ブログ記事で適切な文字数って何文字なの?まずは3000文字からだね。


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

以前「私も現在ブログを運営しているのですが、すごく昔に更新した記事なんかでは300文字にも満たない記事があったりします。ブログの文字数が少ないとブログそのものの悪影響になるかと思いますが、適切な記事の文字数ってあるのかお伺いできればと思います。」

そんな質問をいただきました。

まあ、確かにブログの文字数が少なく、スッカスカな記事が溢れれば、それはそれでブログへマイナス評価になると思いますし。

一方で良質な記事だけがアップされているブログならば、当然評価は高くなるでしょう。

ここら辺は一度テスト検証して見たので、その結果をお伝えするとともに、ブログ記事において適切な文字数は何文字なのか。っていうところをお伝えしていこうかなと思います。

ブログ記事の適切な文字数って?

まず、本題から。

ブログの記事において適切な文字数な何文字なのか?

っていう部分で質問をもらったわけですが、答えからすると「何文字でもいい」っていうことが答えになります。

これがどういうことかっていうと、「相手に本当に伝わったのであれば、それが適切である」っていうのがそもそも大原則です。

例えばの話。

英語で「fish 訳」って調べると、「魚」って単語が出てきます。

要するに1文字だけです。

これがじゃあ、「文字数が足りない!」っていうのか?っていうとそうではありません。

これが適切な文字数であり、「fish 訳」と検索した人が知りたい答えとして満足だからこそ、1文字が適切な文字数ということになります。

正しい文字数に対する考え方

要するに何が言いたいのか?っていうと、伝わるのであれば何文字でもいいということ。

そこに1つの答えは存在しないということです。

というのは、記事にしていく際に、「伝えていく情報」っていうのがあるかと思います。

「ブログ記事に対する文字数は何文字?」っていうこのブログ記事も同様で、「ブログ記事を書く際に何文字が適正なのか?」っていう知りたい内容を伝えるために、こうして文章にしているわけです。

そして、この「伝えていく情報」というのが、適切な伝わるだけの文字数があれば、たとえ1文字であったとしても、それが「適切」っていうことなんです。

ただこのブログ記事の場合「適切な文字数は?」ということへの情報を伝えているため、たった1文字で伝えることはできませんし、「もし仮に1文字で伝えてしまう」ということは、この記事のタイトルを取った時に「適切ではない」ということにつながってしまう。

だから、伝えたい情報を伝えて行った時に、結果的に情報が多くなり、文字数が増えて行った。

これが正しい文字数の考え方です。

理解して納得してもらえれば何文字でもいい

もし仮に3000文字ぐらい書きましょう。

という風に言われたからと行って、中身のない内容を文字数を稼ぐためだけに書いたとしても、それは全く意味のないことであって。

タイトルに向けた情報を伝えて行った時に、1000文字が適切だと感じれば、それが適切な文字数だということになります。

要は「相手にどれだけ情報を伝えれば、理解して納得してもらえるか?」ということを考えていくと、自ずとブログ記事においての必要な文字数というのが見えてくるんじゃないかなと思います。

僕のブログ記事の文字数最低ライン

ただ、そうは行っても昨今のseoで言えば、情報量が多い=文字数が多い記事の方が、より評価される傾向にはあります。

前出した、「文字数をカサ増しするために中身のない文章を書く」ということではなければ、文字数が多い=情報量が多い、ということを指しますから、当然情報をいろんな角度から網羅できている記事の方が評価されて当然のこと。

ですから、文字数をカサ増しするという感覚ではなく、多角度的に情報が伝えられないか?という側面で考えていくと、情報量を多く、より相手に満足してもらえるような記事が書けるんじゃないかなと思います。

その上で、僕の最低ラインとしての文字数を、一応参考までに伝えておくと、最低このぐらいの情報量がないと、いちブログ記事としては不完全だ、っていうイメージで3000文字を設定しています。

最低このぐらいの文字数は書きますし、当然先ほどから話に出ている通り、カサ増しした文章ではなく、いろんな角度から伝えられるように情報を伝えて行った結果の3000文字以上ということですね。

そして、復唱しておきたいのは「最低ラインが3000文字」という部分です。

3000文字行ったら終わりじゃなくて、3000文字行かなければ不完全だ。っていうぐらいのイメージで最低ラインとしての文字数を考えてます。

内容が薄い過去記事はどうすればいい?

どれぐらいの文字数が適切で、情報量の最低ラインはどこなのか。

ここら辺がわかってもらえたところで最後に冒頭にもあった「内容が薄い記事」があった場合の対処法に関してお伝えして終わろうと思います。

その冒頭がどこの部分なのか?っていうと、最初に伝えた「ブログの文字数が少なく、スッカスカな記事が溢れれば、それはそれでブログへマイナス評価になると思いますし。一方で良質な記事だけがアップされているブログならば、当然評価は高くなるでしょう。」

この部分です。

僕も少し前に「ブログで文字数が少なく、アクセスがない記事はマイナス評価となり、そのマイナス評価の記事を削除していくことで、ブログ全体の評価を高めアクセスを増やすことができる」

というようなことを目にしました。

そこで、アナリティクスやサーチコンソールのデータから、アクセスが全くきていない記事、およそ200記事を一気に削除しました。

ちょっと基準が曖昧で、削除に踏み切れない記事もあったので、そういった記事は「インデックスしない」にチェックを入れて、記事としての意義はなくした状態で、どうなるのかをテストして見たんです。

「無駄な記事を削除した結果アクセスは増えたのか?」

というと、結果としては全く増えず、むしろ微減していきました。

なぜアクセスが来てない記事を消したのにアクセスが減ったのか?

確かに、「良質な記事だけがあるブログ」っていうのが評価が高いことはわかります。

そして、マイナス評価がある記事が混じり合っているブログの場合、マイナス評価がブログ全体に及ぶため、アクセスを止めてしまっているというのもある意味理解できます。

だからこそ、アクセスがきていない記事を消すことによって、いい記事だけを残しブログ全体の評価を高めることができる、っていうのも理論的には理解できます。

ただ僕のケースでうまく行かなかったのは、記事数の多さや運営歴の長さから、「評価が悪い記事を全て残らず排除すること」が困難でした。

要は中途半端に残ってしまっていたということなんですね。

結構ネットなんかで調べていくと、「不必要な記事を削除した結果アクセスがのびた」っていう記事が結構あったので、上記の方法は効果があることなんだと思います。

ただそれもケースバイケースであって。

僕のように、どこまでがマイナス評価の記事で。どこまでがプラス評価の記事か、っていうことは判断が難しいんですよね。

で結局、多少なりともマイナス記事が削除しきれず残ってしまった場合、「評価の高い記事だけを残す」っていうことができなくなってしまうので、削除した意味がないっていう現象が起こってしまうわけです。

まさにそれが僕のケースでした。

終わりに

だから、一概にアクセスがない記事を消した方がいいということでもなく、ブログによって評価は変わってくるため、中途半端に消すぐらいだったら、過去記事をリライトして情報量=文字数を増やすなどした方が、よっぽど改善には効果的だと思います。

もし仮に、過去記事なんかで、文字数が少なく、またアクセスが一切来ていない記事があるのであれば、対応してみるといいんじゃないかなと思いますね。

その対応の仕方は、思考が必要ですが。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超え、その後月収100万円を独立したノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の副業ノウハウ本のプレゼント付き


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする