無料ブログサービスによって検索されやすさに影響ってあるの?オススメは?


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

先日初心者の方から「無料ブログサービスっていろいろありますが、どれがいいのでしょうか?また、楽天、シーサー、アメブロ、ライブドア、fc2など無料ブログでどれがおすすめでしょうか?」

というような質問を受けました。

要するに、無料ブログサービスによって検索エンジンにはどういう影響があるのか?ってことですよね。

そこからお勧めが聞きたいということなんだと思います。

でもこれって結構難しい話で。

それぞれの無料ブログで、「検索エンジンにいい無料ブログは?」と検証することって、ほぼほぼ不可能話なんですよね。

   

検索エンジンに強い無料ブログサービスとは?

これがなぜほぼほぼ不可能か?って話なんですが、それを紐解いていくと「検索エンジンに強い無料ブログサービスとは?」っていう確信が見えてくるので説明しますね。

なぜほぼほぼ不可能か?っていうと、テスト検証する際に用いられるのが、インターネットの場合、主にABテストって言われるものです。

このABテストがどういうものかっていうと、検証したいポイントだけずらして、あとは全く同じ状態で検証して、ABのどちらの方が優れていたのか?を弾き出すテスト方法がABテストです。

この検索エンジンに強い無料ブログサービスは?って調べる場合は、「全く同じ記事」を「無料ブログ別」に投稿することによって、「実際の検索エンジンで何番目に表示されるか?」っていうことを検証することができる。

ただ、ここで弊害となるのが、全く同じ記事を無料ブログ別に投稿していくと、必ず「同じ状態を保つ」ということができなくなります。

というのも、最初に楽天ブログに「A」という記事を投稿して、FC2に同じ「A」という記事を投稿した場合、「同一コンテンツ」がFC2に記載されたことになります。

すると、グーグルは「コピーコンテンツ」と見なすようになるため、FCで開設したブログに悪影響が出始めます。

こうなると、ABテストで重要な「同じ状態」を保てなくなるので、2番目以降に投稿した記事が上がることはなくなってしまうため、ABテストの検証ができなくなるわけです。

これが、無料ブログサービスの優位性を決めるのは、ほぼほぼ不可能っていった大きな理由。

簡単にまとめると、ABテストの健全性を保とうとすると、グーグルのペナルティをくらい、グーグルのペナルティを避けると、ABテストの健全性が保てない。

という風になるということです。

副業から月収100万円を超え独立した軌跡を全て記した1冊を今だけ無料でプレゼントしています。興味があればどうぞ。      

無料ブログサービスの方が検索エンジンにインデックスされるのが早い?

また、よく言われることが無料ブログサービスの方が検索エンジンにインデックされるのが早い。ということが言われたりします。

これは、無料ブログサービスの性質に由来していて。

どういうことかというと、無料ブログの場合、ドメインを楽天やアメブロ、シーサーといった会社から借りてブログ運営を行うので、「ameblo.jp/〇〇」や「rakuten.co.jp/〇〇」といったブログドメインになります。

当然、「アメブロ」や「楽天」といったサイトは、すでに強いドメイン力を持っている。

その強いドメイン力を借りて、ブログを始めることができるので、「ある程度ドメイン力のある状態からのスタート」ができるため、検索エンジンに表示されるために必要なインデックスが早いという風に言われたりします。

ただ、これもボク的には微妙だと思っていて、アメブロや楽天、シーサーといった無料ブログを作ったことが過去にありますが、「検索エンジンにて表示されるのが早いか?」と感じたことは一切ありません。

【えっ?234倍!?】無料ブログのアクセス解析はほとんど詐欺レベル。

この記事にも書いてますが、そもそも無料ブログ内にあるアクセス解析がほぼほぼ詐欺レベルにカサ増しされているため、普通の人であればどこから検索流入してきたか判断できないレベルです。

でも実際には、より具体性の高い、アナリティクスを入れて解析したところ、ほぼほぼアクセスはなかったので、「検索エンジンにて表示されるのが早い」というわけではないというのが、ボク個人の感想。

【1000円→無料】開始2ヶ月で副業が本業を超えた禁断の道のりを全てこの1冊に。↓    

無料ブログサービスの記事で検索上位記事を見たことあるか?

んでまた、これも1つの無料ブログを決めていく際の指標になることですが、なんでもいいです。

「ビッグキーワード」と呼ばれる検索キーワードをグーグルなり、ヤフーなりで検索して調べて見てください。

そこに表示される記事内で、urlがチェックできるわけですが、ボクが調べたところ、ほぼほぼビッグキーワードの検索上位に上がってきている記事で、「無料ブログ」というものを見たことがありません。

それは、どの無料ブログサービスでも同様です。

このことからわかるのは、「無料サービスで作ったブログ」で、ビッグキーワードを攻略しているブログはほぼ皆無だということ。

(もちろん独自ドメインを取得して、サービスだけ受注するパターンであれば上位表示されているものもありますが。)

また、1つブログのアクセス上位を狙うためのノウハウとして、「もし仮に無料ブログが検索の上の方あればそのキーワードを狙え。というのは無料ブログは抜きやすいため、そういった検索キーワードを狙う」という風にノウハウが語られることがあったりします。

こういったことからも、検索エンジン的に強い影響というのは、ブログサービス的にさほど関係ないということが言えるんじゃないかなと思います。

側だけにとらわれるな!

ここまでで、冒頭部分でお話しした「検索エンジンに強い無料ブログサービスとは?」というところが少しづつ見てきたと思います。

もちろん検索エンジンに影響される要素として、内部のことまでも影響されると言われているので、ブログ自体がどういう構築なのか?とか。

内部seoはどうなっているのか?とかも最低限重要なことだとは思います。

だから、無料ブログサービスの会社をどこにしようか?みたいな質問が上がってくることも、まあわからなくはない。

だけど、先ほどからの解説にもあった通り、「完璧な検証」はほぼ不可能な話であって、そして無料ブログサービス自体にさほど大差がないことがわかれば、(もしあったとしてもそれを自分で改善することはできないし)あとやるべきことってたった1つなんですよね。

それというのが「記事」

もうブログって、ここだけです。

ここだけで全ての判断がなされるし、この記事だけが唯一ボクらが執筆編集改善することができるポイント。

だからこそ、一番力を入れなくちゃいけないのは、無料ブログサービスの会社をどこにしようか?とかは5の次6の次ぐらいの話で、一番大切なのは記事なんだと思います。

そして、「そこまでサービスごとによって大差はない」ということは、裏を返すと「グーグルは良質な記事であれば、どのブログでも見てくれている」

ということを意味します。

ボクが無料ブログで作った記事が上位表示されなかったのも、全くいい記事ではなかったのかもしれないし。(実際にコンテンツ的にはかなりレベルの低いものでした)

要するまとめると、グーグルの意向や顔色を伺うより、自分にできること=良質な記事を書くこと。

ここに注力することが、一番てっとり早いと思いますね。

終わりに

なので、一番最初に紹介した質問。

無料ブログサービスっていろいろありますが、どれがいいのでしょうか?また、楽天、シーサー、アメブロ、ライブドア、fc2など無料ブログでどれがおすすめでしょうか?」

こちらにアンサーしていくとしたら、「どこでもいいかと思います。もし仮に今後長く付き合っていくと考えたら、ワードプレスが一番いいじゃないでしょうか。」

と答えるでしょうね。

ぜひ頑張ってください。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超え、その後月収100万円を独立したノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の副業ノウハウ本のプレゼント付き


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする