このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

沖縄北部のおすすめ1日観光プランはこれだ!美ら海水族館に古宇利島も網羅

地元民に聞いた!沖縄南部(糸満市含む)のオススメ1日観光プランはこれだ!

前回に引き続き、沖縄旅行3日目。

昨日は南部を攻めたからということで、この日は沖縄の北のほうへ行くことに。

お目当は何と言っても「美ら海水族館」がある海洋博公園。

この日もレンタカーを借りていざ出発。

美ら海水族館のある海洋博公園へ

ナビで見る限り、結構沖縄本島って広くって。

まあ僕の場合、前回行った場所が小笠原諸島だったのでその感覚で沖縄を捉えてしまっていた。

小笠原村父島の場合、コンビニも1件しかなくって(当然24時間営業じゃない)。

なので、「高速があるんだ!」ってことにも少しびっくりしてました。

(沖縄県民の方すんません。。。)

そうこう思いながら、美ら海水族館へ高速で進む。

高速を降りた後も、結構道のりがあって途中のコンビニでコーヒータイム。

何気なく止まったコンビニの近くに当然ながらビーチがあって。

沖縄のすごいところって、どの海行ってもまあ綺麗。

こんな像も立ってました。

コーヒータイムもほどほどにして、先に進むと見えてきました美ら海水族館。

駐車場に車を止めて。

看板どおりに進んで行くと、、

とうとう見えてきました。

お目当だった美ら海水族館。

水族館入口へ行くためエスカレーターを降ります。

ただエスカレーターを下ってみてビックリ。

もうよくわからんぐらいの綺麗さの海が目の前に。

これ美ら海水族館の入り口に入るためのエスカレーターでの一枚です。

こっちの方がわかりやすいかも。

どーいうことかって。

ここが美ら海水族館の敷地の中ってこと。

この敷地の中から、えげつないぐらい綺麗な海が見渡せるのに、もうびっくりしてました。

そうこうしながらチケットを買い、いざ美ら海水族館館内へ。

(手が写っとる!!!)

まず見えてきたのが、これ。

ヒトデとかを素手でさわれます。

僕も触って見ましたが、案外硬くって、結構気持ち悪い感触w

ナマコは怖くてさわれなかったww

すぐ近くに手を洗える場所があるので、速攻で手を洗いましたw

続いて熱帯魚の海へ。

もう爆発的にでかい魚とご対面。

こいつは想像以上にでかいです。

ゆうに1mは超えるであろうでかさ。

そうやって進んで行くと、とうとうここに行き着きます。

黒潮の海。

(ちょっと先に早く進みたかったので、ぼやけてしまっている)

この黒潮の海に何がいるかって、多分美ら海水族館に行く人の9割の目的が、この黒潮の海にあります。

それがこれ。

ジンベイザメ。

どでかい水槽があって、15〜20mぐらいあろうでかさのサメがゆうゆうに泳いでます。

これは動画で撮っていたジンベイザメのスクリーンキャプチャ。

もうね。

この大きさって画像じゃ伝わらない。

実際に美ら海水族館に行って。

んで生で見て見ないとこの大きさは伝わらないですね。

それぐらい壮大。

んで。

案外優雅に泳いでるジンベイザメですが、サービス精神も旺盛で。

かなり近くまで来て泳いできてくれます。

(これはタイミングかな?)

これはもうずっと見てられる。

よく見て見ると、ジンベイザメの近くに変な魚がべったりくっついてます。

なんかのテレビで見たんですが、ジンベイザメの近くにいるとジンベイザメが食べようとしている餌を食えるとして、別の魚がジンベイザメの近くにいるそうで。

この画像にも写っている魚も、漁夫の利を得ようと近くにいるのかなと感じられるぐらい、マブダチで笑えました。

この大きな水槽を進むと、今度は360度見渡せるようになります。

当然ジンベイザメの下からの姿も見えます。

サメのコラボレーション。

案外ブサイクで笑えましたww

黒潮の海を過ぎても、まだ美ら海水族館は少し続いてて。

ダイオウイカが展示されていたりします。

まあ、メインがジンベイザメの水槽だったりするので、そこまで距離は長くないですね。

お目当のジンベイザメを見て回ると「あれ?もう終わり?」って感じで、ちょっと拍子抜けししました。

美ら海水族館を抜けると、ちょっとした展示物が置いてあります。

僕が美ら海水族館を抜けて、ぷらぷら歩いていたら右手にこいつ。

もうちびるかと思うぐらいビビりました。

確かこのメガマウスザメの標本?剥製?があるのは、この美ら海水族館だけだった気がします。

んで、メガマウスザメの正面回ったらこれ。

もうね。

こいつと信号待ちで出くわしたら、ションベンちびるレベルで。

速攻逃げ出す自身があります。

その他にも、リュウグウノツカイがいたりします。

よくリュウグウノツカイを見て見るとおっさんなんだなと痛感w

こいつはシュッとしてますが、目が真っ黒なのが余計怖い。

んで、このメガマウスザメの存在を忘れ、周りを見渡してたら、ちょうどメガマウスザメの右側の部分に僕は立っていました。

そのメガマウスザメの右側部分がこれ。

不意を突かれ、マジでビビり倒しました。

遊戯王カードで行ったら攻撃力6万でしょこいつ。

それぐらいビビりましたね。

こいつからゲーセンでカツアゲされたら、100%有り金全て出します。

こんな感じで、美ら海水族館を出ても、結構楽しめる場所があるのが海洋博公園。

目の前にはマナティのポイントもありましたので行って見ました。

上から見るとよく見えないw

ただ下からも見れるようなので階段を下ると、、

可愛い顔してお出まししてくれます。

ここでメガマウスザメでダメージを負った心を癒してくれました。

マナティの場所を出ても、やっぱり海が綺麗で。

その他にもいろんなポイントがあるので、1日楽しめる場所が海洋博公園ですね。

海洋博公園からエメラルドビーチへ

目的だった美ら海水族館を満喫した後、ちょっと小腹も減っていたので、エメラルドビーチに向かいます。

ここはどうやら水質がAAランクに指定されており、日本の海水浴場88選にも選ばれてるめちゃくちゃ綺麗なビーチらしく。

美ら海水族館のある場所からすぐ近くにあります。

そこの近くの食堂へ行ってタコライスを食べることに。

一口食べてから「写真撮ってねぇ!!」ってことに気づき、すぐとりましたw

沖縄についてから初めてタコライスを食べましたが、案外うまかったです。

外に出て見ると、人力車ならぬ、牛力車が。

牛力車を脇目にエメラルドビーチに向かうと、、

天気はそこまでよくはなかったですが、マジで綺麗なビーチが目の前に。

砂もめちゃくちゃ綺麗な砂浜でした。

エメラルドビーチっていうぐらいなので、本当にエメラルド。

ここで海水浴をしている人も結構いました。

まあ、海水浴をすることがメインではなかったので、次に向かいます。

エメラルドビーチから古宇利島へ

また少し車に乗り、次は古宇利島へ向かいます。

沖縄の北部へ行ったのなら、絶対に行っておきたい古宇利島。

ここに何があるって、沖縄でめちゃくちゃ有名な「橋」があります。

多分「沖縄観光オススメスポット」なんかで検索すれば、絶対と言っていいほど出てくるのがこの古宇利島にかかるあの橋。

海の上に約2kmに渡ってかかる橋がめちゃくちゃ有名で。

なおかつ、美ら海水族館のある海洋博公園からさほど遠くないので、美ら海水族館に行ったら絶対と言っていいほど行っておきたいのが、この古宇利島です。

エメラルドビーチから車を走らせると、古宇利島へ渡るための2kmに渡る橋が見えてきました。

まさしく海の上にかかった橋。

この橋をわたって古宇利島へ向かいます。

この橋は歩いても渡れますが、車で走っていると、左も右も海。

まるで海の上を走っているかのような錯覚に陥ります。

もうちょっと高くから、この橋の全体を見たいということで、古宇利島にある展望台へ。

古宇利島にあるocean towerへ。

チケットを購入すると、こんな感じのカートで上まで登れます。

初めて乗った時。

ハンドルを握る運転席に乗ったので「え?運転して登るの?」ってな感じで思ったんですが、決してそうではなく、自動運転でゆっくりと登っていってくれます。

逆に出発時、がっつりハンドルを握ってたのが恥ずかしくなってくる。

カートに乗って登って行く最中。

結構綺麗な草花があったり。

途中小さな滝があったりします。

そうして進んで行くと、古宇利島の橋の全貌が見えるポイントへ。

なんとも言えない絶景です。

この絶景を横目に、カートを登りきると、展望タワーであるタワー&シェルミュージアムが見えてくる。

ここを登ると、

さらに高いところから、古宇利島の橋を見ることができます。

屋上的な場所で見ることもできますが、風が強すぎて、1個下の「室内展望」の場所から見てました。

ハートロックへ

橋を満喫したら、この古宇利島は終了じゃなくって。

ちょうど橋がある場所から反対側に「ハートロック」と呼ばれるものが存在します。

「嵐がcm撮影した場所」としても結構有名らしくて。

車ですぐってことなので、ハートロックへ向かいます。

看板から「駐車場はこちら」とのことなので、向かって行くと駐車場が。

車を止めると、the 沖縄ってな感じの道のりが。

受付で駐車場料金を払うと、「靴使いますか?」って言われてクロックスを借りることができます。

そうして進んで行くと、結構道が険しくなってくるw

ヒールとかだといけないし、結構汚れるんで、靴を貸し出ししてるのだと納得。

5分ぐらい歩くと見えてきましたハートロック。

海も綺麗だし、ハートロックも壮大。

意外にも多くの観光客がいました。

ハートロックとのことで、ハートを作って写真を撮る人も。

んで。

このハートロックの場所で、1組の団体が色々と喋っていたので、ちょっと話を聞いて見ると、「ここから写真を撮るのがいいよ」という風に教えてもらいパシャり。

それがこれ。

ハートロックと、その隙間からできる逆向きのハート。

二つのハートが見えるポイントがありました。

これはインスタ映えですわ。(インスタやってないけどw)

そんな感じでハートロックを後に。

そしてこのハートロックを出る際に、ちょっとした事件に巻き込まれます。

ハートロックの駐車場って入るまでの道が結構狭い。

んで、「出口はこちら」っていう看板があるので、それに沿って僕を含め3台の車が出たわけですが、対向車線から車がくるわくるわで。

なんどもバックをして、すれ違いました。

んで進んで行くと、もう舗装もされていない道に僕ら3台の車が出てしまって。

行って見てわかりましたが、全く出口とは違う道をきてしまっていました。

2台すれ違うことすらギリギリなので、Uターンをする際もかなりギリギリで。

ハートロックにいた時間より、出る時間の方が長かったと思うぐらい迷いました。

これから行く人は、ハートロックの駐車場から出るときは気をつけて!

古宇利島を一周する

ハートロックを抜けてから、そこまで古宇利島は大きくないので一周しました。

もう景色1つ1つが綺麗で。

走ってても全く飽きない。

そうして一周する頃に、防波堤が見えました。

その防波堤を進んで行くと、結構橋が近くから見れるので、進んでいきます。

その防波堤では釣りをしてるおっちゃんなんかもいたりして。

「ここでイカを釣っとる」

と言ってましたw

あんま有名ではないけれど、万座毛に似てるような場所もあったりで、古宇利島を一周すると、いろんな景色に出会えます。

オススメ1日観光プラン

そんな感じで沖縄北部を周り、そろそろ高速に乗ってレンタカーを返す時間がやって着たので、帰路に向かいました。

結構下調べしましたが、この1日プランは結構おすすめで。

いきたい場所と行っておくべき場所は回れたかと思います。

  1. 海洋博公園(美ら海水族館)
  2. エメラルドビーチ
  3. 古宇利島
  4. ハートロック

ここら辺は、どのサイトを見ても「おすすめスポット」として出てくるので、結構おすすめですね。

帰りしなに、おもろまちの近くにあるラーメン屋でご飯を食べて、この日は1日の観光は終了。

だいぶ沖縄を満喫しました。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする