これは仕事で心をすり減らしている方への必読書だった。


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

ボクの読者の方でも多いのですが、仕事で神経をすり減らし、精神的に朦朧として、心に傷を負っている方が多くいらっしゃいます。

仕事での人間関係。上司の軋轢。仕事のプレッシャー。責任。

こうして心をすり減らして、戦っています。

ボクも少し前まで、心をすり減らし、寿命をすり減らす。

コレこそが仕事だと思っていたし、心を無にする事がこそが、大人になる事だと思っていました。

でも、心や寿命をすり減らし、我慢する事が大人じゃない。

好きな事を好きなだけやって、人生を謳歌している人達がいる。

そんな世界を見て、ネットビジネスの世界に飛び込んだのが、今から約3年前でした。

小さなスモールビジネスをはじめて。

副業として頑張って。

そして気付いたら独立していて。

この3年間色々とありました。

そんな今思うのは、「心をすり減らす事。寿命をすり減らす事。これが大人になる事でも、我慢する事が社会人としての生き方でもなんでもなく、好きな事をして生きて行くってことが、努力次第で選べる」ってことを、この3年で学びました。

確かに楽じゃなかった。

でもボクとしては、社会人として、心を無にするより楽しかった。

そんな道筋の先に、「自由」があった。

別に心をすり減らさなくても生きていく術が、今の時代ありました。

そんなボクの軌跡をまとめた書籍を今無料プレゼントしている訳ですが、その書籍を読んだ感想の中で「仕事で心をすり減らし、辛い思いをしている全社会人必読であると思います。」というメッセージを頂きました。

このhさんからのメッセージは、今現在も心をすり減らしながら仕事をしている方に取って、役に立つ物だと思いましたので、紹介しておきます。

ーーー

■「僕の辞書から就職が消えた日」を見た感想

とても衝撃的な内容でした。

ネットビジネスで成功されており、そのノウハウを公開している方だったのでどのような人なの興味がありました。

私も社会人の辛さは知っているつもりでしたが、ちゃんこまさんの壮絶な経験とは比べ物になりませんでした。

そこから独立するまでの行動力には頭が下がる思いです。

じっくりと何度も読み返し、私もちゃんこまさんのようになりたいとさえ思いました。

「僕の辞書から就職が消えた日」は、仕事で心をすり減らし、辛い思いをしている全社会人必読であると思います。

■「会社に雇われず自由に生きるたった一つの方法」を感想

前回の「僕の辞書から就職が消えた日」から続けて一気に読んでしまいました。

お金を稼ぐうえで大切な考え方や思考法が詰まっている一冊でした。

バイトや転職、時給労働の話や資格などの話も興味深かったです。とてもためになる内容でした。

ありがとうございました。

ーーー

書籍を読んでみたい方は下記よりどうぞ。今だけ無料です。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超え、その後月収100万円を独立したノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の副業ノウハウ本のプレゼント付き


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする