アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!!

ほぼ知識0でスターウォーズep7/フォースの覚醒を見た結果


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

先日スターウォーズ、フォースの覚醒を見ました。

いやぁ〜〜。

めちゃくちゃ面白い。

スターウォーズといえばボクはエピソード3のシスの復讐をかなり前に見たのが最後で、その後全く見ておらず、記憶が曖昧でした。

「確かアナキンがダースベイダーになったんだよなぁ。」

ぐらいの知識。

だからほぼ無知識に近い状態でした。

うろ覚えのにわかの知識で、スターウォーズは「過去に向かって話が進んで行く」、的なスターウォーズのストーリーは大体把握していた物の、エピソード3以降かなり時が経っていたので、ぶっちゃけフォースの覚醒で出てくる登場人物も初対面に等しかったです。

(そもそも、初登場の人物が多いですが。)

それでもめちゃくちゃ面白い。

ビジネスでも、感受性がかなり大切で、その為に良質な作品には触れておくべき。

そんな事を聞いていたので、ことの発端はDVD屋へ足を運んだのがきっかけでした。



DVD屋でたまたまスターウォーズを見かけた

DVD屋でフラフラ歩いているときに、スターウォーズが目に入り、「久々に続編を見てみるか。」

ってな感じで、スターウォーズのフォースの覚醒を借りた訳でした。

簡単にあらすじを話すと、ルークスカイウォーカーの地図を巡って、悪の組織であるファーストオーダーと正義の組織であるレジスタンスが対決するというストーリー。

んで。

何が面白いって、ボクが思ったこの映画の面白さは、「展開の深み」でした。



フォースの覚醒の面白さは「○○の多さ」

例えば普通の映画の場合、大体の設定を説明する序盤。話が展開して行く中盤。大きな問題や敵と遭遇して戦い勝つ終盤。

こんなパターンが大半です。

イメージ的に、緩やか〜に進んで行って、山場を迎えて終わり。

みたいな。

でもスターウォーズは違って。

序盤や中盤は、大体同じなんですが、終盤にかけての展開の多さが桁違いです。

「よっしゃー!!レジスタンス勝ったー!!」

って思ったら、まだまだ山場があって。

その山場を超えて、「よし!コレで終わりだ!!」

なんて思っていたら、実はまだ展開が残っていて。

そして「最後の最後で勝つ」

そんな感じで展開がめちゃくちゃ多いんです。

最初にファーストオーダーからフィンが逃げ出すシーン。

その後、レイとフィンとBB-8が合流した後、追っ手から逃げるシーン。

んで、タコダナに行ったときに襲ってくるファーストオーダーからポー率いるレジスタンスが助けにくるシーン。

そこでレジスタンスが応戦するも、ヒロインであるレイが攫われてしまい、ファーストオーダー軍に助けに行く流れ。

そこでソロとレンの親子が相対して、親父であるソロをレンが殺すシーン。

ここで終わりかと思えば、ファーストオーダーのレンと逃げ出したフィンとレイとの対戦。

こんな感じで見ていて飽きないぐらい展開が多いし、ハラハラドキドキさせられるシーンが多い。

なんて言うんだろー。

1つの歌で行ったら、「Aメロ、Bメロ、サビ」これが普通だとしたら、

「Aメロ、Bメロ、小サビ、中サビ、大サビ、特大サビ」

こんな感じ。

「あれ?まだ終わらん!」

「まだこっちをドキドキさせる気!??」

って思ってしまうぐらい。w

ジェットコースターで例えると、「ゴトゴトゴト」と頂上まで上がって行って1回急行下するのが普通のジェットコースターだとして。

スターウォーズの場合、「ゴトゴトゴト」と頂上まで上がって行って1回急行下したあと、また知らぬ間に上がっていて急降下って言うのが、何度も何度も急降下が続くようなジェットコースターみたいな感じ。

だから、みていて飽きないし、ずっとドキドキしながら見れるので、久しぶりに最後まで「終わらないでほしい」そう思えた映画でした。



スターウォーズのストーリーには学ぶ所がいっぱい

んで展開の多さに深みを与えてくれるのが、スターウォーズのストーリー性です。

フォースの覚醒で、皆が探している「ルークスカイウォーカーへの地図」

そもそもルークスカイウォーカーは、ダースベイダーである、アナキンスカイウォーカーの息子だし。

そのアナキンが悪に染まって行くのがエピソード3でのシスの復讐なんかで描かれていたり。

そのアナキンはクワイガンジンとかオビワンケノービとかに育てられていて。

その姿は、エピソード1とかエピソード2とかに描かれている訳です。

めちゃくちゃ繋がってる。

そんなストーリー性の深みがあるからこそ、また違った楽しみが出来るし、展開の深みを生ませているのがこのスターウォーズでもありました。

久々に見たボクでも、「あぁ!!ルークスカイウォーカーって居たわ!」

ってな感じで、同窓会で旧友に合うような不思議な感動を覚えました。

ビジネスでは、「ストーリー」って言うのは必ず必要な付加価値です。

AppleのiPhoneがあれだけ売れたのは、「ジョブズ」って言う人間のストーリー。

そしてジョブズって言う人間のこだわりが感じられるからこそ、皆がジョブズに共感して、皆がiPhoneを手にした訳です。

ビジネスを学ぶ為にも、スターウォーズはぜひ一度見ておくと良いと思いますね。

良質な作品に触れる事は絶対に役に立つと思いますね。

終わりに

ちなみにボクは、もう一回エピソード1から全部見直そうと思います。

フォースの覚醒を見て、「全部見返した上でもう一回見たい!」そう思わせられました。

また楽しみが増えた!!w

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!!

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする