アマゾンランキング1位本を今だけ無料プレゼント!

CD,DVD,ゲーム類などのメディア系せどりのなかで、一番低資金で始められるのはどのジャンルなのか。


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

また先日せどりの質問をいただきました。それが「CD、DVD、ゲームなどのメディア系せどりでは、どれ一番低資金で始められるジャンルですか?」と言う質問です。確かにメディア系のせどりに関わらず、物販では、資金が必要なので、その資金を低資金で始めたいのは、誰しもが思う所。

そこで今回は、CDやDVD、ゲームと言ったメディアせどりの中で一番低資金で始められるメディアせどりはどれ?と言う質問に答えて行きたいと思います。

「低資金で始められる」の定義

メディア系せどりとは、CDやDVD、ゲームと言うジャンルをメディアせどりって言う風に言いますね。ただ、CDやDVD、ゲーム、それぞれが中古品で100円とかから売っていますし、安いのは安い。高いのは高い。という値段設定に変わりはありませんね。

となると、メディアせどりのなかで、低資金で始められるのはどれ?、と言う事を考えるときに、低資金で仕入れが出来る上、アマゾンで高値で売られているのはどれ?と言う事ですよね。低資金で仕入れが出来ても、アマゾンで最安値が安かったら意味が無いですし、待ったくれていなかったら同様に意味が無いですよね。

まず低資金出始められるの定義としては、低資金で仕入れが出来て、尚アマゾンでは高値で売られているメディアはどのせどりジャンル?と言う事を再度確認しておいた方が良いかなと。

低資金で始められるメディアせどりのジャンルとは

で、その上で、低資金で仕入れが出来て、アマゾンとの価格差が一番生まれやすいメディアせどりのジャンルは、おそらくCDかDVDかな。と言う風に思います。

低資金っていくらぐらい?と言う事ですが、CDやDVDであれば、100円からも仕入れる事が出来ますし、せどりの仕入れ資金としては、かなり低い低資金でも、せどりする事が可能背です。

その中で、CDとDVD、どちらがいいのか?と言う事は、どちらでも低資金で始められるメディアせどりなので、CD、DVDどちらでも大丈夫です。好きな方を取り組んでみると良いと思います。

メディアせどりの中で、ゲーム系はなんで入らないの?と言う事ですが、ゲーム類はアマゾン手数料が安いんですよね。となると、他のせどらーが結構取り組んでいるので、低資金帯のゲームソフトやゲーム機器類は、ほとんど価格差のない商品がほとんどです。事実ゲーム類をめちゃくちゃリサーチしていた時期があるのですが、せどり出来た商品はほとんど無かったですから。

メディア系せどりの中で、ゲーム類は、総商品数が少なく、取り組む人が多い。と言う事なんで、初心者の方には少し難しいのがゲームせどりと言う印象です。なので、メディア系せどりの中で、低資金で始められるジャンルはCDかDVDという解答です。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする