方法かと言えば、働く時間が増えているので、楽な方法では無くなります。

働く時間を多くする=自分の時間を削り体を酷使する

と言う事になるからですね。

じゃあ逆に、時給が良い所で働けば、時間をあまり使わずに大きな金額を稼げるじゃないか。

そう思い立ったとします。

しかし、アルバイトを雇う会社側はなるべくなら、安く人を雇いたいと考えます。

当然高いより安い方がいいと考えますからね。

会社や企業は、人を雇う時に最低限払わなきゃ行けない時給が決められているのですが、この時給を下回らなければ、いくらの時給で雇っても問題ありません。

この基準から大体アルバイトの時給が850円ぐらいから1000円前後で設定されているんです。

そしてこの時給と言うのは、大変な事に成れば成って行くほど、高く設定されます。

風俗だったり、水商売での、時給が高いのはこの為ですね。

普通の人は嫌な事であったり、やりたがらない事であるからこそ、高い時給を払ってでもあるバイトとして働いてほしいと時給が上がって行く訳です。

当然の如く時給のいい仕事を選べば、誰もやりたがらない仕事が時給のいい仕事なので、「大変で過酷なアルバイト」と言う仕事内容になります。

一方で、収入を高くする為に、働く時間を長くすれば、過酷な労働時間を余儀なくされるため、これまた高収入で尚かつ楽なアルバイトとはかけ離れる結果になります。

まさにこんな状態。笑

【まさかの結末?】きついダブルワークを1年取り組んでいた友人の末路。

こちらの記事で紹介している友人が、まさにこの状況でした。働き方を問いかける記事になっているので是非参照しておいて下さい。

時給も上げられず、時間も上げられない。

全て八方ふさがりです。

だから高収入で楽なアルバイトは存在しないと言う事なんです。

ただ、諦める事なかれ。

高収入で楽なアルバイトは存在しませんが、高収入を稼ぐ方法なら存在します。

ではどうやって高収入を稼ぐ事が出来るのか。

これについて次からお伝えして行きます。

副業から月収100万円を超え独立した軌跡を全て記した1冊を今だけ無料でプレゼントしています。興味があればどうぞ。      

高い収入を稼ぐ為にはどうすればいいのか。

大きな金額を稼ぐ為には、たった一つの物を売る事で可能になります。

逆にたった一つの物を売らない事で、大きな収入を得る事が出来ます。

それが自分を売らないと言う事。

一番最初に戻って考えてみましょう。

高収入だろうが、低収入だろうがアルバイトと言う雇用形態とは、「あなたの時間をお金を払って買いますよ」という会社との契約な訳です。

つまりアルバイトで売っているのは、自分の時間だったり、労働力であったりと、総じて自分を売る事でお金を稼ぐと言う方法がアルバイト。

だから時給を上げようとしても、働く時間を増やしても、結局自分が楽になる事は無く、総じて仕事が大変だったり、長い時間働かなくては行けなくなったりと、自分自身が大変になってしまう訳です。

そうではなく、高収入を得ていのであれば、売る物を変えなければ行けません。

逆に言えば売る物を自分では無くした瞬間に高収入を得る事も可能と成ります。

例えば、年収300万円の人と年収3000万円の人が居たとします。

単純計算、年収は10倍です。

でもだからと言って、年収3000万円の人が、年収300万円の人の3倍働いているのかと言えばそうではありませんよね。

10倍働くのであれば、8時間労働で年収300万円の場合、1日80時間働かなくちゃ行けなくなります。

1日は24時間と言うのは、全世界共通で小学生でも知っている事実。

つまり年収3000万円の人と言うのは、年収300万円の人と売っている物が違うんです。

高収入なアルバイトはありませんが、高い収入を得たいのであれば、自分を売るのではなく、売る物を変えなければ行けません。

それは、自分が考えたアイデアを売るのか、自分が作り出した物を売るのか、他人の物を売るのか、アフィリエイトの様に仲介した物を売るのか。

売る物は千差万別で、これが良いと言う物はありません。

しかし高い年収を得ている人は、総じて自分を自分のオーナーとしてコントロールしていると言う事ですね。

この図の様に、自分自身のオーナーになる事が高い年収を得る為に必要な考え方ですし、高い年収をもらっている人々は、全てこの思考を持っています。

あなたの時間は限りなく貴重な物です。

是非大切に使って下さいね。

【1000円→無料】開始2ヶ月で副業が本業を超えた禁断の道のりを全てこの1冊に。↓    

終わりに

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ここまで読んで頂ければ、高収入で楽なアルバイトが無いと言った理由が分かってもらえたと思います。

全ては自分の時間や労働力を売っているからですね。

もちろん水商売やアルバイトが悪いと言う風に行っている訳ではありません。

それでしか働けない学生も居ますし、一番手っ取り早いのが自分を売る事ですから、手早くお金が欲しいのなら、アルバイトが一番簡単だったりしますから。

ただ、今後高い年収をもらって行きたいのなら、自分を売る事から自分以外の物を売る事へ、徐々にシフトして行く必要が必ず出て来ます。

早いに超した事はありませんが、まだ間に合うはず。

是非頑張って下さいね。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超え、その後月収100万円を独立したノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の副業ノウハウ本のプレゼント付き


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする