このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

【少額でOK】募金や寄付をすることで幸福度が高まることが判明!

今回はタイトルにある通り。

募金や寄付を「少額」でもすることによって幸福度が高まることを知ったので、それをシェアしておこうと思います。

数々の論文なんかを見てますが、「他人のために」行動することは、いろんな影響があることがわかっていて。

そのうえで「幸福度」も高まるといったのが、今回の話。

根拠

この少額でも募金や寄付をすると、幸福度が高まると証明してくれたのは、サイモンフレーザー大学が研究した論文が元になっていて。

このサイモンフレーザー大学のララーアクニ教授は、面白い研究を行いました。

まず行なったのは、被験者を集め、2つの封筒を渡します。

その封筒には5ドルor20ドルのいづれかが入っていて、ランダムに2つの金額を被験者に渡しました。

その上で、2つの封筒には

  1. 自分のために今日中にそのお金を使ってください
  2. 他人のために今日中にそのお金を使ってください

このいづれかが書かれた紙が入っていました。

つまりこういうこと。

パターンとしては4つのパターンがあって。

  1. 5ドル入った封筒に「自分のために使う」とされた紙が入っていたパターン
  2. 5ドル入った封筒に「他人のために使う」とされた紙が入っていたパターン
  3. 20ドル入った封筒に「自分のために使う」とされた紙が入っていたパターン
  4. 20ドル入った封筒に「他人のために使う」とされた紙が入っていたパターン

この4つに被験者を分け、お金を使ってもらった最後に、それぞれの被験者の幸福度をテストしていきました。

そうすることによって、「どうやってお金を使うことが、一番人の幸福度を高めるのか?」ということを研究していったわけですが、結論としてわかったのは、このグループの中で、一番幸福度が高かったのは「他人のため」にお金を使ったグループで。

自分のためにお金を使ったグループよりも、圧倒的に幸福度が高いことが判明しました。

その上で面白いなと思ったのは、「5ドル」を他人のために使おうが、「20ドル」を他人のために使おうが、どちらの幸福度も変わらず、「お金の金額」にかかわらず、幸福度は高いことも判明しました。

つまりこういうこと。

負担にならない金額を、他人のために使うことで、自分の幸福度も高めることができる。

ということが、この研究より判明したことでした。

理由

一見すると、20ドルというお金を使って、自分のために使うのが、一番幸せそうな感じがしますが、なぜ「他人のために」使ったグループが、5ドルだろうが20ドルだろうが、幸福度が共に高かったのか。

これは要するに、「親切にする」ことへの効果だとされています。

他人のために親切にするというと、それほど効果がないように思えますし、僕ら日本人にとっては「当たり前」と考えている人もいるかもしれません。

ただ決してそうではなく。

親切にする行為というのは、冒頭でも伝えた通り、様々なシーンにおいて良い影響をもたらすことがわかっています。

他人に親切にしてる人の方が年収が高くなることが判明!

この記事でも紹介している通り、まずシンプルに年収が高いことが明らかになってます。

モチベーションが落ちた時に試してほしい!5分でやる気が回復する科学的な方法

その上で、親切にすることで、やる気やモチベーションが上がることもわかっています。

上記記事でしょうかしているヘルパーズハイという心理効果が働くためですね。

267人を対象に調べて判明した心理学的に正しい思い込みを無くす方法とは。

あとは、無駄な思い込み=心理学でバイアスがなくなることもわかっています。

さらにさらに。

「時間が圧倒的に足りないと感じた時にすべき3つのこと

時間飢饉から本来時間感覚に戻るため、時間感覚も増えるとされています。

あと面白いのは「嫌な性格を変えるには「行動を変える」ことが心理学的にも正しいことが証明されてたよ。

この記事でも紹介している通り「性格」さえも変わっていくということも明らかになっています。

まだまだあげればありますし、コカコーラの社員を実際に被験者にして「職場環境」における研究を行なった際にも、同僚に親切にするだけで、職場関係や仕事への達成度も高まったことが判明しています。

これだけの効果が「親切にする」ということには詰まっているので、5ドルだろうが20ドルだろうが、募金や寄付など他人のために使うほうが「幸福度が高まる」ということなんですね。

応用方法

じゃあ、この論文をどう日常生活に応用していったらいいのか。

これはシンプルに「募金や寄付」する場所があれば、少額でも構わないので、寄付してあげると幸福度が高まっていくことが期待できます。

それこそコンビニの横には必ずと言っていいほどおいていますし。

ただ、もっといいのは、「人に直接渡す」ことで、感謝の言葉をもらうことが、幸福度を高めることが期待できるので、駅前なんかで「募金お願いします!」と声かけている人がいたら、そこで寄付するのもいいかと思いますね。

これは何も大きな金額を寄付する必要はなくって。

上記の研究でもある通り5ドルでも20ドルでも、幸福度は変わらず高かったことから「少額」でも効果は期待できるでしょう。

そう考えると、「ティッシュ配りをもらってあげる」というので、全然問題ないかもしれません。

いつもあれば「大丈夫です」と通り過ぎていたティッシュ配りですが、あれってやってみるとかなりしんどいです。

っていうか、ほとんどの人がもらってくれないですから、結構心が折れそうになります。

そんな時に「ちょうどティッシュが欲しかったんだ!ありがとうね!」って言われたら、それこそティッシュ配りの仕事の意義が見えてくるだろうし、断られまくっているからこそ「喜び」も半端じゃない。

そういう意味で感謝されるでしょうし「他人のため」を思っている行動という意味では共通しています。

募金や寄付でも十分幸福度を高めてくれますが、「直接親切にできるケース」があれば、そちらを優先した方が、相手に伝わっていいのかなって感じはしますね。

まとめ

5ドルでも20ドルでも、自分のために使うより、他人のためにお金を使った方が、幸福度が高い。

その上親切にすることへの効果は、

  1. 年収
  2. モチベーション
  3. 時間感覚
  4. 思い込み
  5. 性格

これらにも良い影響をもたらしているので、他人のためにすることは回り回って自分のためになっている。

まとめるとこんな感じですね。

ぜひ参考にどうぞ。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする