今更アフィリエイトを始めても稼げないって本当?


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

最近「今更アフィリエイトを始めるなんて遅くない?もう今更稼げないよ。」

なんていう意見を耳にしました。

まぁ何をもとに行っているのかわかりませんし、どんな人かはさらに良くわかりませんが、もう稼げないなんていう人がいるのに驚き。

それで「今更アフィリエイトって遅いんだぁ〜」なんて想う人がいれば、それはそれでやめておけばいい話ですが、今更稼げないなんて単なる被害妄想にすぎません。

そんな「今更アフィリエイトって稼げるの?」っていうことに関して、ボクなりに考察してみました。

   

アフィリエイトが今更?って言われる理由を考えてみた

そもそも何でアフィリエイトが今更っていう風に今言われるか、ボクなりに分析してみた結果、まず一つ考えられるのが「飽和しているから」っていう理由ですね。

アフィリエイトは飽和している

何を持って飽和しているのかっていうのが、ボクにはちょっと分からないんですけど、「少し取り組んで見たけど稼げなかった」

そういう人が、よく口にするのが「飽和している」って言う言葉です。

まあ、ベクトルを「飽和してる」っていう方向に向ければ、自分の責任ではなくなるので。

稼げなかった理由として、自分を正当化できるから飽和しているって言う風に、言う人が多いんでしょうけど。

ただ、実際にアフィリエイトが「今更」っていう風に言われる大きな理由は、「自分が稼げなかったから飽和しているんだろう」っていう風に、「責任転嫁している」って言う方がぴったりだと思いますね。

ライバルが増加しすぎて稼げない

で、もうひとつの「ライバルが増加している」っていう風に言われてることが、「アフィリエイトが今更?」って言われている理由の「ひとつなのかなぁ〜?」って思っていています。

じゃあ、「ライバルが増えたら稼げなくなるのか」って考えてみると、後述して解説していくんですけど、ライバルが増えたとしても、それ以上にアフィリエイト市場の規模っていうのはどんどん増えているわけですね。

市場規模が増えているのであれば、当然ライバルが増えるのも当たり前の話です。

どの企業でもそれは起こっている出来事ですし、シェア1位の会社以外は「儲かっていないのか?」っていう全くそんなことはない。

ライバルが増えれば稼げなくなるかって言うと、全くそれは話が違って。ライバルがいるのが当たり前で、その中で「どう稼いでいくのか」っていう所が、ビジネスの本来の「競争」なので、これもアフィリエイトが今更っていう風に言われる理由としては、的を得てないわけですね。

広告が出せなくなった

で、「アフィリエイトが今更」って言われるもう一つ理由っていうのはPPC広告であったり、ydnであったり、各々のSNS 広告などが軒並み審査が厳しくなっているということが、挙げられるかと思います。

これが、おそらく「アフィリエイトが今更?」っていう風に言われる大きな理由のひとつ。

というのは、以前であればPPCなどで広告出稿して稼ぐ「PPCアフィリエイト」なんていうのが流行ったわけですけど、広告を出す審査が厳しくなって、出向が停止されてしまったことで全然稼げなくなってしまった人たちが多くいました。

だから「今更アフィリエイト稼げないよ」っていう風に言っているんだと。

ただPPCであったり、SNS広告っていうのは、「アフィリエイトしてる」ってよりは、その広告媒体の集客力に頼っているっていうことなんですよね。

自身で集客することもなく、そしてセールスをすることでもなくて「Yahooが集めたお客さん」 、「Google が集めたお客さん」、「Facebookが集めたお客さん」に対してセールスを行うだけであって、アフィリエイトしてるっていうのとは程遠い。

アフィリエイトっていうのは本来「自身で集客し、セールスする」ことで、このセールスする商品が、広告商品だから「アフィリエイト」と呼ばれるだけで、「集客とセールス」をできて初めて「アフィリエイト」です。

なので実際にPPCアフィリエイトっていうのは、それが流行り始めた時には、既に「今後は審査が厳しくなるだろう」という風に言われていたわけですし。

そっから派生したYDNだったりGoogle広告なんて言うのも、前例を見れば「審査が厳しくなっていく」っていうのはもう目に見えてわかってることなんですよね。

つまり、アフィリエイトが今更なのではなく、裏技的なアフィリエイト手法が「今更?」って思われてるに過ぎないんですよね。

広告主が嫌うアフィリエイトの方法は長く続かないって。

で、実際にアフィリエイトが厳しくなっているってのは、「広告に対して広告をすること」「アフィリエイト案件に対してアフィリエイトする」っていうこと自体に厳しくなっているだけです。

というのは、アフィリエイターは売りたいがために、変なライティングをしたりするので、広告主からすると、商品の「イメージ」を下げてしまうことにつながります。

だから、「広告を広告する」っていうのが嫌われ、審査が厳しくなって行ったということ。

つまり、アフィリエイト的にいてTも、その手法が裏技的であって、王道ではなかったっていうことなんですよね。

そんな裏技的な手法であれば、「厳しくなっていく事」っていうのは目に見えてわかることですし、そんな裏技を個人が開発したところで世界的な大企業であるGoogleであったり、Facebookを騙し続けられるはずもないですし。

そういう裏でやっている王道的ではない手法をやっているから、今稼げなくなっているって言う話なんですよね。

副業から月収100万円を超え独立した軌跡を全て記した1冊を今だけ無料でプレゼントしています。興味があればどうぞ。      

アフィリエイトは今からでも遅くないと言える理由

インターネットでの広告費の増加

まず一つにアフィリエイトが飽和していない理由として挙げられるのが、インターネットでの広告費の増加ですね。

そもそも企業っていうのは、多くの人に目をつけてもらわないと広告費を投下している意味がないんで、広告をどこに投資するかっていうのが有効であったりトレンドの一つのポイントなわけですけど

実際にテレビラジオ雑誌っていうマスメディアがある中で、一番今広告費が増加してるのがインターネットなんですよね

その証拠に一昔前であればYouTubeでよくわからないCM広告が流れていたのに対して、今YouTubeを見ていれば、芸能人を起用している大企業だったり、その大企業の飲料水だったり。

そういったサービスがネット広告では流れているわけで、大企業もネットに広告費を多額に投資するようになっている。

つまりはインターネットでの市場が増えているっていうことの証拠なんで、ネットビジネスの中の一つである「アフィリエイトが飽和している」っていうのは、市場が増えているのにアフィリエイトが下火であるってのは矛盾しているわけです。

スマホの圧倒的保有率

もう一つがスマホの保有率の増加。

スマホの保有率っていうのは、今人口の半分以上超えていて、若者保有率は80%を超えてるって言う風に言われているわけですね

スマホを持っていない方っていうのは、まだ老人であったり、スマホの文化がなかった年代層っていうこと

実際に老人と若者これから社会をどちらが作っていくかと言ったら当然若者なわけですよね

若者が持っている文化っていうのが、日本社会の当たり前の文化になっていくわけで、逆に老人の文化っていうのは今後なくなっていくわけです。

昔の常識だったお見合い結婚だったり、終身雇用だったり、年功序列なんて文化は、今はもうないことを考えれば、一目瞭然の話です。

そう考えると、スマホを今かなりの率保有している若者層が、どんどん大人になっていくにつれて、アプローチできる市場の人数は増えていくのに、「アフィリエイトだけは飽和していく」ってのはある意味矛盾している話になる。

ましてや、アメリカなんかは大学の授業に「アフィリエイト」という授業があるそうですし、日本でも増えていくことでしょう。

スマホの保有率が、若者に圧倒的に多いということは、これからどんどん市場が伸びていくっていうふうに考えられるわけです。

【1000円→無料】開始2ヶ月で副業が本業を超えた禁断の道のりを全てこの1冊に。↓    

アフィリエイトは終わったのではなく、「より進化」しただけ

おそらくアフィリエイトっていうビジネスモデルが「今更?」って言われている理由の中で、僕が思う「一番的確なアンサー」っていうのは、「アフィリエイトって一つのマネタイズの方式」でしかないんですよね

そして、アフィリエイター達はアフィリエイトというマネタイズの方式をとらずしても稼げるようになった。だから「アフィリエイトを今更やらなくてもいいんじゃない?」っていう風に言っているのが、一番的確なアンサーだと思います。

要するインターネットでの「広告的意味合い」であったり、とか集客的な強さと重要度っていうのは、今まで以上に強くなっている。

それに伴ってアフィリエイトだけしかしない、っていう必要がなくなり始めてるって言うことです。

アフィリエイトで身につけたスキルはアフィリエイトするだけにとどまらない

これまでのアフィリエイトの手法の1つだった、「情報商材アフィリエイト」は稼げているノウハウっていうのを紹介して稼ぐ方法。

この「ノウハウ」をアフィリエイトすることによってその成果単価がもらえてたわけですけど。

実際に今は情報商材をアフィリエイトするのではなく、自分で稼げるようになっているのであれば、自分でコンサルであったりとか、コミュニティ、スクールっていう形で自分でサービスを展開した方が、「原価率高くないか?」っていうことにみんなが気づき始めてるって言う事なんですよね。

アフィリエイトの場合であれば、広告業なんで「成果報酬が良くても60分70%。その反面の30%〜40%は企業主に持っていかれてしまう。

であれば、「自分で集客出来てるんだから、自分でサービスを展開した方が原価率利益率高くないか」っていうことで、「皆がアフィリエイトよりも独自サービスを展開するようになっている」って言うのが、今のアフィリエイトであり、ネットビジネスの流れっていうことだと思うんですね。

入り口はアフィリエイトとして初めても、アフィリエイトで培った集客できる人たちが増えているからこそ、「自分でサービスを展開しようよ」っていう風に、より利益の高いお客さんと近くサービスを還元できる商品にシフトしてきているって言う事だと思います。

なのでアフィリエイトっていうビジネスモデルが終わったってことではなくて、アフィリエイトで集客してきた「そのスキル」を活かしてさらに進化しているって言うのが、今のアフィリエイトだと思うんです。

「アフィリエイト自体」が終わったって言うよりも、「より進化した」っていう捉え方が一番近いのかなっていう風に思いますね。

終わりに

誰かの商品を紹介するのではなく、自分が商品を開発し、提案するようになった。

単なるアフィリエイターではなく、一人の起業家になった。

そんなイメージです。

なので、それを理解せずに「アフィリエイト今更やるの」って言っている人っていうのは、「本質を理解していない人」か、もしくは「アフィリエイトっていうビジネスモデルにこだわりすぎて集客もセールス力も磨けなかった人」ってことが言えると思います。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超え、その後月収100万円を独立したノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の副業ノウハウ本のプレゼント付き


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする