アマゾンランキング1位本を今だけ無料プレゼント!

日本三大鍾乳洞の龍泉洞へ観光したら、ジブリの世界が目の前に。


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

先日の「世界遺産の平泉に岩手旅行へ行ったら、そこはヤバい世界だった。」から翌日。

2日目の今日は、日本三大乳洞の1つ。

龍泉洞に行こうと思ってました。

どうやら盛岡の駅からバスが出ているらしく、先日とは違いレンタカーではなく、バスで向かうことに。

8時に起きホテルで朝食をとった後、9時頃にホテルを出て駅に向かう。

調べてみた結果、9時40分が一番早いバスのようで、少し余裕を持って出発。

そうして歩いてついた、盛岡駅西口のバス停で、ちょっと問題発生。

「バス停が多すぎて、どこが龍泉洞行きなのか分からん!!」

時刻表を見ても、龍泉洞とか、その場所の名前の岩泉とかが書いてない!!

あれ?間違えたかな?

なんて思っていて、バス停の係の人に聞いてみると、なんと「まん前」がその乗り場でした。

「恥ず!!」

少しの問題があった所で、無事にバス停が分かった所で、時間まで待ちます。

すると、続々と人が並んできている。

旅行バックを持った人や、外国人もいたことから、「やっぱ、このバス停で間違いないのか」

そう思っていた訳ですが、何やら皆「切符」らしき物を持っていたんです。

「え?切符を事前に買っとかないとダメなの?」

そう思い、いきなり焦りだして来たボク。

バス停の最前列に並んでいたけど、列を抜け出し、さっきの係の人に「龍泉洞に行くには切符を事前に買っとかないとダメなんですか?」

そう聞いてみると、「いえ。現金でも行けますが、切符を買って頂いても大丈夫ですよ。」

との解答が。

なんだ。大丈夫なんだ。

そう思ったのも束の間。

列を抜けてしまったので、また最後尾から並ばなければ行けない始末w

ただ、祝日という日だったのにも関わらず、そこまで混んでいなかったので、そのまま座ることが出来ました。

バスで2時間以上。いざ龍泉洞へ

バスの料金が片道2660円。

往復で5320円でした。

時間にして2時間以上、片道でかかります。

「岩手って大きいなぁ〜」としみじみ思いながら、バスに揺られながら龍泉洞へ向かっていました。

ここでちょっと驚いたことなんですが、ボクはてっきりこのバスは「龍泉洞まで行く専用バス」だと思っていたんです。

でも、普通のバスと同じく、一番前に料金表が掲載されている。

「下りる方はボタンを押してください」

っていう、市営バスにあるボタンもある。

なんでだろう?と思っていたら、普通に乗客が乗ってくるんです。

どうやら、龍泉洞に行く専用のバスってことじゃなくって、住民も運ぶ普通のバスが、龍泉洞まで行くバスだったんですね。

「なるほど〜」

なんて思いながら、大自然を横目に、バスにずっと揺られること2時間ちょっと。

ドン!!

到着しました。

一応ついた瞬間に帰りのバスを確認して、16時が最終とのことだったので、ゆっくり過ごせる時間がありました。

(バスで来たので、最終バスを乗り過ごすと、帰れない始末になるのでw)

バス停からすぐ橋が出来ていて、もうコレでもかってぐらいキレイな川がお出迎え。

どうやら龍泉洞は恋人の聖地らしくって、龍泉洞のマスコットキャラ?の龍がハートを作ってました。

至る所に龍の姿が。

龍泉洞入り口で、その雰囲気を満喫しつつ、いざ龍泉洞内へ。

日本三大乳洞:龍泉洞の中とは

まず中へ歩いて行くと、すぐさまこの光景。

こんな感じの道を歩いて行きます。

すると、この水の透明さ。

もうね。なんでカメラを買ってなかったんだってぐらい、めちゃくちゃキレイ。

マジで下までスケスケな位見える。

ボクのイメージでは鍾乳洞は、溜まった池みたいなイメージでしたが、意外に濁流が激しい場所も。

かと思いきや、流れが全くなく、透き通りまくったこの透明な場所も。

鍾乳洞の上の部分も、石灰が溶け出していて、キレイな彫刻みたいな感じになってます。

それでもドンドン進んで行きます。

ただココで異常事態発生。

6月にこの龍泉洞に行った訳ですが、外の気温は26度を超える気温。

暑かったので、半袖で行ったんですが、鍾乳洞の中は、これでもかってぐらい寒い。

水も滴り落ちてくるし、すきま風がふくしで、めちゃくちゃ鍾乳洞内は寒いっすww

入り口で上着を借りられるそうなんですが、調子に乗って借りなかったことをここら辺で後悔しはじめます。

肌寒さを我慢し、こんな感じの岩肌を抜けながら進んで行くと、、

この画像はiPhoneで撮った写真なので、画質は汚いですが、実物はマジでキレイ。

この1000倍ぐらい!!

どうやら水深が100mを超える所もあるようで、100mも深い場所でも、下までくっきり見えます。

逆に見えすぎるせいで「落ちたらどうしよ。」見たいな恐怖感が襲うw

さらにiPhoneで撮ってると、「スマホ落としたらどうしよ。。」みたいな別の恐怖心も襲うw

この龍泉洞に行く場合は、マジでキレイな写真が撮れるカメラと、首から吊るせるストラップみたいなのがあった方がいいですね。

このキレイな鍾乳洞を見ていると、現れたのが階段。

これは結構上りきった所ですが、マジで急!!

頭上ギリギリの所もあったり。

また、水が滴り落ちているので、結構滑る怖さも。

上るときは気をつけた方がいいですね。

でも、上って行くと見えてくる景色が、、、

コレ!!

もうめっちゃキレイ!!

って言いたい所なんですが、ココで裏話。

この龍泉洞に入り初めて気付いたんですが、ボクは暗所、閉所、高所恐怖症。

恐怖症のトリプルパンチです。

んで、龍泉洞という鍾乳洞は、当然暗い。

で、かなり急な階段を上って行きます。

その階段も結構狭かったりするし、頂上はかなり高い。

上って行くときは、マジで怖かったです。

変なアトラクションより全然ホラー!!

そうやって上りきって、ビビりまくりながら撮った写真が上の写真。

マジで怖かったですww

龍泉洞裏話でした。

そんな裏話がありながら、鍾乳洞内を下って行くと見えてくるのが、コレ。

守り獅子。

まさしく自然の芸術。

獅子にしか見えない。

守りの獅子を後にすると、こんなものが。

どうやら、洞穴ビーナスなる恥ずかしがり屋な女神がいるそうです。

それがこの中。

どこに居ると思います?

ボクはこの洞穴ビーナスを探すのに、小一時間ココに居ました。

(全然みつからんww)

この洞穴ビーナスを探しているときに気付いたんですが、どこにも答えが乗っていません。

「答え合わせできねぇw!」なんて思ったので、自分の中で「コレだ!」という答えを勝手に決めて、出口に向かいました。

こんな感じの道を進みます。

こうしてようやく出口が見えて来ました。

鍾乳洞から出ると、まぶしいぐらい明るい!

マジでこの龍泉洞は、「暗所、高所、閉所恐怖症」にボクにとって、ある意味ハラハラドキドキの場所でした。

でも、それを乗り切ったときに見える、鍾乳洞内部や溜め池っていうのは、めちゃくちゃ神秘的な物でした。

マジでキレイ。

最高な場所でした。

(ただ上着は借りた方が良いっすw)

ただ、生きたコウモリが住んでいるってことが、もう一つの龍泉洞の売りだったそうなんですが、このときは特に見ることが出来ませんでしたね。

時期にもよるのかな?

鍾乳洞から出た後は、ソフトクリーム。

確か恋人ソフトって名前だったと思います。(違ったっけな?w)

龍泉洞から出た後に必ず寄りたい2つの場所

無事に龍泉洞を観光出来た訳ですが、16時までのバスまで時間がある。

「どうしようかな〜」

なんて思っていたんですが、案外早く時間が過ぎて行きました。

って言うのは、2つのおすすめスポットが龍泉洞の近くにあるから、すぐに時間が過ぎたんですね。

それが、温泉と龍泉新洞。

龍泉新洞は、龍泉洞の入り口と真向かいの場所にあって、龍泉洞のチケットを買うと、同じチケットで入ることが出来ます。

まぁ、流石に龍泉洞よりはスケールは落ちますが、行っておいても面白い場所かと。

写真を撮ることが出来ない場所だったので、龍泉新洞の出口をパシャリ。

でももう一つ。

龍泉洞を出た後によっておきたいオススメのスポットは、龍泉洞温泉ホテル。

(逆光がすげぇww)

龍泉洞から徒歩10分ぐらいでつく、この龍泉洞温泉ホテルでは、日帰り温泉が入れるそう。

川を横手に、ゆったりとした坂道を下って行くと、

すぐ到着。

看板も出てるんでかなり分かりやすいです。

龍泉洞温泉ホテル内には、こんな立派な中庭が。

金魚が泳いでます。

(手前の金魚めっちゃデカくない??ってことで撮りましたw)

この龍泉洞温泉ホテルで、日帰り温泉を楽しみます。

(確か500円ぐらいだったかな?)

更に龍泉洞温泉ホテルで楽しめるポイントは、スチームサウナがついているということ。

サウナに温泉に、色々と満喫した後に、待っていたのがこれ。

この龍泉洞温泉ホテルで食べられる日替わり定職。

(その他色々メニューがありました。この日はトンカツの日替わり定食でした。)

この定食も650円ぐらいなので、マジで格安。

ただ、料理のラストオーダーが確か14:30だったので、なるべく早くにいっておきたいですね。

龍泉新洞と温泉ホテルを満喫していると、もうとっくにバスの時間に。

また、2時間ほど揺られて盛岡に戻ります。

(帰りのバス内は爆睡でした。)

ホテルに戻った後、夕食はもちろんボクの大好きなラーメン。

肉そば。

家系が好きなボクにとっても申し分ないぐらい、ギュッと濃縮したスープ。

マジで上手かったです。

この後直ぐにホテルに戻り、就寝し2日目を終了しました。

終わりに

閉所、暗所、高所恐怖症がないのであれば、ぜひとも行っておきたい場所が龍泉洞ですね。

ボクは恐怖症トリプルパンチだった訳ですが、それでも乗り越えたときに見える鍾乳洞は絶景でした。

(そもそもそんな困難な道のりではないww)

マジで、カメラを買わないとなって思った出来事ですね。

このiPhoneの写真の数倍はキレイです。

(やっぱ写真で見るのと、生で見るのとでは違いますね。)

ともかく岩手に行ったなら、片道2時間かけてでも、龍泉洞はオススメ出来るスポットでした。神秘的です。

→3日目最終日「【岩手旅行】藤七温泉に行くなら絶対に外せないオススメスポット

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする