このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

9割が間違えている!?科学的に正しい目標設定の方法とは。

面白い目標設定の方法を以前知ったのでシェアしていこうと思います。

その方法とは「自分のための目標設定をするのではなく、誰かのタメになる目標を決めることで不安症やうつ病を改善し、自分に自信を持つことができる」というもの。

根拠

この根拠となるのは、シアトルパシフィック大学が実験したものが由来で。

シアトルパシフィック大学では47人の男女を集めて、2つの目標設定をしてもらいました。

1つ目のグループは「自分のため」を思い目標設定をしたグループ。

これをセルフイメージゴールと呼びますが、要するに「自分のためだけ」の目標設定方法。

もう一方がコンパッションゴールと呼ばれる、「誰かのタメ」となる目標設定の方法。

このコンパッションゴールというのは、例えば、「英語が喋れるようになりたい」という達成したい事柄があるとして。

「英語が喋れたらかっこいい」と思うのがセルフイメージゴール。

対して、「英語が喋れるようになったら、家族と海外旅行に行く時通訳することができる」といったように、自分が成長することによって誰かのためになることを想定した目標設定のこと。

このセルフイメージゴール=自分のための目標設定と、コンパッションゴール=誰かのタメの目標設定との2つのグループに分けて、シアトルパシフィック大学でその違いを確かめてみたところ、大きな違いがあることに気づきました。

誤解がないようにいっておくと、シアトルパシフィック大学が集めたこの47人の男女というのは、医師から「不安症」または「うつ病」と診断された方のみを集めたそうで。

普通の人よりも自信がなく、精神的に参ってしまっている人が対象となった実験なので、目標設定がどう影響するのかは、かなり高い信ぴょう性を担保されている状態。

この不安症やうつ病と診断された人たちを「セルフイメージゴール」と「コンパッションゴール」とに分けて目標設定をしてもらったところ、「コンパッションゴール」いわゆる誰かのために目標設定を掲げたほうが、不安症やうつ病の症状が緩和されたということが、このシアトルパシフィック大学の研究で明らかになりました。

結論

つまりは冒頭に述べた通り、こういうこと。

人というのは、アウストラロピテクスから始まり、ホモ・サピエンスとして成長して行く過程で。

他人と共存しながら、協力して成長を遂げてきました。

だからこそ、「和」だったり「コミュニティ」だったり「仲間」というものをものすごく重要視する生き物だということ。

「コミュニティへの帰属意識」

という言葉があるように、人はどこかしらで組織やグループに属しており、そのグループへ必ず「帰属」するという意識が備わっているとされています。

横のつながりを意識しなければ、力が弱いホモ・サピエンスは生き残れなかった。

それだけ「横のつながり」を重要視する生き物だからこそ、目標設定の方法においても、自分のためだけの目標設定だけだと、力を発揮することができず。

「自分がこの目標を達成することによって、誰かに役に立つ」

この意識があることで、不安症やうつ病の症状が緩和し、自分に自信を持つことにつながるというのがシアトルパシフィック大学で言われた根拠。

だからこそ、「英語を学びたい」という目標があった時に、「英語が喋れたら給料がアップする」という自分だけの目標に設定するのではなく、「英語が喋れたら給料がアップして、給料がアップしたら家族に旅行を連れていってあげられる」という風に、他人への貢献をつけてあげるのが正しい目標設定の方法だということです。

この他人というのは、ビルゲイツやジェフベゾスのような大富豪が考える「世界中の人たち」って考えることでも効果があるのかどうかは、このシアトルパシフィック大学の研究では定かではないですが、僕としては「もっと身近な人」におくと、その効果は実感が湧くのでは?と思っています。

それこそ「世界中の人々」という枠組みじゃなくって。

友達だとか。親友だとか。家族だとか。恋人だとか。

半径5mぐらいの「本当に仲のいい人」に目標設定をしてあげたほうが実感が湧くと思うので、目標設定としての効果は得られやすいんじゃないかなと思っています。

ですから、「英語が喋れたら給料がアップして、給料がアップしたら「家族or友人or恋人」に旅行を連れていってあげられる」ということですね。

応用方法

これはわかりきったことですが、何も「英語を喋れるようになる」という目標だけにとどまらず。

副業をやりたいだとか。

転職したいだとか。

お金を稼ぎたいだとか。

様々な目標が、人によってはあるわけで。

その目標ごとに応用が可能です。

実際僕自身が往々しようとした際。

僕の場合は「自己成長」がかなり強くって。

自分ができないことが出来るようになって行くという感覚がものすごい好き。

だからあえて全くできないへたっぴなジャンルに取り組むことが往往にしてあります。

(元々勉強も全くダメでしたし)

そのため自己成長欲が強い方なので、「他人のため」っていうコンパッションゴールを思うのが少し難しくもあったわけですが、「目標を達成し、成長することが、誰かのためにつながる」って考えたら、結構やりやすくなりましたね。

「稼ぎたい」

っていう目標も、「稼いだら家族に贅沢させられる」と、コンパッションゴールに置き換えは可能ですし。

「勉強したい本を読みたい」っていう本来セルフイメージゴールにつながりそうなことも、「勉強して博識になれば、友人に教えられる」とコンパッションゴールに変えることは可能です。

僕のように「自己成長意欲」が高い場合は、結構このセルフイメージゴールをコンパッションゴールへと変えることが難しく感じてしまっていましたが、「自分の目標達成こそが、誰かの役に立つ」と考えると、自ずとコンパッションゴールへつながっていくことを知れば、結構楽になります。

「他人のために尽くすのが好き」

という方はそのままの目標設定で十分だと思いますし、そうじゃない人は「成長の先」を見据えてみるといいんじゃないかなと思います。

とかく。

「自分だけの目標にしないこと」

これこそが目標達成するために重要なことだということですね。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする