Amazonランキング1位本を無料プレゼント!

父が定職に就かず極貧生活だったのでお金に怯えない将来にしたい


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

何の取り柄もない一般のサラリーマンが、副業を始め、結果的に起業する形となった。

そんな驚きの軌跡を描いたのが、今無料でプレゼントしているボクの書籍です。

その読者の中で、「親父が定職に就かず、小学生の時に絵の具が足りなくて友達に借りながら絵を描いた」という極貧生活を送っていた、Uさんという方がいます。

幸いボクは、父のお店が倒産するまでの学生時代、自営業ながら定職には就いていたので、そこまで極貧生活ではありませんでした。

だから、その面では父が定職についていない、Uさんの方が、ボクよりも辛い幼少期を送っていたんだと思います。

そんなUさんから、プレゼント書籍を読んだ後「自分ができる事から一つずつ積み重ねて行きたいと思わせて下さった事に感謝致します。」

そんな嬉しいメッセージを頂きました。

両親が定職についていなかったり、貧しい生活をしていた経験がある方は、それ以上に「お金や将来への不安」を紳士に受け止めている人が多いと思います。

そんな方へ、お金の不安にどう向き合うか。

という部分がきっと役に立つと思ったので、Uさんのメッセージを紹介しておこうと思います。

ーーー

Uさん

■現在の副業での収入,取り組んできた年数

国内転売で家電の新品や中古を扱っています。現在、5ヶ月目になります。

■ちゃんこまのメルマガ、プレゼントを知ったきっかけ

Google検索で偶然知りました。

■副業でのお悩み

ちゃんこまさんも書籍で書いてらっしゃるように、薄利多売で且つリスクが大きいところが悩みです。

■「僕の辞書から就職が消えた日」を見た感想

せどりを『仕事と趣味の中間』と表現された部分に共感しました。

私は電脳せどりが中心ですが、価格差と売れ行きを最初に見つけた時の喜びは今でもハッキリと覚えています。

夕方からヤフオクと10時間以上にらめっこしながら、価格差500円の商品を見つけた時は、明け方になっていましたがガッツポーズをしながら家のベランダで朝日を迎えました。

私の家は父が定職に就かず、小学生の時に絵の具が足りなくて友達に借りながら絵を描いたこともありました。

高校を出て就職し、結婚して子供もいますが、将来の不安は絶えず襲ってきます。

そんな中でせどりを始め、壁に当たっている今、この書籍を読ませて頂き、求めている将来は贅沢な日々では無く家族と笑って過ごせる明日への不安がない将来である事を再認識させて頂きました。

私が欲しいのはお金ですが、会社や将来の不安に怯えず暮らせるお金が欲しいと考えています。

その為に自分ができる事から一つずつ積み重ねて行きたいと思わせて下さった事に感謝致します。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

Amazonランキング1位本を今だけ無料プレゼント!

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする