アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!!

【W杯】日本対ベルギーで負けた原因や想いの全てをぶちまける。


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

昨日は、日本代表対ベルギー戦を見てました。

うん。

悔しい。

悔し過ぎる。

試合終了後に西野監督がインタビュアーに、「ベルギーとの差はなんだったのでしょうか。」

こう聞かれたとき、「なんだったのでしょうか‥‥」

そう答えを絞り出せなかったシーンがありました。

ボクはこの時、「全てやりつくしたけど勝てなかった。」

そんな心の声が聞こえた気がしました。

また、ベルギーと日本との差を聞かれて、「なんだったのでしょうか‥‥」西野監督が言葉を詰まらせたことから、「立てた戦略を遂行し、そのほとんどが上手くいっていた。」

だからこそ、負けた理由や、ベルギーとの差が見つからない。

そんな意図も感じました。



ボクは日本代表がベスト8に行けると確信していた

これは事後報告になるので、全く信憑性はないですが、ボクはグループリーグを突破出来たら、ベスト8に必ず行ける。

そう思っていました。

イヤ厳密に言えば「コロンビア戦に勝てれば」行けるって。

また、ベルギー戦が始まる前にも、「今日は勝てるな」って自然とそう思っていました。

なぜベスト8に行けるって思えたのか。

それは、紛れもなくグループリーグの初戦のコロンビア。

W杯1次リーグの初戦は、何よりも大事な試合。

初戦に勝つと、グループリーグ突破の可能性は80%以上と言われている。

でも逆に負けると、グループリーグ突破の可能性は10%前後と言われている。

だからこそ選手達が胸をそろえて「初戦が大事」と口にする。

でも日本の弱点って、極端な「個」の勝負。

ヨーロッパみたいに、システマチックに守ってくるチームに対しては、組織で対応出来るので、良い試合が出来ることが多い。

一方で南米のチームになると、積極的に前からプレッシャーをかけられ、個体個の戦いになる。

こうやって極端に前からプレッシャーを掛けられ、中盤から自分たちのサッカーが出来なかったときに日本はめっぽう弱い。

それは日本がボールをポゼッションすることでリズムを生むサッカーだから。

ボールがすぐにロストして、自分たちのサッカーが出来ないときに立て直せない。

だからこそ、ヨーロッパの強豪チームより南米のチームの方が日本はやりづらいわけです。

そこで初戦が南米の強豪チーム「コロンビア」

正直かなり分が悪いと思っていたし、負ける可能性の方が高い。って思っていました。

でも蓋をあければ、2−1。

このときに、「最大の敵を突破した」そう思えて、「過去を払拭した」そう思えたからベスト8に行けるって自然と思えたんです。

でもベルギー戦の結果は2−3。

2点先制したときも本当に勝つって疑ってなかったから、特に驚かず。

でも逆に3点返されたときは悔しすぎて。

ちょっと言葉が出なかったです。

少しさかのぼると、議論に議論を呼んだポーランド戦。

あの時間稼ぎのボール回しは「あり」か「なし」か。そんな議論がよくされました。



ポーランド戦の時間稼ぎ。ボクは「なし派」だった

あり派からすれば「勝負は勝つことが全て」

「時間稼ぎはあの状態ならどのチームのやる」

「結果が全てのスポーツで、ルールの範囲内だから問題ない」

そんな意見が占めました。

一方でなし派は、「日本を背負った代表が、その行為は恥ずかしい」

「勝てればなんでもいいのか」

「サムライってそう言う意味なのか」

そんな意見が占めました。

コレって要するに「結果派」「プロセス派」この2つに分断されるんだと思います。

また、直感的に「なし派」だった人達も、プロの解説者や元代表選手達が、軒並み「あり派」の意見をいうことで、どちらかというと「あり派」が多くなって行ったように思います。

でもボク自身は、このポーランド戦はどちらかと言うと「なし派」でした。

確かに勝つことがなにより大切。

そんなことは重々承知。

勝つことでしか、記憶と記録には残らない。

そのことも分かってる。

日本にはマリーシア(ずる賢さ)がずっと足りていないって言われてて、それを達成したのがポーランド戦。

そんなことも分かってる。

でもボクは他のなし派の意見とは全く違って。

ボクは本田圭祐の「W杯に出る以上、優勝しか見えていない」

この一言に夢を馳せた日本人の1人です。

だからこそあのボール回しは悔しかった。

「間違いない。最初からベスト8を狙ってるチームがどこに居る?

ベスト8。ベスト4に残るチームは、ベスト8、ベスト4に残ることを目的にしてたのか?

イヤ違う。

優勝することを目標していた結果、ベスト8、ベスト4に残った。

だからこそ、優勝を目指さないで、なんでW杯に出る?」

そう思った。

ボクは日本人なら絶対に出来ると思っている。

戦争の敗戦からここまで立ち上がった日本人。

世界的に「復興はありえない」。

そういわれて、出来ないと言われたことをこれまでやってのけてきた。

出来ないことなんてない。

だからこそ、ボクはこの本田圭祐の一言で、「W杯優勝」に想いを馳せた日本人の1人でした。

またサッカーがうまくない国って日本では思われているけれど、ジュニアユース年代ではそんなことはない。

実際ジュニアユース年代で行なわれる世界大会「ナイキカップ」で世界の中で5位だったりと、なんどもなんども高順位を記録している。

確かにグループリーグを突破することだけが目標なら、あの時間稼ぎが「あり」という気持ちは分かる。

でもグループリーグで勝ち進むことを目標とするのなら、11人のチームに勝てていないチームがこの先勝てるのだろうか。

だからこそ勝ってほしかった。

いや、他力に頼るんじゃなくって、自力で行ってほしかった。

そうして自力で掴んで、優勝トロフィーを日本が取った姿が見たかった。

それは「バカな日本人じゃなきゃ、世界は変えられない」その一言に、夢を託せたからからこそ。

それでも、決勝トーナメントというスタート地点に立つこと。コレが必要なのは間違いない。その為に「時間稼ぎをした。」

だから結果を重視する気持ちも分かるし、「あり派」の意見も分かりすぎるからこそ、その両方の意見で、凄くもどかしい気持ちになった。

だから意見を言うのなら、「どちらかというと」なし。という前置きが入ってしまう。

そのぐらい難しい判断だった。

でもこのポーランド戦での時間稼ぎが「吉」なのか「凶」なのか。

これはベルギー戦ではっきりする。

そんな想いで見ていたからこそ、負けたときは、ずっと呆然とするしかなかった。



ベルギーに負けて悔しくて「お疲れ様でした」という言葉が出てこない

多分こういう状況って、「選手の皆はよく頑張ったと思う。おつかれさまという声をかけてあげたい。」

サポーターとしてはコレが正解の答えなんでしょう。

でもボクはサッカーが好きすぎて、感情輸入しすぎているから、選手と同じ気持ちで、悔しい。

イヤ。「選手と同じ気持ちになりたいからこそ、悔しくって言葉が出ない」

が正しいのかもしれない。

「おつかれさま」

ってサポーターとしての正解の言葉がまだ出てこない。

ベルギーとの敗戦で見えた日本の欠点

ボクはルールがずっと変わらない将棋で「トレンドが変わる」って言葉を聞いてびっくりした。

時代に合わせて流行は変わるし、将棋でさえも「流行りの攻め方」があることにびっくりした。

そう考えると、ルールや戦術が変わるサッカーで「トレンドが変わる」って言うのは極自然なこと。

2010年にスペインが優勝したことで、世界中で「パスサッカー」がトレンドになった。世界中でパスサッカーを試行錯誤した。

でも2014年。

そのパスサッカーを打ち崩す形で、高いポジションからボールを奪いショートカウンターにつなげる形を生み出したドイツが2014年のW杯で優勝した。

そして「ショートカウンター」のサッカーが世界中でトレンドになった。

じゃあ、2018年のトレンドは?

そうなると、「強固なディフェンス」になる。

今年以上に弱小国と言われた国が、強国を苦しめたサッカーはない。

ロシア、アイスランド、デンマーク、ウルグアイ。

(アイスランドは決勝Tには進めていないけど、かなり善戦だった)

こういったチームが、強固なディフェンスをし、「弱者でも勝てるサッカー」を追求している。

ドイツは敗退し、アルゼンチンも苦しめられ、ブラジルもギリギリの突破。

この強固なディフェンスに苦しめられ、GLの2戦目でやっと価値を拾い、ゴールを決めたネイマールが泣いていた姿が本当にこの物語を語っている。

だから2018年からのトレンドは、「強固なディフェンス」になると思っています。

そしてまさしく、日本の課題もここ。

特にセンターバックの強化。

次に切り替えるにはまだまだ時間が必要で、ショックも大きいけれど、次を見据えて、このW杯の課題を見据えるとしたら、ディフェンスの強化、特に「弱者でも勝つサッカー」を見つめ直すことにあると思います。

やっぱり強いチームはもれなく「ディフェンスが上手い」

サッカーでは、イニシアチブを握るには2つの方法があって。

それはポゼッションをしながらイニシアチブを持つサッカー。

もう一つが、ポゼンッションさせながらイニシアチブを持つサッカー。

弱い国というのは、ボールを持てる時間がやっぱり少ない。

だから、ボールを持ちながらイニシアチブを握るというのは、分が悪く、勝つことが出来ない。

その為に、「ボールを持たせている」という表現にもあるように、ポゼンッションさせながらイニシアチブを持つサッカーに特化している。

それは欧州や南米という普段から強豪チームと当たる環境にあるからこそ、その中で「どうすれば勝てるか」を見極める為に生まれた「弱者が勝つための戦略」。

でも日本が「弱者のサッカー」を見つける、または、ディフェンスを強化することが難しかったのは、その立地にあります。

立地っていうのは、立場。

アジアでは「強国」

世界では「弱国」

この立地の関係があるからこそ、どちらかに特化するのが難しい。

アジアでは強国だから、当然相手は守ってくる。

守っている相手には守っていても勝てない。

つまりボールを持ちイニシアチブを握るサッカーが重要になる。

一方で世界に出ると、弱国になる。

でもアジアで勝ち抜いた、「崩すサッカー」が根付いているから、ディフェンス=弱者が勝つ為のサッカーが出来ずに、失点を重ねる。

そんな立地の難しさが、どちらかに特化することを阻んでいた訳です。

じゃあ、どうすればいいのか。

ボクが思うのは「センターバックの強化」です。

昔のサッカーは、中盤のMFからサッカーが始まった。MFが攻撃を組み立て、パスを捌き、崩しにかかる。

でも今は、最終ラインのDFからサッカーが始まる。

最終ラインのコントロールもセンターバックの役割であり、ゲームを組み立てるのも、選手同士の距離感を積めるのも、全てセンターバックの役割。

「仕掛けるべき相手なのか」

それと「守るべき相手なのか」

これを判断するのが、今のセンターバックの役割だと思います。

野球で言うと、「キャッチャー」の様な役割が、今のセンターバックに求められている。

その上で更に「個体個」も求められる。

今回のベルギー戦でも、「高さ」というウィークポイントを前半のルカクとのマッチアップで見抜かれた。

その後半、ウィークポイントを攻め立てるべく、高さのあるフェライニを投入して、見事ヘディングで決められた。

個人としての能力ももちろん高める必要があるけれど、「試合の舵を握る」これが出来るセンターバックを育て、ディフェンスをより強化することがこのベルギー戦から見えた「世界と渡り歩く為の課題」なんだと思います。

いつまでも下を向いていられない。ボクたちはサムライなんだ。

確かに悲劇の3失点。

でもボクは、日本という国は、何度打ちのめされても立ち上がる「サムライ」なんだと思っています。

いつの日か。

この悲劇の3失点があったからこそ、より高い景色が見えた。

そんな風に言える未来にして行ってほしいと思います。

「おつかれさまでした」

素晴らしい試合でした。

日本代表!!!

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!!

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする