Amazonランキング1位本を無料プレゼント!!

僕がネットビジネスで顔出しせずに稼ぎ続ける理由


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

ボクはネットビジネス業界で、知り合いってほとんどいません。

というか、必要ないとさえ思っています。

ネットビジネスのいいところって、「個人」が戦える所にあると思っている。

一人で作業できるし、場所も選ばないし。

だからボクは、黙々と作業を続けてきて、知り合いを作ることもしてきませんでした。

というか、必要なかった。って言った方が正しいのかな。

実際にノウハウや作業内容なんかは、教材を見れば乗ってるし、投資すれば勉強はできるし。

そんな矢先、ネットビジネスに精通していて、かなり実績のある方と話をする機会が先日ありました。

その方は、結構有名な方で、かなり稼いでいる人でした。

その人に、ボクの取り組んでいることを伝えてみると、相当に驚いてました。



ボクのスタイルはどうやら珍しいらしい

「え?snsやってないの?」

「顔出し、本名無しでそんな稼いでるの?」

「オウンドメディアがそんなに育っているのは珍しすぎる」

「ってか塾とか、スクールとか一切入っていないで、その実績と知識を積み重ねてきたの?」

ボクにとってはごくごく当たり前のことだったけど、

ネットビジネス業界の常識的には、ボクの稼ぎ方やスタイルは、この業界では珍しいらしく、相当驚いていました。

知り合いとかが全くいなかったから、比較する機会が全くなかったけど、どうやらすごいらしい。

でも、そんな実感全くなしww

副業から月収100万円を超え独立した軌跡を全て記した1冊を今だけ無料でプレゼントしています。興味があればどうぞ。

snsをやらない理由

ボクは、snsはのカウントは一応持っているけど、見ている方ならわかると思いますが、ほとんど更新していない。

確かに、今はsnsでの集客が主流で、皆必死になってsnsを更新してる。それは知ってる。

多くの発信者が写真を更新して、必死にブランディングを構築しようとしてることも。

また、それなりに面白いアカウントがあることは知っているけど、なんか「自慢大会」のようなアカウントが多く、全く魅力を感じない。

それ以上に、snsをやらない理由っていうのは、それなりの理由があるので、別の機会にでも話そうと思います。

でも、この「snsに全く頼らない」っていうのは、業界の人からすれば、脅威のようなことだそうでした。

【1000円→無料】開始2ヶ月で副業が本業を超えた禁断の道のりを全てこの1冊に。↓

塾やスクールにも入ったことすらない

また、塾やらスクールやらにも、ほとんど入ったことがない。

っていうのも、ボクの中ではごく当たり前だと思っていて、なんなら塾やスクールに入る人の方が、割合的に少ないって思っていました。

でもそうではなく、どうやらネットビジネス業界の常識的に、塾やスクールに入る人が、大半なよう。

だから、その方いわく、「塾やスクールに入らず、結果を出すのはすごい」とのことでした。

(これまた知らんかったw)

まあ、ここら辺の必要最低限の投資で、「塾やスクールに入らず、結果を出した方法」っていうのは、コンテンツにまとめて、このブログ読者の方にだけは、提供していこうと思います。

顔出しせず、本名も出さずに稼ぎ続ける理由

んで。

ここからが今日の本題で。

(めちゃくちゃ前置きが長くなってしまった)

ボクにとっては当たり前な出来事。

だけど、ネットビジネス業界で結果を出している有名な方さえも、驚くようなこと。

そんなことが、何個も何個もあって、ボク自身と業界の当たり前を比較して、「この業界ってそうなんだぁ〜」って、びっくりしたわけですが、

そのうちの一つである、ボクが「顔出し、本名なし」で活動している理由。

それを伝えていきたいなって。

顔出せない人が稼げないじゃん

ボクのアイコンは後ろ姿。

名前も「ちゃんこま」。

ボクは顔出しも本名公開もしていない。

そんなボクが顔出しも本名も公開しない理由。

それはたった一つです。

「顔出し、本名の活動って、副業でできなくね?」っていうこと。

情報発信者は道を整備してあげることこそが役目だと思う

僕らのような情報発信者は、これからネットビジネスで突き進んで行く方への、1つの道しるべだと思っている。

生き方は何通りもあるけど、その1つの道しるべになるように。

そしてその1つの道しるべを提示できるように、価値提供やノウハウ提供を情報発信を通して伝えているわけです。

でも、もし仮に、「副業で稼ぐには、顔も本名も後悔しないと稼げません」

そんな風に言われたら、「1つの道しるべが閉ざされる人が、どれだけいる?」っていう話。

まだまだ副業に厳しい世の中だから

いくら副業解禁といっても、まだまだ日本では、副業に関しては厳しい環境がある。

そして大企業の文化が、中小企業に流れてくるまで、大きなタイムラグがある。

それは働き方改革で中小企業のリアルな労働環境を見れば明らか。

だから、まだまだ副業に関しては厳しいのがリアルな社会。

副業にまだまだ厳しい状態で、「顔出しし本名をだなければ、副業で稼げません。」

または「ネットビジネスで稼ぎたいのなら、顔と本名を出しな」

って言われたら、それこそ「theエンド」な人が、どれほどいるでしょう。

顔出しするメリット

確かに今の時代、顔出しや本名を明かし、Facebookなどのsnsで集客することが主流ってことは知ってる。

顔出しして、本名を明かした方が、信用を大きく獲得できて、信用度が高くなるにつれて成約率も上がるので、稼げる金額は大きくなるでしょう。

だから、大きく稼ぎたいのなら、顔出し+本名を明かした方が、大きく稼げるでしょう。

顔出ししたから稼げた。なんて環境を作りたくない

でも、これから始める方が、真似できない稼ぎ方をして、「お前だからできたんだろ?」って環境を作ったところで、ボクら、情報発信者の役割である「これから始める方への道しるべ」には一切なり得ない。

そう思うんです。

例えるなら、「僕100mを11秒で走りたいんです。どうしたらいいですか?」こんな質問に対して、

「100mを11秒で走りたいなら、100mを11秒で走ってください。」

そんなアンサーな気がします。

いやいや。

100mを11秒で走れないから、早く走れる方法を聞いてるのに、「100mを11秒で走れ」ってどういうこと?

100mを11秒で走れたら、そもそも質問してないし。

そんな感じだと思います。

顔出ししなくても十分に稼げる!それを体現したい。

副業がまだまだ厳しい、今の日本で、顔出し+本名でしか稼げないのであれば、副業自体に、取り組めない方がどれだけいるのか。

それなら、顔出し、本名なしをすることで、稼げる金額は少なくなってもいいから、これから始める方へ1つの道しるべを提示できるよう、

「顔出しなし、本名なしでも稼げるんだ」っていうことを提示できるように、ボクは顔出しも本名も公開しないようにしている。ってわけです。

もちろん、顔が出せれば、出したっていい。

本名を公開したいのなら、したっていい。

でも少なからず、できない人もいる。

そんな方でも、「稼げるぞ」っていうことを伝えられたらっていう思いで、活動してきたわけですが、どうやら「業界の常識」的に、相当珍しいそうです。

(まあ、ボク的にはあんまり関係ないけど。)

終わりに

ボクって、適当にやっているっぽいけど一応はそれなりに考えてる。w

snsをやらない理由も、塾やスクールに入らない理由も、それなりにあって、理念もある。

また別の日に、これらのことを伝えられたらって思います。

業界に知り合いがいなさすぎたから、業界間ギャップに、驚いた話でしたw

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!!

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする