秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


【これだけ持っていれば問題ない】オークション時におすすめの銀行口座3選!


期間限定で無料プレゼント中のAmazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

オークションで取引する際に、気になるのがどこの銀行口座を使えば良いのかと言う所。

新しくオークション様に銀行口座を解説した方が良いのか、今の既存の銀行口座でも問題ないのか。

オークションを始める前に少し悩んでしまう所。

そこで今回はオークションをする上で、「これだけ持っていれば問題ない」と言うおすすめの3つの銀行口座を紹介しておきます。

ヤフオクなどのオークションをする際には、必ずこの3つの銀行口座は持っておきましょう。

オークションに向いている銀行口座とは?

そもそもオークションに向いている銀行口座と、そうではない銀行口座とでは何が違うのか。

この部分が分かれば、オークションに向いている銀行口座を見極める事はイージー、簡単です。

代表的なオークションサイトのヤフオクですが、基本的にはどの銀行口座でも振込先に設定する事が出来ます。

あなたが設定した銀行口座に、落札者が入札して取引が終了すると、ヤフオク側から入金されると言うのがヤフオクのお金の流れ。

基本的にはどの銀行口座でも問題ない事は問題ありません。

しかし、どちらかと言えば向いている銀行口座と向いていない銀行口座とが、顕在するのも事実です。

利用者が多い銀行口座

まず、オークションをする際に向いている銀行口座の条件1つ目は、利用者が多い銀行口座と言う事です。

これは、オークションで商品を落札した際に、落札者が出品者に対して、落札代金を入金します。

代金を入金する時に、マイナーな銀行を使っている場合、銀行間で入金手数料がかかって来てしまうんですね。

一方で同じ銀行口座を利用している場合、入金手数料は必ずに無料で入金する事が出来ます。

つまり、利用者が少ない銀行口座の場合、取引件数に応じて入金手数料が、その都度かかって来てしまうと言う事なんです。

これはめんどくさい極まりない。

オークションの取引を1度だけしかしないのであれば、そこまで手数料は取られませんが、頻繁にオークションを利用するケースの場合、手数料だけで1つの商品を落札出来るぐらい、手数料を取られてしまう可能性さえあります。

今ではコンビニのATMなんかは便利で、利用する人も多いと思いますが、あれって1回1回100円ほどが手数料として取られていますよね。

まいどまいど、手数料として100円取られるのって結構尺に触ります。

だからこそ、利用者が多い銀行口座を用意して、銀行間の振込手数料をカット出来る銀行口座がオークションに向いていると言う事なんですね。

ネットバンクに対応している事

次にオークションに向いている銀行口座の条件は、ネットバンクに対応していると言う事です。

今でこそ、取引ナビでやり取り出来たり、かんたん決済が対応しているので、銀行口座に直接振込む事は少なくなりましたが、それでもネットから直接振込む事がオークションでは多いです。

仮にネットバンクに対応していない場合は、銀行店舗へ直接足を運んで、入金もしくは振込の確認をしなければ行けません。

副業などでオークションをやっていたりすると、銀行は結構早くにしまってしまうので、仕事が遅く銀行へ足を運べないデメリットが。

また早く入金を済ませて、商品を送ってほしい場合でも、入金しない限りオークション出品者は商品を発送しないので、なるべく早く入金したい所。

しかしネットバンクが解説していない場合は、早くて翌日に銀行に行って振込をしなければいけません。

一方でネットバンクを開設出来ていれば、ネットから入金をする事が出来たり、入金をスマホから確認する事も出来ます。

オークション出品者であっても、入金された事がネットバンクであれば、ネット上から一目出来るので、やり取りがスムーズ。

いちいち銀行のATMに行って確認する必要も無いし、振込があった事を目で確認する必要も無いってことです。

オークションをする際には、ネットバンクに対応している銀行口座と言うのは、マストな条件と言えるでしょうね。

オークションに向いていない銀行口座

オークションに向いていない銀行口座と言うのは、向いている銀行の真逆と思ってもらえればオッケーです。

例えば、モテる男の条件が、身長が高い、ガタイが良い、話が面白い、高収入。

この4つがモテる男の条件だとした時に、逆を言えばモテない男の条件が見えて来ますよね。

身長が低く、デブ、話は面白く無く、低収入。

この条件がモテない男の条件と言える訳です。

ここまでをまとめると、オークションに向いている銀行口座とは、利用者が多く、ネットバンクに対応している銀行口座が、オークションに向いていると言う話でした。

逆にこの2つをクリアしていれば、どの銀行口座をオークションで使おうが、問題ありません。

しかし、オークションに向いていない銀行口座と言うのは、マイナーで利用者が少なく、ネットバンクが対応していない、銀行口座と言う事になります。

向いていない銀行口座を使ってしまうと、手数料が余分に取られたり、いちいち銀行窓口に出向かなければ行けなかったりと労力が必要となるので、これからオークションに取り組もうと思っている方は避けた方が懸命ですね。

おすすめの銀行口座3選!

ここまでで、オークションに向いている銀行口座と、向いていない銀行口座の特徴が分かってもらえたと思います。

ただ、結局どれが利用者が多くて、どれがネットバンクを利用出来る銀行口座なの?

と頭をかしげてしまう方も居るかもしれません。

そこで、これだけ持っていればオークション利用時には困らない3つのおすすめ銀行口座をご紹介しておきます。

どの銀行口座を開設するか迷った際には、この3つの中から選んでみて下さい。

三菱東京UFJ銀行

まずオークション時に持っていて間違いない銀行口座の1つ目は、三菱東京UFJ銀行ですね。

この銀行の口座を持っていないと言う人はいない程の利用者数を誇っています。

またネットバンクにも対応しているので、スマホやPCから残高や入金確認を出来る他、振込もネット上で出来るのが、三菱東京UFJ銀行の良い所。

オークション最大手のヤフオクでも利用している人が、かなり多いのでこの銀行を1つ持っていれば、オークションでのやり取りは問題ありません。

ゆうちょ銀行

このゆうちょ銀行も、かなりの利用者数が居ます。

またオークション時にも活用される事が多いので、便利な銀行口座の一つです。

ただ少しネックなのが、ゆうちょ銀行のネットバンクは、スマホのアプリで起動するのではなく、プラウザで起動するので、残高や入金確認などが少しカクカクして利用しづらいと言うデメリットが反面あります。

ゆうちょ銀行<三菱東京UFJ銀行

この優先度ですが、それでも持っておいた方がいい銀行口座の一つですね。

JAPAN NET BANK

オークション時、おすすめの銀行口座の最後はジャパンネット銀行です。

これはネットバンク専用の銀行口座なのですが、ネット利用時にはかなり便利な口座になります。

当然セブンイレブンなどのATMでもお金を下ろす事も出来ますし、アプリなどから残高や入金確認などは一目瞭然の銀行口座です。

ヤフオクなどで利用している人も多いので、オークション時にはかなり重宝する銀行口座の一つ。

これを期に持っておいて損はしない銀行口座ですね。

終わりに

オークション時におすすめする銀行口座3選は、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行の3つでした。

これら全ての口座を持つ必要は無く、この中から1つの口座を持っていれば、問題ないと思いますが、振込む側からすれば、入金先が多いに超した事は無いので、時間があればこの3つは開設しておく事をおすすめします。

またオークションなどを利用する際には、私生活のお金が振込まれる口座とオークションのお金をやり取りする口座は分けてやりくりした方が、分かりやすいので専用の口座を作っておいた方が良いですね。

P.S.

12時間労働が当たり前のブラック企業に勤めながら、1日1〜2時間の副業時間で、せどり開始2ヶ月目は23万円、4ヶ月目には30万、その後も下がることなく月収65万円稼ぎ、独立するまでに至りました。

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の【禁断】の超高利益せどりのノウハウをまとめた本が特典として、もれなくもらえます。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!




運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※直近の月収+他ASPにて数万)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする