このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

アフィリエイトってどのぐらい稼げるんですか?プロが答えてみた。

今回はタイトルにある通り。

「アフィリエイトってどのぐらい稼げるんですか?」ってな感じの質問をもらったので、その質問に対して回答していこうと思います。

正直、稼げる金額だとか、その業種に未来がないとやりたいとか、やろうとか思わないし、野球選手だとかYOUTUBERになりたいっていう子供たちが多いのも「お金が稼げるから」っていうストレートな意見ですよね。

別にお金を稼ぐこと自体が悪いとは思っていないし、全然「お金を稼ぐからアフィリエイトを始めたい」なんて理由も、粗悪なものじゃないと思っています。

ちょっと脱線しそうなので、先に結論から言ってしまうと、「アフィリエイトってどのぐらい稼げるのか?」っていう質問に対しての回答は、「個人なら数百万」という感じで、法人なら「数千万」っていう規模間かなって肌感覚で思いますね。

理論値的には青天井だが、、

シンプルに回答するのなら、基本的にアフィリエイトって青天井ではあるんですよね。

ネットビジネス、とくにアフィリエイトの優れているところではあるんですけど、売り上げが上がると労働時間が増えるのが基本的なビジネスであるのに対して、アフィリエイトなんかでは収益が上がっていっても作業時間としてそこまで多くならないのが、アフィリエイトのいいところでもある。

それは通常のビジネスは元よりネットビジネスの中でもレバレッジが利く分野だからですね。

なので、「アフィリエイトってどのぐらい稼げるんですか?」っていう質問に対しては「青天井」っていうのが基本的な回答なんですが、それでも「稼いでいる人の肌感覚」っていうのはあるわけで、本当の青天井だったら、「数百億」と稼いでいてもおかしくないわけですよね。

ただ、そんなに稼いでいる人は存在しないわけで、かつそんな架空の話を知りたいわけじゃないと思うんですよね。

要するに、「理論値」でいえば青天井だが、「期待値」でいうならある程度のアッパーが存在するわけですね。

それが「個人なら数百万」で、組織だったり「法人だったら数千万~」ってな感じかなって、個人的には思いますね。

個人なら100~500万円、法人や組織なら1000万以上

もちろんこれはあらかじめ言っておくと、「どれぐらい頑張るか?」っていうところに大きく依存します。

なので、「それぐらいしか稼げないのかぁ」ってな話じゃなくって、あくまで「稼いでいる人は、このあたりの金額に分布している人が多いかなぁ」ってな印象から答える「期待値」です。

じゃあ、なぜ「個人なら100~500万円」って言えるのかっていう、その一つの証拠を出しておくと。

これがインフォトップというASPの、ある月の売り上げランキングです。

で。

僕自身ネットビジネス業界の人と仲いいわけじゃないので、そこまで名前を知っているわけじゃないんですが、一位の「バナナデスク@TMC」さんが、1500万円ぐらい。

次いで、2位でクラウンホールディングスジャパンが859万円という金額です。

それから「高山さん」という方が285万円で、「広田さん」という方が221万円という金額になっています。

活動者さんの細かくは理解していないので、ざっくりではあるんですが、違いとして見れるのは「1位」「2位」にランクインしているのは法人、あるいは組織だって活動している人たちってことが見て取れます。

(3位の人の名前があれなんでスルーしているわけじゃないですw)

その次に、おそらく個人の方の名前が出ていてランクインしている。

比べてみると、

  • 法人or組織で、1495万円
  • 法人or組織で、859万円
  • 個人で、285万円
  • 個人で、221万円

こんな感じで見て取れるわけですね。

なので、「アフィリエイトってどのぐらい稼げるんですか?」って質問されると、ここら辺の金額ぐらいなんじゃないかなって答えるのが「期待値」としては適切なんじゃないかなって思うんですね。

忘れてはいけない事実

もしかすると「案外稼げないのかなぁ」なんて思った人もいるんじゃないかなと思います。

勘の鋭い人なら「これってトップの人のランキングになるわけで、組織の人は参考にならないし、個人トップの人でも2~300万円かぁ」

みたいな感じで思う人もいるんじゃないかなって。

ただ、決して忘れてはいけない事実っていうのが存在していて、上記で上げた売り上げのランキングっていうのは「売り上げの総額」が適応されているんじゃなくって、「分割払い」が適応されているんですね。

どういうことかっていうと、10万円の商品を10回払いで購入した場合、インフォトップの売り上げ欄には「10万円÷10回払いの1万円」しか掲載されないんですね。

つまり、上記で表示されている金額っていうのに「分割払い」っていうのは適応されていないっていうこと。

これがものすごく大切な部分なんです。

分割払いは分割の金額だけが掲載される

っていうのも、上記の画像ってあんまり見せていないんですが、6位に「chankoma」っていうIDがあると思うんですが、あれって僕です。

で、売上金額を見てもらうとわかるんですが、「197万」っていうことになってます。

じゃあ「197万円」がその時の売り上げだって思うと思うんですが、この時僕は24回払いを導入していたんですね。

つまり、もし仮に10万円の商品があったとして、それが「24回払い」で購入された場合、「10万円÷24回払い=4000円」の売り上げにしかならないってこと。

この「4000円」が、この時のインフォトップの売り上げ金額に掲載されるので、「厳密にはもっと稼いでいる」ということを忘れちゃいけないんですね。

現に、これも正直に話してしまうと、記載金額としては「197万円」でしたが、この時に売り上げたのは「750万円」でした。

ただ分割払いを適応している人がほとんどだったので、売り上げとしては4分の1ぐらいの「197万円」ってことになっているんですね。

表示されている額よりも稼いでいるということ

たぶんコレは僕だけじゃないと思います。

ほとんどの人が分割を導入しているので、上記で表示されている金額の2~3倍ぐらいを上乗せしたのが、おそらく「ひと月で稼いでいる金額」っていうことなんだと思います。

  • 法人or組織で、3~4500万円
  • 法人or組織で、17~2500万円
  • 個人で、6~850万円
  • 個人で、4~600万円

なので、先ほどの図式を見直すと、このぐらいは本来売り上げているんじゃないかなって思います。

当然組織だってアフィリエイトをしている場合は、ここから経費が差し引かれた数字が、利益として残るわけですが、個人の場合はほとんど利益となるので、そのまま「売り上げ=稼いだ金額」ということになるわけですね。

(僕の場合がそうだったんで、おそらく個人で活動している人はそうなんじゃないかなと)

まとめ

つまりまとめると。

アフィリエイトってどのぐらい稼げるんですか?っていう質問に対しては、理論値としては「青天井」っていうのが答えだと思いますが、現実的な「期待値」としては、

  • 組織=1000万円以上
  • 個人=500万円以上

ここら辺が期待値として挙げられる「稼げる額」なんじゃないかなって思いますね。

もちろんそれ以上に稼ぐことだってできるし、稼いでいる人もいます。

なので、「上記で上げた金額しか稼げない」ってことじゃないです。

(僕も上記で上げた、それ以上売り上げを出した時もありますし)

ただ、あくまでASPのランキングから見る「分布」から考え、組織トップと個人トップとを見てみると、上記で上げた金額ぐらいが稼げるラインなんじゃないかなって思うってことですね。

そして稼げる金額っていうのはもちろん大切なんですが、それ以上に大切なのは「ほとんど経費が掛かっていない」っていうところなんですよね。

僕はアフィリエイトが魅力的だと思う一番の理由は、稼げる金額の大きさということよりも「経費の少なさ」「リスクの低さ」

これが一番だと思っていて。

個人的に見るべきポイントは「稼げる金額」ではなく、リスクの少なさだと思いますね。

ぜひ参考にどうぞ。

 

 

 

 

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする