ブラインドタッチを覚えても、一銭にもならないよ


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

この間、読者の方から「タイピングが遅いです」

というような質問を頂きました。

タイピングが早くなるには、いわゆるブラインドタッチ(今ではタッチタイピングかな?)を練習するのが一番効率がよくって、ブラインドタッチを練習する為のソフトだったりツールだったりはよくあります。

仮にタイピングが早くなりたい。ということがゴールなのであれば、寿司打なりイータイピングなりで、練習してみてください。

でもボクが思うのは、タイピングが早くなったところで、ブラインドタッチが出来たからって一銭にもなりません。

あなたはタイピングを早くしたいのがゴールなのか、それともインターネットを使ってビジネスをしたいのか。

この2つを見極めた方が良いですね。

   

ブラインドタッチを3日で出来るようになった方法

とは言っても、一応ボクはブラインドタッチを始めて3日目には、出来るようになっていました。

これは特段指先が器用だったとか、そもそもタイピングが早かったとか、そう言ったことは無く、自分のパソコンさえ持っていない状態からスタートして3日目にブラインドタッチが出来るようになりました。

ブラインドタッチが出来るようになったところで、「ビジネスをして稼ぐ」というところには繋がらないんだけど、一応どうやってタイピングを早くして行ったのか、お伝えしようと思います。

ホームポジションからボタンの配置を覚える

まずボクはそもそもパソコンのボタンの配置場所さえ分かりませんでした。

人差し指をホームポジションに置いたら、何のアルファベットが来るのかさえ知りませんでした。

そんなときに、今は覚えていないんですけど、ネット上にあったゲームで「タイピング練習」見たいなゲームをしたんですよね。

そのゲームでまずはボタン配置を覚えましたね。

このときはまだ練習段階なので、ゆっくりで良いです。

別に早く打つことが目的じゃなくって、手元を見ずにタイピングすることが目的なので、ゆっくりでも正確に打てるように練習しましょう。

数字、記号を抜いたアルファベットでブラインドタッチ

ホームポジションから、ブラインドタッチがある程度出来るようになったら、次に身体にタイピングを覚え込ませてください。

これはあくまでボクの取り組み方でしたが、数字や記号はタイピングしませんでした。

なんでかって言うと、数字や記号は指先の端だったり、少し遠目の場所にあったりするので、覚えるのが難しいし、戸惑っちゃうんですよね。

なんで、押しやすい&使い頻度が高い、アルファベットだけを練習しました。

この時やっていたのは、ひたすらに寿司打ですね。

練習モードでスコアとかは見なくて良いので、流れてくる皿を取りこぼさないように、ブラインドタッチを練習すると良いと思います。

大体この時点で2日ぐらいでしたね。

アルファベットが打てるようになったら、数字や記号など細かい配置を覚える

アルファベットが大体打ち慣れて来て、ブラインドタッチに慣れて来たら、次は細かい配置の場所まで手を出して行きましょ。

数字だったり、記号だったり。

後はshiftを押しながら、タイピングしたり。

これの最後の作業は、最後のヤスリがけみたいな作業だと思っています。

ヤスリで細かい粗を削って、よりピカピカにする。

そんな感じ。

このタイピング練習も、寿司打とかが役に立つと思うし、後は飽きて来たらイータイピングなんかを挟んで練習していました。

大体、ポジションを覚えて、アルファベットが打てるようになった後に数字や記号を打つ。

って感じで進めて行けば、3日もあれば、大体ブラインドタッチが出来るようになってると思います。

後は、打ちながら早さや正確性を高めて行けば良いので、そこまで難しくはなかったですね。

副業から月収100万円を超え独立した軌跡を全て記した1冊を今だけ無料でプレゼントしています。興味があればどうぞ。      

ブラインドタッチが出来てタイピングが早くなっても稼げないよ

一応、質問として「どうやったらタイピングが早くなりますか?」ときかれたので答えましたが、覚えておいてほしいのはタイピングが早くなっても、稼げるようにはならないよってこと。

結構勘違いしている人が多いんですが、インターネットからビジネスをやろうとする人って、どこかネットに関して詳しくないとダメって思い込んでいる人が多い気がします。

パソコンのスペックとか、ネット回線のことだったりとか。

今回のタイピングの件も全く同じですね。

でもそれって全然本質じゃなくて、的がズレてるんですよね。

例えば、仮にタイピングがめちゃくちゃ早くても「機械的な文章」しか打てないのであれば、人の心は動きません。

人の心って、そんな単純じゃないですから。

でも、タイピングがめちゃくちゃ遅くっても、「魅力的な文章」を作ることが出来れば、それだけで人の心は動きます。

第一、タイピングの速度なんて、ネットの向こう側の人は感じられませんから。

後は、似たような勘違いで「アフィリエイトサイトの外観」にこだわる人も多い気がしますね。

サイトを奇麗に作りたいと思って、いつまでたってもサイトのデザインにこだわってる。みたいな。

ぶっちゃけサイトのデザインなんて、どーでもよくって、そのサイト内に書かれているコンテンツがどれほど魅力的なのか。

そこが一番重要な訳です。

例えば外観はめちゃくちゃキレイで手の込んだ業者のような作り込みをしていても、1記事さえないブログやサイトへは、検索エンジンに表示されません。

つまり、誰1人として訪れないサイトということ。

それよりも、外観は知ろうと丸出しなんだけど、1記事1記事が作り込まれていて、読んでいて面白いブログがあったとすれば、そちらの方がより多くの人が訪れます。

それは検索エンジン的にも、訪れたユーザー満足度的にも。

だから、論点というか、着眼点が違うんですよね。

ブログでの外観しかり、ネットビジネスをしたいのにタイピングにこだわることしかり。

もっと大切なことはあるし、身につけるべきスキルはたくさんある訳です。

仮にタイピングがめちゃくちゃ早くなっても一銭にもならないというのはそういうこと。

「タイピングによって打ち出す文章がどうなのか?」がポイントになるので、そこまで遅いことは気にしないでいいと思いますよ。

【1000円→無料】開始2ヶ月で副業が本業を超えた禁断の道のりを全てこの1冊に。↓    

終わりに

最後になんですけど、ボクの知り合いでは、ブラインドタッチも出来ないけれど、サラリーマンの何倍もの収入をネットビジネスで稼いでいる人がいます。

人差し指のみでタイピングをしているそうですが、その方は打ち出す文章がめちゃくちゃ魅力的なんですよね。

後、タイピングを早くするという努力の部分を、本質的なマーケティングとかに時間を割いているので、ビジネスでも上手くいったんだと思います。

ですので、タイピングが遅い早いなんかよりも、もっと別のことを勉強した方が良いと思います。

趣味でやる分には良いと思いますけどねw

最後まで読んでくれたあなたに。

副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超え、その後月収100万円を独立したノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の副業ノウハウ本のプレゼント付き


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする