さくらサーバーとエックスサーバー。ブログをやるならどっちがオススメ?


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

以前「ブログを独自ドメインで運営したいんですが、どのサーバーがオススメでしょうか。使った感覚でいいので教えていただけると幸いです。」

というような質問をいただきました。

なるほど。

ただ、いろんなサーバーが今ある中で、僕自身が使ったのって2つのサーバーしかないんですよね。

僕自身1回使ったら、そのまま長く使い続けたいor新しいのに慣れるのが面倒。

っていうたちなので、基本的には最初に使ったサーバーのまんまです。

ただ、一回だけサーバートラブルがおきて、サーバーを乗り換えたので、結果的に2種類のサーバーを使うようになった次第。

ここで、使ったこともないサーバーを評価するのって、明らかにおかしい。

だから、僕自身が使ったことのあるさくらサーバーとエックスサーバーとだったら、実際に使って見た感想やレビューなんかを出せると思ったので、実際に使って見た感想をお伝えしていこうかなと思います。

一応断っておきますが、これから書く文章にアフィリリンクなどは一切なるつもりもなければ、そこでサーバー契約してもらって稼ごうなんて魂胆はないので、一切リンクは貼りません。

つまり、中立の立場において、どう判断しているのか?っていうのが垣間見れると思うので、参考にしてもらえればと思います。

さくらサーバーは料金が安かったから選んだ

まず一番最初に使ったサーバーが「さくらサーバー」でした。

この時はブログ立ち上げ初期だったなぁ。

このさくらサーバーを使うきっかけになったのは、「やすさ」でした。

ドメインって年間契約だったりして、1ヶ月で見たとしても、月々100円とかなんで、そこまで気にしないんですよね。

ただサーバーの場合、月額料金が毎月のしかかってくることになるんで、ブログ立ち上げ初期の頃に抱いていた「これって本当に稼げるんだろうか?」って不安にどうしても勝てなくて。

だから初期費用をなるべく抑えたい。っていう気持ちから、確か見比べたときにかなり安かった月額500円のさくらサーバーを契約して使っていました。

この時、たまに「さくらサーバーの使い勝手はどうですか?」なんて聞かれたりしたんだけど、正直これが最初のサーバーだから、どことも比較できない。

「悪くないんじゃないですか?」っていうことが、関の山って感じで。

さくらサーバーの評価

今になってエックスサーバーも使っているのである程度、比較はできるんですが、今考えたらさくらサーバーは若干使いづらかったな。っていう感想ですね。

っていうのは、ブログを立ち上げるときに、だいたいワードプレスを入れると思うんですけど、さくらサーバーの場合、index.phpとか.htaccessとかをいじらなくちゃ行けない。

【図解】5分でサイトアドレス(URL)を変更するたった2つの手順!ワードプレス設定

これにも書いたやつですね。

要するにドメイン直下にサイトアドレスを設定するために、index.phpとか.htaccessをいじって、サイトアドレスにアクセスしてもらうための設定が必要でした。

だけど、エックスサーバーの場合は、それが確かなくって。

(サーバー引越したのがきっかけで何個もブログを立ち上げ検証したわけではなく不確かかもしれませんが、2〜3個のブログを作って特にいじらずドメイン直下にサイトアドレスを表示できたので、恐らく大丈夫。)

すぐさまワードプレスをインストールできて、そのままドメイン直下にサイトアドレスがくるので、結構便利。

一方でさくらサーバーの場合は、ワードプレスをインストールして、いろいろと設定が必要だったので、ブログ立ち上げ初期の頃は、サイトアドレスを変えるだけで3日ぐらい手間取った記憶がありますね。

それでもさくらサーバーを使い続けてました。

まあ、比較ができないんで「こんなもっか」っていう感じで使い続けてました。

さくらサーバーからエックスサーバーへ引越した理由

そこから転機がきて、さくらサーバーからエックスサーバーへ引越をする形になったわけですが、その転機っていうのが「【さくらサーバ】DoS攻撃でアクセスが95%減少した」この記事にある事件。

Dosアタックによりサーバー接続障害がおきて、アクセスが激減。

そこから復旧を待ったわけですが、5日?ぐらいかけても全くアクセス障害が治らず。

もう待っていても仕方がない。っていうことでサーバー引越を決意。

そこから評判が良かったエックスサーバーへ引っ越して、今現在も使っているというのがエックスサーバーです。

ここで初めて2つ目のサーバーを使うことになったので、さくらサーバーとエックスサーバーを比較できるようになりました。

(このときに、ワードプレス設置が便利だなぁって感じましたね。)

サイト表示速度はエックスサーバーに軍配

んで。

エックスサーバーに乗り換えて、プラスだったのが、サイト表示速度。

僕の場合、結構画像が多かったり、圧縮していなかったりとで、サイト表示速度が遅いんですよね。

いろいろサイト表示速度を調べられるツールがありますが、さくらサーバーの時は真っ赤でした。(かなりサイト表示速度が遅いということ)

そこからサーバーを変えて、サイト表示速度を調べてみると、「スマホでは黄色、pcでは緑」っていう結果になりました。

これは、いろいろと圧縮をしたり、サイト表示診断にて改善を図った効果もあるかと思うんですが、サーバーによっても処理速度が変わるので、エックスサーバーにした効果もあったのかと。

(今では、更新改善をしていないので、また赤となってしまっていますがw)

サイト表示スコアもseoに影響すると言われているので、そろそろ対応しようと思いますが、結構大きなポイントかと思います。

エックスサーバーはssl設定も簡単だった

またこの時、エックスサーバーに乗り換えたのをきっかけに、https://にしました。

要は通信を暗号化するってことですね。

このssl設定なんかもエックスサーバーはかなり簡単にできて、なおかつ無料なので、かなり重宝しました。

このssl設定も、「安全なサイト」ということで、seoに効果があるなんて言われている要素なので、気軽に設定できるエックスサーバーの良かったところでもあります。

エックスサーバーの唯一の欠点!?

んで。

その他に影響っていうと、サーバーにアップロードしたファイルのurlを調べるとき、エックスサーバーだとurlを直接見れないんですよね。

これってやり方を知らないだけかもしれませんが、さくらサーバーの時は、右クリックで「url」をみることができたので、ファイルをプレゼントするときなんかはすぐにurlが調べられてました。

一方で、エックスサーバーの場合は、ftpソフトなんかでアップロードして、そこからurlを逆算的に調べなくちゃ行けないので、これが結構かったるい。

エックスサーバー内で、urlを調べる方法があれば、ぜひ教えて欲しいっすね。

さくらサーバーとエックスサーバー。どちらがいい?

結局のところ。

最初にサーバーを決める時って悩むかと思うんですが、ブログを運営している人がご存知の通り、一度サーバーを契約してしまえば、ほとんど触らないのもサーバーなんですよね。

んで。

僕の中での絶対的条件って、dosアタックからの経験から「セキュリティの高いサーバーか否か」っていうところが最重要科目です。

その他って、ある程度の機能なら、どのサーバーも取り揃えているし、「住めば都」じゃないですけど、慣れればどのサーバーも自分好みになっていきます。

でも、それ以外の自分で変えられない部分って、サーバーのセキュリティなんで、重要度はここにあります。

その点でエックスサーバーに乗り換えてから、アクセス障害なんかは1回も起こっていないので、エックスサーバーで全然満足しています。

対応も早いですしね。

なので、今回いただいた質問のように、「これからサーバーに契約するなら?」って考えたら、僕はエックスサーバーにするかと思いますね。

マジでセキュリティは大事で、dosアタックにより日に日にアクセスが落ちていく様ってマジで言い表せない恐怖がありますから。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超え、その後月収100万円を独立したノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の副業ノウハウ本のプレゼント付き


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする