アマゾンランキング1位本を今だけ無料プレゼント!

オモテの儲かる仕事ランキングベスト3とウラの稼げる仕事ランキング3とは?


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

日本がどんどん不景気になり、給料やボーナスがカットされている最中、

増税するしないや生活必需品の値上がりが多く、生きていくのがやっと

という方も多いかもしれません。

そんな中で世間で言われている

儲かる仕事をランキング形式でベスト3を紹介したいと思います。

あなたも、もしかしたら、なれるかもしれませし、

転職する際や今後の将来を考える際に役立つかもしれませんね。

おそらくオモテの儲かる仕事ランキングは「そんなこと知ってたよ」と、誰もが知っているランキングでしょう。

しかし、オモテでは言われないウラの儲かる仕事ランキングも合わせて紹介しています。

儲かる仕事ランキングに共通したスキルとは?

そしてその儲かる仕事から、あなたがどんな能力を身につけたら、

収入が上がるのかも合わせてみてみてください。

サラリーマンの平均年収

まず儲かる仕事の前に、サラリーマンの平均年収が、どれくらいなのか。

コレを知らないことには始まりません。

2013年の国税庁の調査によると、サラリーマンの平均年収は414万円だそうです。

約420万円ですので、月々にすると、35万円ほどですね。

これは譜面での給料なので、これから税金などが引かれ、

手取りはもっと少なくなりますね。

参考記事:「年収200万円って少ない?上司の給料明細を見て驚愕した話。

またボーナスなどを総合してもらえる年収となるので、月々の月収はもう少し低く、ボーナスでどかんと入って来て、トータル年収が414万円何だと思います。

では、平均的なサラリーマンの年収が414万円だと分かった所で、次に儲かる仕事をしている職業の方がいくらもらっているのか記載して行きます。

儲かる仕事ベスト3

サラリーマンの平均年収が414万円と分かった所で、儲かる仕事ベスト3の仕事はどのぐらいのお給料をもらっているのか。

こちらを解説して行きたいと思います。

3位 大学教授

l_02

  • 平均年収:1,081万円
  • 平均月収:65万円
  • 平均時給:4,129円
  • 年間ボーナス等:298万円
  • 平均年齢:57.3歳

儲かる仕事の3位は大学教授になります。

儲かる仕事の1、2位とは異なり、命を扱うことは無くなりましたね。

小さいときからの積み重ねで、頭がいいと言えますが、

1、2位よりも責任感が少し、落ち着いた印象です。もちろん儲かる仕事というのは間違いないですが。

これならその他のランキングよりは、なれそうな気がしてきましたけど、

やはり自頭がよくないので難しそうです。笑

2位 医者

illust195

  • 平均年収:1,144万円
  • 平均月収:88万円
  • 平均時給:5,053円
  • 年間ボーナス等:96万円
  • 平均年齢:42.6歳

儲かる仕事の2位は医者です。

年収だけで言えば、こちらもサラリーマンよりも圧倒的に多いですが、

医者とは命を預かる仕事ですし、逆に命を奪う仕事でもありますよね。

パイロットと同様に特殊な技術や勉強を必要で、

医者になりたいという人は、幼少期から猛烈に勉強しています。

そんな小さいときから、頑張って来て、晴れて医者になれた訳ですから、

すばらしいですし、高給でもおかしなく、儲かる仕事としても納得ですよね。

儲かる仕事2位の医者は、幼少期はアホで勉強ができなかった私には、縁の無い職業でした。笑

1位 パイロット

lgi01a201405280900

  • 平均年収:1,152万円
  • 平均月収:90万円
  • 平均時給:5,643円
  • 年間ボーナス等:75万円
  • 平均年齢:43.3歳

儲かる仕事の1位はパイロットになります。

サラリーマンの平均からすると、約3倍ぐらいもらっていますね。

もちろんパイロットはたくさんの命を預かっている責任感の高い仕事ですし、

特殊な訓練を受けないとなれないので、このぐらいもらっていても全然高い感じはしないですね。

儲かる仕事1位のパイロットは裸眼で視力が良くないとなれないみたいなので、

裸眼で視力が0.1無い、私は遺伝子からなるのが難しそうです。笑

お金が儲かるってどういうことなのか。

儲かる仕事ランキングベスト3の大学教授、医者、パイロット。

ランキングの結果だけ見れば至極真っ当な結果だと思います。

幼少期から憧れを抱いている少年も多いだろうし、パイロットになるのが夢と抱く子供も多いでしょう。

このランキングからわかるのは、替えが聞かない仕事であればあるほど、年収ランキングは上がって行くということ。

また、医者やパイロットが平均年収がトップに来ていることから「命を扱う仕事」というのは、必然的に責任が重くなるので、報酬も高くなることが分かります。

例えばサラリーマンの方が少しミスをしてしまったとしても、上司に怒られるのが普通の対応です。

一方で、医者がミスをしてしまえば、それはイコール「患者の死」を表してしまうので、当然責任が大きくなります。

また、パイロットなんかでも、ミスをしてしまえば、飛行機に乗っている乗客はもちろん、墜落する町にも多大なる被害を生んでしまうので、これまた「怒られる程度」の責任では済みません。

ですから、「命に近い仕事」であり、なおかつ「替えの聞かない特殊な資格や能力」を持った人が、今現在のオモテ仕事では年収が高い、「儲かる仕事」にランクインしているんだと思います。

儲かる仕事に就く為には?

じゃあ、特殊な能力もなく、転職して医者やパイロットになれる力もない。

そんな場合は、儲かる仕事に就くことは出来ないのか。

そう落胆する方もいるかもしれませんが、実は儲かる仕事には「ウラ」のランキングが存在しています。

そして、ウラランキング1位の儲かる仕事であればいくつになっても、就くことが可能です。

では、ウラの儲かる仕事1位はなんなのか。

これを知る為にはまず、お金の成り立ちを知らなければいけません。

そもそもお金っていうのは、だれがその尺度を決めたのか。

お金の本来の価値を知れば、お金はカンタンに稼げる。」でも語りましたが、お金とは人間が、交換可能な通貨として作り上げたものがお金です。

動物がお金を欲しがるかって言えば、欲しがらないと思うし、現金1万円あげるよりも生の肉を揚げた方がライオンはうれしがるでしょう。

つまり、お金をもらって喜ぶのは人間だけだということ。

お金が大切じゃないなんてことをいうつもりは無く、よりお金をもらう仕事、儲かる仕事に就きたいと考えるなら、お金の成り立ちから知ることが大切。

その上で、人間世界で作り上げたお金を世の中で回すようにしたのが、金融だったり、経済だったり名前を変えて呼ばれているわけです。

すると当然、替えが効かない職業のひとたちは「希少種」であるので、他の人よりもより高価な対価をもらうことが出来る。ようするに儲かる仕事であるってことですね。

人間界が作り上げたお金という存在。

その中で出来る人間(仕事)が少ない、替えがきかない人間には、多くのお金を費やしてでもサービスを提供してもらいたい。

だからこそ、儲かる仕事ランキングは、どれも特殊な技術を持ち合わせた職業だったということです。

普通に考えれば、当たり前のことですが、お金の成り立ち、お金の回り方などを考えれば、ランキングベスト3以外の儲かる仕事が、他にもわかってくるかと思います。

儲かる仕事の職種をみるんじゃなくって、仕事の裏側(=供給が少ない仕事、出来る人が少ない仕事)をみることが、お金を稼げる仕事に就くために大切っていうことですね。

参考記事:「もしかして自分だけ?年収コンプレックスで婚活しない人の割合と理由とは?

儲かる仕事ランキング裏のベスト1位は?

おおやけに発表されている儲かる仕事ランキング1位のパイロット。

儲かるランキング2位の医者、3位の大学教授。

しかし、本当に儲かる仕事1位である裏のランキングは発表されていません。

このランキングはあくまで「雇われ」といった立場の仕事限定でのランキングです。

例えばですけど、芸能人の年収発表とかってテレビ番組がやっていますが、一発屋の芸人でも月収で1000万円を超えたなんてバラエティがやっていたりします。

もちろん芸人なので継続性や安定性はありませんが、月収1000万円を年収で換算すれば、年収は1億2000万円。

一発屋の若手芸人がこの月収ですから、大御所といわれている芸能人や大物アーティストなんかももっと多く稼いでいることでしょう。

世界のお金持ちランキングから見ると儲かる仕事が見えてくる

では裏の儲かる仕事ランキング1位は何なのか。

1位は起業家、経営者です。

いやいや。んなことない。

何を根拠に?

そう思う方もいるかもしれません。

では、世界で一番のお金持ちは?

そう聞かれれば、大半の人は「ビルゲイツ」と答えるでしょう。

そう。世界のお金持ちランキング1位は何年もずっとビルゲイツです。

じゃあそのビルゲイツは、どのような仕事をして儲けているのか。

それは誰しもが知るMicrosoftというパソコン関連の製品を販売している会社。

ある経営者が放った「成功する人に共通する点」が納得の一言」でも共通することですが、お金持ちランキング世界一の大富豪は起業家であり、経営者なんです。

また、フォーブスが発表しているお金持ちランキング2位はウォーレンバフェット。

ウォーレンバフェットは、幼少期からビジネスを始め、その稼いだお金を投資に回し、莫大な富を気付いた投資家。

彼との食事をする権利が2億円で即売されるほどの人物。

ウォーレンバフェットも投資家という一面を持っていますが、そもそもの軍資金は自分でビジネスをして稼いだ金であり、投資会社を持っているという面からみれば、超一流の経営者であり起業家です。

またお金持ちランキング3位はジェフベゾス。

ジェフベゾスは、日本でも有名なAmazonを立ち上げたれっきとした起業家。

いつでもどこでもなんでも、ネットで買い物が出来るAmazonを立ち上げた人物がランキング3位にランクインしています。

アマゾン川のように、大きくなんでも揃うことから、ショップ名の「Amazon」が来ていることは有名ですね。

参考記事:「やり過ぎ都市伝説で見た「Amazon,GO」は実はスゴい店だった。

世界のお金持ちランキングは

  1. ビルゲイツ
  2. ウォーレンバフェット
  3. ジェフベゾス

ということになります。

本当に儲かる仕事ランキング1位は経営者ということですね。

能力ではなく立場で給料は変わる

つまり、オモテの儲かる仕事と、ウラの儲かる仕事を見比べてみると、「雇われている」という状況では、限界がある事が分かります。

確かに、パイロットや医者、大学教授というのは素晴らしい仕事だと思います。

また、これらのオモテの稼げる仕事に就く為、幼少期から目指し勉学に励んでいた事でしょう。

ですから、平均で1000万円以上の年収を給料としてもらっていても、何ら変わりはありません。

ただ、「もっともらっても良いのでは?」と、思ったのが素直な感想です。

というのは、命に携わる仕事であり、かなりの責務が伴うベスト1、2の仕事。

(大学教授は命っていう部分では、1位2位には劣ると思いましたのでここでは除外)

このプレッシャーや責任と押しのけ、全うする仕事なのにも関わらず、よく観察してみると、「雇われ」という立場には変わりありません。

当然雇う側は、「利益」を追求しなくちゃいけないので、給料である人件費をなるべく安く押さえたいでしょうし、搾取するようにして、会社の利益にします。

「医者」や「パイロット」といった、特殊技術を持ち、努力を重ねて就職した結果でもこういった事が起こる訳ですから、普通のサラリーマンであればどれほど搾取されているかは分かりません。

ただ一方で会社の経営者というのは、当然失敗したらリスクは自分の元へ。

しかし、搾取されず、利益はそのまま自分の物になるので、1000万円というオモテの儲かる仕事1、2、3位を差し置いて、その何十倍も受け取っている事になります。

「雇われの身」

「雇う身」

コレだけの違いで、全く給料が変わってくる。ということが、この表と裏の儲かる仕事ランキングから分かる事だと思います。

今最も儲かりやすい仕事は?

ここまで見てみると。

本当の儲かる仕事、裏ランキングを見てもらったところで何か気付きません?

ビルゲイツ、ウォーレンバフェット、ジェフベゾス、この3人に共通したことがあるんです。

そしてこの3人に共通したことこそ、今最も儲けられる仕事です。

3人の共通点とは、IT産業ということです。

わかりやすいビルゲイツなんかは、彼のおかげでIT市場が膨大な市場になったともいえる会社です。

今までは一家に一台、いや学校に一台、いや会社に一台。

そんな風に扱われて来たパソコン。

しかしMicrosoftの登場のおかげで、今や1人1代パソコンを持つ様になりました。

情報化社会が訪れる際に、インフレとなる企業を作り上げた。

だから今IT時代の真っ只中のとき、ビルゲイツがお金持ちランキング1位にいる。

なんだか、的を得ている答えですね。

一方3位のジェフベゾスは、インターネットというインフラが整った現代で、そのインフラを利用して世界最大のショッピングモールを作り上げた。

それがAmazon。

IT産業の波に上手く乗っかった結果お金持ちランキング第3位に君臨しているわけです。

あれ?2位のウォーレンバフェットって投資家であって、IT産業じゃなくない?

そう思っている人も少なく無いと思います。

確かに投資家であるウォーレンバフェットはIT産業に直接的に関わっている感じはしません。

ただ、IT産業の株を持っていると考えたら?

関係ないとは言えませんよね。

ITの波を上手く利用した人物と言えるでしょう。

また最近では当たり前ですが、今では株をネットで簡単に買える時代になりました。

株式市場に参入する人物が増えれば、当然株の相対的価値は上がるので、彼の持ち株の値段も上昇します。

インターネットやIT産業とは直接的な関係はなくても、2次的な関わりを多く持っているのがお金持ちランキング2位の投資家、ウォーレンバフェットです。

参考記事:「パソコンの知識が全くないけど、ネットを使って副業で稼げる?

これからの時代の儲かる仕事にはインターネットが欠かせない

例えばあなたが「儲かる仕事ってなにかな〜?」と考え、新しく起業するとします。

そんなときに新聞屋さんになろう!と考えますか?

これは新聞屋になれる、なれないは抜きにして。

おそらく大半の人は「なんとなく辞める」と思います。

友人や知人なんかが「新聞屋やろうと思う」といったとしても、全力で止めると思います。

なぜか?

理由はわからなくても、何となく将来性が無いと思うから。

そう考えるでしょう。

もっと噛み砕いて言えば、ウェブメディアの台頭で紙媒体への意識は完全に無くなりました。

いま新聞を読んでいる若者がどれほどいるか。

おそらく大半の人が読んでいないでしょう。

新聞よりもアプリやネットの方がニュースの流れる速度は圧倒的に速いからです。

また今紙媒体の雑誌なんかは、販売部数では利益は取れなくなっています。

雑誌社がどうやって利益を出しているのかというと、雑誌に掲載する企業からの広告費として利益を上げている雑誌がほとんど。

つまり雑誌の存在意義は、ブランド価値を高めるためだけのもの。雑誌単体では全く意味を持ち合わせていないのが現状。

友人や知人がなんとなく「新聞屋はじめるわ」そう言ったとき、あなたが「なんとなく反対」したのは、なんとなくでも零細企業、零細市場だということを察知していたから。

将来の為に資格を取るのは自殺行為。これから時代必要になる必須科目とは!?」でも綴っていますが、資格も同じことで、今後コンピュータに仕事を奪われることを論文「未来の雇用」でも訴えています。

その反面、インターネットやITへのインフラが整った今、ITとの併合したビジネスがどんどん加速することでしょう。

いわばインターネットと掛け合わすことが儲かる仕事ランキングに入ってくるということです。

掛け合わせるものといえば自動運転へのクルマもそうだし、携帯電話とインターネットを合わせたスマホも大分普及しました。

また最近では家電製品とITの融合も多く製品化していて、ルンバなんかもその典型ですね。

買い忘れが無いように、冷蔵庫の中身をカメラに写してスマホで確認出来る冷蔵庫なんかも発売している様です。

クルマで代表的な日産ですが、CMで唱っている「技術の日産」

これはこれから来るIT×モノへの時代を読んだ先進性を訴えたCMです。

「日産が一番早くITへの融合を果たしたんだよ。」伝えるためのブランディングですね。

だからこそ、IT総本山のシリコンバレーへ技術チームを派遣しているのも日産ですし。

ようするにこれから儲かる仕事へのランキング上位に入るためには時代に上手く乗ることが必要で、情報革命の今、インターネットと上手く併合した仕事が一番儲かる仕事。

ということです。

だからこそ、副業なんかでもネットを使ったビジネスに取り組むのが一番効率が良いので、取り組む人が多い訳です。

ネットビジネスで副業7選。初心者が一番稼ぎやすいのはこれだ!」でも伝えていますが、大企業が副業解禁になったりしている昨今、ネットを使ってビジネスをするのは、大きなチャンスを秘めているんだと思いますね。

最後に

オモテの儲かる仕事ランキング

  1. パイロット
  2. 医者
  3. 大学教授

ウラの儲かる仕事ランキング1位

  1. 起業家、経営者

よく言われる儲かる仕事ランキングと、お金持ちランキング世界一から読み解く裏の儲かる仕事ランキングをお伝えしました。

冒頭で伝えた通り、お金とは人間が作り出した価値への物差しです。

お金とはひとが喜ぶところに集まる。そしてインターネットとは多くの人に拡散出来るシステム。

こう考えるとインターネットでのビジネスが、より儲かる仕事であることがわかりやすいと思います。

より多くの人にサービスをより早く提供出来るインターネットを使い、多くの人に喜んでもらった結果、お金が集まる。

まさに鬼と金棒。

だからこそインターネットやIT産業が、今一番儲かる仕事ランキング上位なんですね。

もちろん、そんな世界を変える大それた目標やビジネスを興すなんて目標が無かったとしても、インターネットは必須です。

そもそもネットって個人の力を最大に引き出すプラットフォームですから。

そしてネットビジネスに置いては、

そんな差なんて皆無で、中卒でも、ニートでも、

年収1000万円稼いでいる人も居ますし、

こんな人達がパイロットや医者などの儲かる仕事よりも、給料を多くもらい、

そんな人たちが大勢居るのが、このネットビジネスの世界です。

サラリーマンをやっていても、

儲ける事だったり、年収を上げる事は、上記の理由から難しいですよね。

そしてランキングに入った仕事に転職する事も出来ない。

そうなると、儲かる為には、自分で事を起こすしか方法はありません。

自分で自分の技術を上げるしか方法はありません。

もちろん最初から、自分で起業しようとする必要なんて全然なくて、

副業としてやっていくのが一番だと思います。

今の職場、職業、仕事では給料が上がらず、儲からないのであれば、

自分でキャッシュポイントを作るしかないのです。

では、何からネットビジネスを始めたら儲かるの?

という事ですが、一番結果が出やすいのが国内転売です。

店舗で安く仕入れて来て、ネットで高く売る。

これだけです。

これだけの簡単な仕事だからこそ、

ネットビジネス初心者でも一番早く儲かるジャンルなんです。

これを総じてせどりと言うのですが、

そちらに関しては、こちらの記事をご参照ください。

せどりとは?初心者が始めるべきジャンルはこれ。

あなたがパイロットになれないのであれば、

あなたが医者になれないのであれば、

あなたが大学教授になれないのであれば、

でも、給料を増やしたいのであれば、

自分を高める技術、仕事、つまりはキャッシュポイントを持つ、副業を始める事が儲かる為に一番最短の道なのかなと思います。

以上、オモテの儲かる仕事ランキングベスト3とウラの稼げる仕事ランキング3とは?

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする