今からブログを始めるならどのジャンル(テーマ)で作るべき?


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

「これからブログを作っていこうと思うのですが、どういったブログのテーマにすればいいのかわかりません。自分の好きなことをテーマにしブログを構築していこうと考えてはいるのですが、好きなことがお金につながるかも今はまだわかりません。こういった場合、ブログのジャンルやテーマはどう言う基準で考えていけばいいのでしょうか。」

こんな質問をいただきました。

まあ、ブログをやっている人から「テーマの選び方」って聞くと、ワードプレスのテーマを連想しがちですが、今回のは違ったテーマですね。

要するにブログのジャンルってことだと思います。

このブログのジャンルを決めていく場合、確かに後々までつながる方向性で、この先ずっと付き合っていくものになります。

だからこそ、あんま失敗したくはないですよね。

んで。

途中で自分が飽きちゃうようなテーマやジャンルも選びたくない。

その気持ちは結構わかりますw

じゃあどうしたらいいのか?って言うことですが、僕が考えるジャンルやテーマの選定方法は、2種類あって「ゴールから逆算するか」「入り口から突っ切るか」

この種類だと思っています。

そこから決めたらいいんじゃないかな。

ゴールから逆算する

このゴールから逆算するって言うのは、いわゆる王道の方法ですね。

どう言うことかと言うと、ブログのジャンルやテーマを決めるときに、「儲かりそうか、もうからなさそうか」

ここから決めるってことです。

例えば、ブログのジャンル的にコンプレックス系と呼ばれるものは、よく儲かりやすいなんて言われます。

それは悩んでいる人の多さや、悩みの深さなどから、「購入までの距離」が非常に近いからと言われています。

脇の匂いが臭ければ、すぐに治したいと思うだろうし。

薄毛で部下から笑われているのであれば、一目散に隠したい。

そしてそれを公に伝えることはできないので、インターネットというパーソナルな空間で情報を調べたくなるため、購入までの距離が近いってことです。

なので、コンプレックス系がよく「儲かりやすい」なんて言われているブログのいちテーマだったりするわけですね。

商品からブログテーマを考えるのもあり

当然こういったコンプレックス系の商品というゴールから逆算して考えてみると、悩んでいる人が多いため、アフィリエイト商品なんかも充実しています。

また、悩みが深ければ深いほど、より値段が高かったとしても売れていってくれるため、アフィリエイト単価も良かったりするので、一般的には「儲かりやすい」と言われる所以ですね。

テーマやジャンルがまだ定まっていない。

そんな場合は、このゴールから逆算して、「その商品が売れるためには?」という視点からブログのテーマやジャンルを絞っていくと、決めやすくなるかも知んないですね。

そのために、aspなんかに登録しておけば、商品というゴールが見えて来るので、aspに登録して商品から決めていくといいんじゃないかなと思います。

参考記事:「ASPとは?ASPって何?意味や登録方法など徹底解説!

入り口から突っ切る

この入り口から突っ切るという方法ですが、先ほどのゴールから逆算するっていうのが、いわゆる「商品」から儲かるかどうか、を基準に考えていたのに対し、こちらの一口から突っ切るというのは、「好きなこと」ということを基準にブログのテーマやジャンルを絞っていく方法です。

いわゆる「好きなことで生きていく」

っていうようなyoutuberのキャッチコピーを体現したテーマやジャンル選定法ということ。

電子機器が好きなのなら、スマホやタブレット、pcなど。

これらの使用感をレビューしていったらいいし。

ゴルフが好きなのなら、ゴルフのことをブログに載せていったらいい。

これが「儲かるかどうか」を考える必要は一切なくって、好きなことを貫いていくのが、こっちの入り口から突っ切る、というパターンです。

好きなことで記事を書いた方がストレスフリー

先ほどとの違いは、ゴールから逆算するっていうのは、いわゆる「ゴールである商品」にポイントが当たっていました。

どちらかというと、この入り口から突っ切る、というのは商品ではなく、「ブログ」に焦点が当たっています。

前者が、商品を売るために記事を書いていくのに対して、後者は記事を書いていくことが楽しくて、結果的に商品が売れている。みたいな。

だから、こっちの方が好きなことをテーマやジャンルにしているため、記事にしていくときにストレスフリーな気がします。

好きなことがない人はどうすればいい?

んでね。

今回の質問でもあったように、「好きなことがありません」っていう人っているんですけど、絶対そんなことない。

それって結局、社会の荒波や世間の常識、ルールみたいなのと触れ合っていったときに、隠さざるを得なくなっていったものなんですよね。

だから、「好きなことがない」ということじゃなくて、「好きなことを忘れてしまった」だけにすぎません。

ほぼ90%がこのパターンです。

だって。

小学校の時は、ゲームやらカードやら。漫画やらにはまっていたでしょうし、外に出かけて泥まみれになって帰ってきたでしょう。

そうやって、時間も忘れるぐらい熱中して遊んでいたわけですから、何かしらで「好きだった」というものは誰しもにあるはずなんですよね。

でも、ことブログのテーマということになると、「それって結局稼げないだろう」とか。

「それを更新しても誰も気にしていない」なんて思って、好きなことをブログのジャンルにすることへ、ブレーキをかけてしまっている。

要は「隠している」ってことなんですよね。

マネタイズできないブログのジャンルはない

でも間違い無いのは、どんなジャンルやテーマであったとしても、マネタイズできないジャンルってありません。

今あげた「ゲームや漫画」でさえ、全然美味しいジャンルですし、報酬のいいアフィリエイト商品も数え切れないぐらいあります。

また、もし最悪商品としてアフィリエイトできるものがなかったとしても、アクセスさえあればグーグルアドセンスといったマネタイズもできるため、「なによりアクセス」を集めることが、一番大切。

そのアクセスを呼び込むために、「記事更新」をしていくことが大事なのであって、その記事更新をする際に、楽しく無いことを更新していこうとは思えませんよね。

だから、「入り口から突っ切る」という方法で、ブログのテーマやジャンルを決めていって全然構わないってことです。

それがお金になる、お金にならない、なんて今はまだ考える必要はなくって。

そしてアクセスさえ集まってしまえば、それって必ずお金に変わっていく種なので。

より「好きなこと重視」ということであれば、入り口から突っ切るという方法で、ジャンルやテーマを決めていってもらえればなと思いますね。

終わりに

んで。

今お伝えしてきたのは、これから始める方のためのブログのジャンル選定方だったわけですが、今もうすでに始めていて、でも方向性がわからなくなっている、って方もいるかと思うんです。

そういうケースの場合は、抽象度をあげちゃっていいんじゃ無いかなって思いますね。

その抽象度っていうのは、ゴールから逆算するという方法で、稼ぐためにコンプレックス系のテーマをブログに選び、ニキビとかを専門的に扱ったブログを作っているとして。

そこから「もっと好きなことを更新したい!」っていう欲求が湧いたのなら、そのニキビブログの抽象度をあげてしまって、「ニキビ→健康」っていう形でブログの情報発信レベルをあげていけば、伝えられる情報の幅が広がります。

そうして好きなことを書く記事を書けるような方向性を考えていくことでもいいと思いますし、または新しくブログを立ち上げるっていう方法でもいいかと思います。

テーマやジャンルの方向性を見誤ると、その後って自信を持って活動できなくなるんで、方向性がわからなくなった時はいつでも聞いて欲しいなと思いますね。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超え、その後月収100万円を独立したノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の副業ノウハウ本のプレゼント付き


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする