サービス残業で薄給過ぎて貯金も出来ないとき、コレに出会った


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

ボクの読者の方で「サービス残業で薄給な上に会社に散々とコキを使われていた」

そんな方がいらっしゃいました。

自由な時間も持てず、趣味に費やす時間もお金もなく。

「このままの人生で良いんだろうか」

そう思い悩んでいた様でした。

どうにかして薄給で好きなことに費やす時間さえ無いこの状態をどうにかしたい。

そう思ったときにボクのブログに訪れてくれて、今プレゼントしている書籍を手に取ってくれた様でした。

そして書籍を読んだ後に、「どん底とも言える環境から、たった一筋の光を見つけて駆け上がっていく、そんな筆者の体験にとても感動いたしました。」

そんな嬉しいメッセージを頂きました。

ボク自身も都心にも関わらず給料は18万円程度。

サービス残業も4〜6時間は当たり前で、生きる為に働いているという感覚ではなくなり、仕事をする為に働いている、そんな感覚で毎日を生きていたような気がします。

もちろん、それほどまでに仕事が好きなのであれば、薄給であってもたえられるし、仕事に没頭することが出来て幸せなのかもしれません。

でもボクは仕事が好きだった訳ではないし、正直お金の為だけに働いていたので、薄給でも我慢出来る環境ではなかった。

だから、副業を始めた。

それが今、本業となり、独立するまでに至った訳ですが、このときの選択がボクの分岐点だったと今振り返っても思います。

現在薄給の中で、好きでもない仕事の毎日を繰り返している。

そんな方には、tさんのメッセージは勇気をくれる内容となっていると思いますので、紹介しておきたいと思います。

ーーー

■ちゃんこまのメルマガ、プレゼントを知ったきっかけ

せどりのブログ記事を読んで

■「僕の辞書から就職が消えた日」を見た感想

私も、会社に囚われることなく生活をしてみたいと思い、せどりに興味を持ちました。

勤務していた会社は薄給な上に不規則な時間、サービス残業の日々で自分の時間も貯金も出来ず、体調を崩してしまいました。

そんな中せどりという副業にネットで出会い、とても興味を持ちました。そしてこの本に出会ったのですが、読んでいて途中から感情移入うしてる事に気が付きました。

どん底とも言える環境から、たった一筋の光を見つけて駆け上がっていく、そんな筆者の体験にとても感動いたしました。

わたしも、筆者のように親に心配を掛けずに、自分の時間も持てて将来もきちんと考えたり、行動出来るような生活を送りたいです。

この本をプレゼントしていただき本当にありがとうございました!

ーーー

書籍を読んでみたい方は、下記よりどうぞ。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超え、その後月収100万円を独立したノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の副業ノウハウ本のプレゼント付き


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする