アマゾンランキング1位本を今だけ無料プレゼント!

逆にお金が減る可能性も。週末に副業としてアルバイトするのは辞めた方がいい。


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

退職とか転職とかをして給料が下がった。

今住んでいる家の家賃が払えるのか分からない。

生活費がかつかつで、貯金も出来ない。

給料がギリギリで遊ぶお金もない。

そう思って副業として週末にアルバイトをしようかと思っている人も結構多いと思います。

週末に副業としてアルバイトしたとして、時給が1000円だと仮定すると、週末の土日で16時間。

1ヶ月に8日間出たとして、8時間×8日(1ヶ月)なので64時間。

つまり1ヶ月に64000円が週末の副業によって稼げるお金です。

大体6〜7万円ぐらい副収入があれば、今の生活が潤う。

なんて考える人が大半なんですが、それよりも大事な物を失っていると思います。

何年続けるのか

gatag-00013477

週末に副業としてアルバイトをする事が悪い事ではないのは先に言っておきます。

ただ大事なのは、それを何年続けるんですか?と言う事。

というのは、僕の友人に一人尋常じゃないほど働く友達がいたんですね。

彼は、昼間正社員として営業マンの仕事をして、夜に鉄道整備のバイトをしました。

週末の副業ではないにしろ、平日はほぼ毎日夜勤のアルバイトが入るのでおそらく週末のアルバイトよりもキツい労働時間だと思います。

なんでそんなにまでして働くのかというと、彼には借金があったんですね。

昼間の営業マンと鉄道整備のアルバイトの副業と聞くと、何かカイジっぽいですが。

実際にものすごい時間働いていました。

彼の1週間のスケジュールを聞くと、朝7時から夜の17時まで営業として各家を回ります。

17時に仕事が終わると、事務作業などをして本業を終えるのが大体19時頃。

その後仮眠を取って、22時頃から夜勤のアルバイトに向かいます。

終わるのが大体4時か5時頃なので、その後更に仮眠を取って7時に出社。

これがほぼ毎日続き、本業と副業が両方休みの週は全くないという働き方でした。

営業の方は休みだけど、夜は副業のアルバイト。

夜の副業のアルバイトは休みだけど、営業は昼間ある。

そんな働き方で、1日も休みはない中、20時間弱1日中働き詰め。

そんな彼を僕は宇宙人だ。って思ってました。

僕には100%出来ない働き方です。

当然彼も疲弊して来て、相当にしんどそうでした。

もちろん誰かと遊ぶ事は出来ませんし、趣味に費やす時間もありません。

せいぜい出来るのが1週間のうちに1時間だけ、誰かとご飯を食べるぐらい。

睡眠時間もまとまった時間はなく、仮眠を3時間とか1時間とかバラバラに寝るだけ。

結局彼は心身ともに、壊してしまってボロボロの状態になってしまいました。

(借金は返せたようですが)

ただその後社会復帰する事が難しくなってしまって、実家に帰ってしまいました。

彼の様に「一時的にお金に困った。」

と言う事であれば、週末に副業としてアルバイトをして短期間で返すのならいいのかもしれません。

ただ、生活費が無い。

家賃を払えるかどうか不安。

趣味の為にお金がほしい。

これらの理由で週末にアルバイトをするのは、かなり危険だと思います。

「いつまで続けるんですか。」

結局アルバイトって言う類いはその場しのぎのお金しか稼げないと言う事なんです。

薬で言う所の麻酔ですね。

麻酔を打って薬が効いている頃は、痛みがありません。

ただ傷や病気が治ったと言う訳ではなくって、麻酔でごまかしていると言う事。

本当の病気は治っていないその場しのぎだと言う事です。

もちろんその場しのぎが大事な状況もあるので、そういった場合は週末の副業アルバイトは有効かもしれません。

僕の友人の例の様に一時的な借金の為とか。

急にお金が必要になったりとか。

ただ、仮に週末アルバイトを始めたとしてもお金に困った人生は変わらないし、その先お金に困らなくなる事はありません。

だからそのアルバイトを「いつまで続けるんですか」ってことが大事だと思うんですね。

それは痛み止め、麻酔の類いではないですか?

副業アルバイトをする事で解決する問題ですか?

一時的な物ですか?

と言う事をもう一度週末アルバイトをする前に説いてほしいと思うんです。

僕の友人みたいになってほしく無いので。

(本当に痛々しくて見てられないほどでしたから)

決して時給は上がらない

gatag-00005423

また週末だけアルバイトを副業でやる。

と言う事を僕はよく思わないのは、時給と言う概念です。

仮に副業アルバイトを1年続けて、時給1000円なのが、1年後2000円とか、3000円とかになるのならいいでしょう。

だけど時給が倍になるアルバイトがどこにありますかね。

キャバクラとか?風俗とか?

大半のアルバイトは時給が上がったとしても50円とか100円とか。

この時給が低いって言うのは、要するに自分に対する価値の対価です。

アルバイトとして働いてくれる変わりに1時間1000円であなたの時間を買うよ。と言う事。

「時給が上がらない」と言うのは一見すると稼げないとか、そんな理由の様に聞こえますが、そうではなくって、自分の価値を低く見積もってしまっている事が一番の問題です。

あなたの時間的価値が1000円しか無いと言う風に自分で認めてしまっていると言う事。

僕は「いやいや、本来の人間の価値はもっと高いし、本来の人間のポテンシャルはもっともっと高価だ」ってずっと思っているんです。

だからこそ、時給が上がらないと言うのは、お金が稼げない以上に問題だなと思っているんですね。

自分の価値を低くしてしまっている事ですから。

きれいごとに聞こえるかもしれませんが、人間誰しもが尊い存在ですし、唯一無二の存在です。

週末とはいえアルバイトと言うのは、時給という言葉にかまかけた買収です。

もっともっと人間は高価な物なんだ。

だからこそ時給と言う概念で図るのなら、見合った対価を要求するべきだと思うんですね。

だけど副業アルバイトなら尚更時給は上がらない。

アルバイトが悪いと言う風に言っている訳ではなく、もう一度自分自身に説いてほしい。と言う事なんですね。

何をやるべきか。

そうはいっても本業での給料もなかなか上がりにくい。

生活費が苦しい状況は変わらない。

趣味に使えるお金は増えない。

どうすればいいのか。

って事ですが、僕はどうせ副業をするのなら、自分自身の価値をもっと高める副業をするべきだと思いますね。

例え深夜のアルバイトをしようが、週末にアルバイトをしようが、そのアルバイト経験が自分の価値につながりはしません。

例え週末のアルバイトを1年間続けたとしても、時給は増えません。

であるのなら、自分でビジネスをやってしまった方が遥かに自分の価値を高めるし、時給や給料も自分がやった分だけ帰って来ます。

小さなスモールビジネスでも、取り組んでみて分かるのが、会社の生業だったり、お金の動き、経済状況、マーケティング、これらの分野がかなり見えて来ます。

会社や組織にいると、自分のやっている作業が何の価値を見いだしているのか。

分かりづらいですが、自分でビジネスをやってみると、それが手に取るように分かります。

要するに自分自身のスキル、価値が上がったと言う事ですよね。

また「週末起業」なんて言葉もある様に、土日だけを使ってビジネスを副業でやる人も最近は増えています。

「起業」なんて聞くと、何か大それた事の様に感じますが、そんな大きな物ではなくっても出来るし、副業でやることも全然出来ます。

またネット社会になっている現代では、ネットを使えばどんなスモールビジネスも低資金からやる事も出来る。

リアルビジネスの様に、銀行から融資を受けて店舗を構える。人を雇う。

そんな事をせずとも、自分一人で出来るのが週末企業が増えている原因かと。

僕の知り合いでは、ネットの転売から自分のスモールビジネスをはじめて、本業以上に稼げる様になって独立した。なんて人も数多く見て来ています。

アルバイトよりも将来性が見える。

自分自身の価値を高める。

自分の価値に見合った対価を搾取される事無くもらえる。

これらの理由が副業アルバイトとは雲泥の差がある所だと思いますし、何も身にならない週末アルバイトをするよりも遥かに自分のためになります。

また自分自身、個人で稼ぐ力をつける事が、将来のお金の心配をなくす唯一の方法です。

俺はどうしても週末にアルバイトをしたいんだ!

と言う人は無理に止めはしませんが、どちらが自分の為になるのか、今一度考えてほしいなと思います。

自分自身の価値を決めるのはあなたですから。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事


アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする