秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!




CDせどりで利益が高いおすすめのアーティストとは?


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

CDせどりをする上で、おすすめのアーティストを紹介します。

ただ仕入れする際に、大事なのは、利益のあるアーティストを

知る事ではなく、利益のでないアーティストを知る事が一番大切です。

というのは、皆が知っているアーティストは、

皆が知っている分、世の中に出回る枚数が多いです。

価格を安く仕入れる、独自のルートがあるなら別ですが、

そういう商品は得てして高いか、売れる値段が極端に安いかの

どちらからです。

私たちは、安く仕入れて高く売る、という商売なので、

仕入れ値が高い商品は駄目ですし、安くしか売れない商品は

いけませんよね?

つまり、CDせどりにおいて大切なのは利益のでないアーティストを

検索することなく、いかに時間短縮する事が出来るのかというのが

大切になってきます。

逆に言うと利益の出やすい商品というのは、

世の中にあまり出ていなく、皆が知らない様な商品という事に成ります。

逆を言えば、有名なアーティスト。

有名な曲。

こういったのはせどり的には駄目なアーティスト。

ということに成ります。

駄目なというのは、価格差が出づらいということだけであって、そのアーティスト自体が駄目ということではないのであしからず。

つまり、あまり名前さえも知らないアーティストがせどり的にはよくって、誰もが知っているアーティストはせどり的にはNGということになります。

そしてさらに深堀すると、誰もが知っている国民的アーティストみたいなCDは、ほとんど検索しなくってオッケーです。

え?有名なアーティストはネットで高く売れないの?

そう不安に思う方がいるかもしれませんが、ぼくも一時期調査の為に、有名どころのアーティストを名いっぱいリサーチしました。

でも、結局せどりで稼げるほどの利益が出たアーティストは皆無。

ほとんど0でした。

つまり有名なアーティストは検索するだけ無駄だったということです。

確かにせどりでは稼げるアーティストを知る、ということは大切です。

しかしそれより大切なのは、稼げないアーティストを知り、それらのアーティストは一切検索しない。

これがせどりで仕入れをする為に大切になってくることです。

あなたの大切な副業時間。

そこまで無駄に使えるほど、時間はありませんよね。

やらないことはやらない。そう決めることがせどりにも大切なんです。

これらをふまえてCDせどりに関するアーティストを調べてみる事が

大切になりますので、是非、リサーチ頑張って下さい!

P.S.

12時間労働が当たり前のブラック企業に勤めながら、1日1〜2時間の副業時間で、せどり開始2ヶ月目は23万円、4ヶ月目には30万、その後も下がることなく月収65万円稼ぎ、独立するまでに至りました。

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の【禁断】の超高利益せどりのノウハウをまとめた本が特典として、もれなくもらえます。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!




運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする