アマゾンランキング1位本を今だけ無料プレゼント!

夫の仕事が夜遅く辛そうだったので、なにか力になりたかった


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

ボクの読者の方で、なに不自由ない家庭に育ち、OLとして仕事をした後、専業主婦になった方がいらっしゃいました。

でもその方が凄いのは、旦那さんの収入で問題なく暮らせるけれど、夫の仕事が夜遅く辛そうなので、「なにか収入の柱を作って、夫に楽をさせられないか」と考えていたことでした。

本当に素晴らしいと思います。

「仕事で辛そうな夫を助けたい。その為になにか出来ないか」

そんなときにボクの書籍を受け取ってくれたみたいでした。

仕事で辛そうな夫を、なんとか助けたい。

そんな主婦の方へは、このSさんの感想が役に立つんじゃないかなと思ったので、Sさん含め、お三方のメッセージを紹介しておきます。

■「僕の辞書から就職が消えた日」を見た感想

ーーー

■Sさん

■現在の副業での収入,取り組んできた年数

ほぼ0です。

■ちゃんこまのメルマガ、プレゼントを知ったきっかけ

小玉歩さん情報を調べていて行き着いたと思います。

■副業でのお悩み

なにからとりくんでいいのかまったく分からないこと。

私自身は、中流家庭で何不自由なく育ち、楽な腰掛け仕事でOLを謳歌し、今も夫の収入で専業主婦をしております。

このままの慎ましく暮らしていくことは可能なので、ハングリー精神が全くないので一本踏み出せずにいます。

しかし、夫は中間管理職で夜も遅く辛そうなので、なんとか収入の柱を増やして気持ちを楽にしてあげたいと考えています。

■Kさん

初めまして。こういった感想を書くことは苦手ですが、書籍を読ませていただいて、とても苦労されたんだなぁと思いました。

それでも諦めずにネットビジネスで成功されて、すごいと思いました。

私はどうしても、成功出来る人というのは特別な才能があるんだと思ってしまいます。自分には到底できっこない、実際のところはそうなのです。

卑屈になってしまいすいません。

でもとても羨ましいです。会社に縛られることなく、お金の心配もなく、自由に時間が使えるというのは最高ですよね。

■Kさん

まず、ちゃんこまさんの過去の壮絶さに驚きました。

ブログで知ってはいましたが、著者ではより細かく書かれていたため、今の会社に頼るのではなく自分でもビジネスをやる必要性を再認識しました!

僕は中国服で転売を考えていますが、原価が低いのでCD転売もアマゾンでやろうと思いました。

僕もお金を稼いで自由に生きていけるようになったら、豪遊よりも自分の身の丈で仲のいい人たちと楽しく過ごせれば良いというタイプなので、ちゃんこまさんを目標に頑張ります!
これからもメルマガ、ブログ楽しみにしています!(^^)

ーーー

書籍を読んでみたい、という方は下記より受け取れますので、興味がある方は覗いてみてください。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事


アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする