【圧倒的リアル】これほど過酷な環境にあった人を見た事がない。


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

ボクはサラリーマンから、独立するまでの軌跡を描いた書籍を出版しています。

ボク自身、当時の環境を「過酷な環境だ」とか、「辛過ぎる」なんて思いませんでした。

もちろん辛かったし、しんどかった。

それでも世の中にはボク以上に過酷な環境や状況にいる人はごまんといるし、ボク自身家族が借金まみれで、自己破産していたので、自分の環境どうこう言うよりは「どうにか家族を助けないと」という気持ちで一杯いっぱいだったから、他の人と比べるなんて時間はなかった。

それから独立したんだけど、そんな過酷な経緯を本にして、多くの人に手に取ってもらったときに、とある方から「これ以上の過酷な環境で頑張った人を知りません」というコメントをもらいました。

そのときに、自分が歩んだ道が過酷な環境だった事を知りました。

それでも過酷な道を歩んできた事が、今だれかの勇気になっていると思うと、当時の苦労が身を結んでいるんだなって、ある意味感謝すべき時代だったと思わせてくれます。

「圧倒的リアル。」「そして力をもらいました。」

そんなメッセージを頂いていますので、今現在過酷な環境にいる方にとっては、少しは力になれるんじゃないかと思ったので、書籍を読んだお二方のメッセージを紹介しておきます。

ーーー

■「僕の辞書から就職が消えた日」を見た感想

圧倒的リアル。

突然それまでの日常が崩れてがむしゃらに働くけどしんどくてたまらない。

未来が見えない日々。

がんばってもむくわれない。

そもそもこれでいいのか?

この先もこれがずっと続くのか?

自分を重ねずにはいられませんでした。

そこから這い上がっていくちゃんこまさんに勇気をもらいました。

副業から稼がれた金額もリアリティーがあって自分にも出来るんじゃないかと思えました。実は、数年前からせどりやネットビジネス、副業関連の書籍やブログを読んでいました。

でも行動できなかった。

やっぱり無理なんじゃないか?

そう思って今日まできてしまいました。

このままでは一生苦しいままです。

やってやる。そう心から思うことができました。

ありがとうございました。

ーーー

■「僕の辞書から就職が消えた日」を見た感想

非常に過酷な環境だと思いました。

僕自身は、本にかかれている程の過酷な環境にあったことはありません。

しかし、本の端々で綴られている不安な気持ちであったり、疑問であったりと共感出来るところがたくさんありました。

僕は現在、お金の事、将来のことで悩んでいます。旅をしたり、やりたいことかがたくさんあり、その上でせどり、副業というビジネスを知りました。

始めて間もないながら、折れてしまいそうになっていましたが、ちゃんこまさんの著書に力をもらいました。

ありがとうごさまいました!

ーーー

書籍に興味がある方は、下記よりどうぞ。

今だけ無料でプレゼントしています。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超え、その後月収100万円を独立したノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の副業ノウハウ本のプレゼント付き


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする