12時間労働のブラック企業から解放された3つの方法とは?


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

ボクがサラリーマンだったとき。

12時間労働が当たり前だった。

12時間の間、労働を強いられていると、残りの半分が自分の好きな時間に当てられる。

もちろん寝なければ死んでしまうので、8時間寝たと仮定すると、自分の好きに使える時間は残り4時間だ。

その4時間には、お風呂や夜ご飯の時間は含まれていないので、寝支度などを含めれば、自由に使える時間なんて残り2時間程度な物だろう。

サラリーマンだったときは走り回っていて気づかなかったけれど、「なんて自分の時間が少ないのだろう」と今になって思う。

そのぐらい圧倒的な時間を「労働」という物に費やす。

仮にその膨大な時間を費やしている「労働」という物が、この上ないほど楽しければ、言うことなんてないのだろう。

でもボクが仕事をしていた内容は、決して大好きと言えるような仕事ではなかった。

名前じゃなく番号で呼ばれたサラリーマン時代

ある工場での仕分け仕事では、ビブスを着せられるのだが、そのビブスの番号でしか呼ばれない職場もあった。

名前で呼ばれずに「5番!こっちこい!」と呼ばれ、ヒトでは無くモノのように扱われた。

仲の良かった60歳も過ぎたアルバイトの人が、20歳そこそこの社員に頭を叩かれているのを見て、ボクは若い上司を死ぬほど恨んだ。

「お前はそこまで偉いんか?」と。

そんな時から、ずっと労働という地獄から解放されることをずっと願っていた。

でも多くの人は解放されることを願うばかりで、実際には「出来ない」と思い込んでしまう。

ただ今だから言えるのは、労働から解放されるのは、別に難しいことじゃなかったと思う。

労働に縛られ続ける1つの原因

そもそも労働から解放されない、最も大きな原因は「会社以外のキャッシュフロー」が無いことが一番の原因だ。

仮に会社以外から、「会社からの給料と同額が毎月必ず振込まれる」ことがあるとする。
すると、別に会社に頼らなくても、いいわけで、雇われることが必要なくなる。

サラリーマンとして、月20万円の給料でやりくりしているのなら、会社以外の場所から月20万円のキャッシュフローを作ることが出来れば、それだけで生きていけることになる。

つまり労働から解放されるには、会社以外からのキャッシュフローをいかに作れるか。
これが具体的な労働から解放される方法だ。

そしてインターネットが発達した今なら、個人がキャッシュフローを作るのは、そこまで難しいことじゃない。

知り合いのとある主婦なんかは、育児の傍らブログを立ち上げて、アクセスから広告費を稼いでいる人も知り合いでいるし、趣味の手芸で、ネットショップを作り、お小遣いとは言えないレベルの報酬を稼いでいる人もいる。

また、テレビでやっていた話で、海で拾って来たキレイなガラスを、装飾してアクセサリーを作り、アプリで売るという方法で、月に100万円の月商を上げている主婦の方もいる。

この様に、実際に個人が会社という組織に属していなくても、お金を稼ぐことは、遥かにカンタンな時代だ。

また、「会社に属して、給料をもらう」という給料形態も今後はどんどん少なくなって行くでしょう。

個人の家を貸し出しする、airbnbや、個人タクシーを利用するサービスもドンドン普及している。

これは個人の力がインターネットを利用することによって肥大化出来るようになった恩恵であり、会社に頼らずとも生きていけることの1つの証拠なんだと思う。

だれでも出来るカンタンにキャッシュフローを作る方法

労働から解放されるには、会社以外からのキャッシュフローを作ればいいというのは理解できた。

ただ、会社以外から報酬がもらえるのか、まだピンと来ていない人もいると思う。

そんな人は、家の不要品でも売ってみるといいと思う。

ヤフオクやメルカリ、アマゾンなんかでは、個人で出品することをドシドシ募集しているし、全国の人がネットで繋がっているので、本当に色んな物がやり取りされている。

また、自分の価値観から「こんな物が高く売れるの?」という物も平気で高額で売れたりする。

おそらく、個人で始めるビジネスとして一番簡単なのが、この不要品を売ってみるというところだと思う。

家のいらない物を売ればいいのだから、特段にスキルはいらないし、実際に売れてみれば「会社以外からのキャッシュフロー」を作るという感覚が、肌で体験できると思う。

なんせボクもこの不要品を売ってみるところから始めて、会社以外のキャッシュフローを作り出してきた。

実際にどんな物を売って来たのか?そしてネットで高く売れるものの特徴は?ということは、今無料でプレゼントしている「僕の辞書から就職が消えた日」という書籍に、全て書かせてもらいました。

この本には「変哲も無いガラクタが5万円以上で売れた商品」や、どうやってそんなものを見つけたのか?

そう言ったことまで細かく描いて、Amazonランキング1位を獲得した書籍でした。

気になる方は、ぜひこちらから覗いてみてください。

そんな「僕の辞書から就職が消えた日」を読んだ読者からの感想を頂いているので、紹介しておきます。

ーーー

■副業でのお悩み

ストックフォトは長い目で見れば一応資産にはなるが、利益率が低く、すぐにはまとまった収入にならないので、すぐにまとまった収入へと結びつくものに挑戦したい。そして、そこから経済的にも精神的にも自由な生活ができるように広げていきたい。

■「僕の辞書から就職が消えた日」を見た感想

思わず感情移入してしまい、ちゃんこまさんが大変な思いをされている時にはとても胸が苦しく、ちゃんこまさんが過酷な労働環境から解放されていく時には、心が解き放たれていく自由な気分を味わいました。

そして、この本を通して「せどり」という言葉を知り、音楽や映画デジタル配信時代に、CDやDVDがまだ高値で売れるのだ、ということに驚きました。

私は商売に関しては本当にど素人ですが、ちゃんこまさんのシンプルな考え方や方法は、私にも理解することができました。

この本から、これからためらわずに挑戦していく為の勇気をもらいました。

貴重な体験本を無料で提供していただき、どうもありがとうございました。

ーーー

また書籍のプレゼントは1冊だけではなく、通常価格1500円の書籍もプレゼントしています。その2冊目の感想も頂いていますので紹介しておきます。

ーーー

■「会社に雇われず自由に生きるたった一つの方法」を読んだ感想

ちゃんこまさんが具体的に何をいくらで買い付けて売ったのか、いくつか例が写真付きであり、とても信憑性があり大変参考になりました。

これまで読んでいた話に、裏付けとなる証拠を目の前に示された感じでした。

また、何が高値で売れるのか、に関する知識に投資をしていると初めて聞き、他のネット起業家と同じように、やはりちゃんこまさんも知識に投資をされているんだな、と当たり前のことですが、納得しました。

経済的にも精神的にも豊かな生活を目指している私にとって、ちゃんこまさんのお話はとても有難く、無料で提供していただき、本当に感謝です。

近い将来、お会いできる機会があれば嬉しいです♪

その時には、私もちゃんこまさんのようなライフスタイルを送っていたいな。

ーーー

1日24時間の中で、大半の時間を捧げる労働。

仮に12時間という労働に使っていた時間から解放されて、ぽっかり12時間空いたとしたら何をしたいですか?

会社以外のキャッシュフローを作りたい方は、今だけボクが2ヶ月でブラック会社から解放された方法をこの書籍で全て語っているので、上のリンクから受け取ってみてください。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする