アフィリエイトする時にオススメの無料ブログサービスとは?


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

「アフィリエイトを始めたいのですが、オススメのブログサービスはなんでしょうか?今はいろいろ無料のブログサービスがあり、fc2なんかを検討しているんですが、これってどうでしょうか?」

そんな質問をいただきました。

結構この手の質問って多いです。

正直「どれでもいいんじゃないか?」っていう感じ。

まあ、無料ブログでアフィリエイトを始めたい人の場合、seo的にどうなのか?とか無料ブログの中で優秀なのは?っていう風に思ってサービスを悩むんでしょうけど。

どれも一長一短で、どれでもいいんじゃない?ってのが正直なところっすね。

本気でやるんであれば、ワードプレス一択なんで、まずアフィリエイトの中で無料ブログは選択肢に入ってこないっていうのが僕の回答です。

無料ブログはアフィリエイト禁止のリスクがある

なぜ、そもそも無料ブログが選択肢に入ってこないのか?っていうところですが。

これはいろんなところでも言われている通り、無料ブログって運営元からドメインとサーバーを借りて運営している状態なんですよね。

だから、ルールっていうのが無料ブログの運営元になるってことです。

これがなんの制約になるのか?っていうと、アフィリエイトなんかをする時に、運営元が「アフィリエイト禁止」ってなったら、そのブログは一瞬にして消し飛ぶし、これまで運営していた時間が全くもってなくなってしまうということ。

アメブロなんかはすでにアフィリエイト禁止のブログで有名ですし、今はアフィリエイトできる無料ブログサービスであっても、いつ禁止になるかわからない。

ブログアフィリエイトはワードプレス一択

んでもって。

運営元の事情を考えてみると、僕らに無料ブログを提供することにって、なんらかしらのメリットがあるからこそ、お金を肩代わりして無料ブログサービスを享受しているわけです。

それは、自身のサービスの宣伝のために、無料ブログを解放しているかもしれないし。

またはまちまち。

ただ間違い無いのは、ルールは運営元にあるため、それに従ってブログ運営をしなければ行けないということ。

だからいつ消えるかわからないって話です。

まあもちろん無料ブログの中でも、独自ドメインを取得できるはてなプロとかありますし。

そういったブログサービスであれば、アフィリエイトのために使うっていうのはアリだと思いますが、それでも基本的にワードプレス一択ですね。

無料ブログで始める人は90%以上稼げない?!

またこれもよく言われることですが、アフィリエイトだろうが、ブログだろうが、全てはビジネス。

このビジネスをやろうとする時に「無料で始めたい」っていうのって、結構甘い考え。

低資金でできるのは間違い無いんだけど、「無料」とか「タダ」でできるビジネスって、そもそもほとんどない。

必ずどこかで初期投資や初期費用がかかってくるし、この「投資」をしなければ、人は本気になれない。

だからこそ、無料ブログでタダで稼ごうみたいな人って、99%消えていくんですよね。

アフィリエイトは90%以上が稼げていない。っていうアフィリエイトセンターのデータはこういう人たちから統計を取った結果だと思います。

アフィリエイト市場は伸びているのに、稼げている人が少ないっていうのは、どう考えても帳尻あわないケースですから。

僕が感じる無料ブログの一番危険なポイント

んで。

僕自身が一番無料ブログが危険だって思う理由って、「アフィリエイトはブログを複数運営して掛け持ちした方が稼げるって本当?」この記事でも書いてますが、「このブログは自分のものだ」っていう愛着なんですよね。

これってどの分野でも共通して言えることだと思うんですけど、他人のものを借りた時にって本気で育てようとか、本気でやってやろうって思えないですよね。

レンタルDVDを借りてきても、見たらそのまんま、ポイッて返しますけど、買ったDVDならパッケージのまんま大切に保存すると思います。

そして、何度もそのDVDを見返すと思います。

それとおんなじ。

要するに無料ブログとして、誰かのものを借りてる状態って、「結局自分のものじゃないから」っていう感覚になって、大切にしようとしないんですよね。

もし仮に記事を更新しなくっても、タダだからこそそこまで痛まないし。

他人のものだからこそ、更新しなくても、傷はつかない。

要するに、「このブログは自分のもの」っていう、愛着がないからこそ、本気になれないんですよね。

外観にこだわって自分好みにしようとかっていう気もそこまで起きないですし。その分記事もたまっていかない。

ブログとは資産であり、育てていくものである

そして、ブログっていうのは基本的に資産になります。

2年前に書いた記事が、今なおアクセスがあるように、その記事は大切な資産になっていく。

そしてその資産を形成する恩恵を預かるのが「ドメイン」です。

つまり、記事を頑張って書いて、アクセスと言う名の自動集客をもたらしてくれる資産を、他人のために作り上げている。

これが無料ブログの特性で、その概念が心の何処かにあるからこそ、無料ブログではアフィリエイトにて真剣に取り組まない。

っていう状態になってしまうんですよね。

一方で、ワードプレスの場合、自分でドメインを取得し、自分でサーバー管理するので、いわば自分のもの。

そこで書いた記事は、自分のドメインに恩恵を預ける形になるので、積み重ねた資産は自分の元へ帰ってくるわけです。

だから稼いでいるアフィリエイターのほとんどはワードプレスでブログを作っている。

そんな小さな違いが、のちに大きな違いになってくるんですよね。

いずれワードプレスが必須だと気づく時が来る

ですから、結論としては「アフィリエイトをしたいんですが、無料ブログサービスでオススメはなんでしょうか?」と聞かれたとしたら、「なんでもいいんじゃないですか?」って言うのが答えです。

無料ブログでやって見て。

そしたらほぼ失敗するから、そこで失敗して気づけばいいんじゃないかなと思います。

気づいた後に、まだ「続けたい!諦められない!」って思ったら、本格的に初期費用を投じてワードプレスでブログを始めて、自分だけのブログを作ればいいし。

「もうやめよう!稼げない。」って感じるのなら、そのまま辞めたらいいし。

なんでもいいんじゃない?って感じですね。

無料ブログでアフィリエイトを始めた僕の失敗談

僕もこの気持ちは少なからずわかっていて。

やっぱり初心者当時は、なるべく初期費用を抑えたいので、無料ブログでやっている時がありました。

んで、無料ブログだから、自分のものじゃないしってことで、適当な記事をあげてばかりでした。

でも当然適当なスッカスカな記事なもんだから、アクセスも集まらないどころから、適当にアフィリエイトして全く稼げない。

そんなループで。

だけど、無料ブログが悪いんじゃなくって、無料ブログを使って楽に稼ごうとしてる自分が悪いんだってことに気づいた瞬間に、「自分だけのアフィリエイトブログを構築しよう」って思ってから、ワードプレスでブログを作り始めたんですよね。

だから、一回失敗して見たのはいい経験だったと思います。

実施に「育てる」って言う感覚でブログアフィリエイトをやると、適当な記事を更新しなくなりますし、スッカスカな文章はそもそも投稿しないですからね。

そこには全て「積み重ね」がのしかかってくるんで、「少しでもいい文章を残そう」とか、「良質な記事を投稿しよう」とか。

多少なりの責任から、適当な記事は投稿できないですから。

そこがまた無料ブログとは、一線を博している部分だとも思います。

そこから僕は無料ブログを一切触らずに、ワードプレスでブログを構築していったので、無料ブログのオススメはわかりませんが、本格的にやるならワードプレス一択だと思います。

ぜひ頑張って!

最後まで読んでくれたあなたに。

副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超え、その後月収100万円を独立したノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の副業ノウハウ本のプレゼント付き


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする