このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

仕事や勉強中にBGMを流すのはダメ?科学的な答えがこちら。

今回はタイトルにある通り。

「BGM」に関して面白いことを知ったので、それをシェアしておこうと思います。

まず先に結論から伝えておくと、仕事の作業中や勉強中においてBGMを流すのはよくなく、認知機能や集中力が低下することがわかっています。

なので、なるべくBGMを流したり聞いたりしない状態で、仕事や勉強に取り組むのがいい、というのが科学的なアンサーになります。

ただし。

生産性をあげたり、集中力を高めたりするのに効果的なBGMが一部例外的に存在するので、その効果的なBGMも合わせて紹介しておこうと思います。

根拠

まずは「仕事や勉強中にBGMを聞いてはいけない」という、その根拠から解説していくと。

これはグラスゴーカレドニアン大学が行った研究が元になっていて。

この論文では集めた被験者をそれぞれ4つのグループに分けて、別々の部屋に入ってもらいました。

その4つのグループと別々の部屋というのが、

  1. アップテンポなBGMが流れている部屋
  2. ゆったりとしたBGMが流れている部屋
  3. 話し声や車が通る音など、環境音が流れている部屋
  4. 完全に無音な部屋

この4つのそれぞれ違ったBGMが流れている部屋でした。

この4つはいずれも「BGMの有無」と「その種類」によって分けられていて、細かな設定がされています。

要は「BGMがあるかないか」という違いと、ある場合「どんなBGMの種類か」という違いが4つのグループにはある、ということですね。

この4つの部屋に分けたのちに、それぞれの被験者に認知テストを行ってもらい、グラスゴーカレドニアン大学はその成績を比較していきました。

その結果わかったのは、BGMが流れていた1〜3のグループは軒並み認知テストの成績が下がっていることが判明していて。

成績が変わらなかったのは、唯一「無音の部屋」にいたグループでした。

このことから、ゆったりな曲調の音楽だろうが、アップテンポでテンションが上がる曲だろうが、はたまた話し声などの関係のない音だろうが、集中力を阻害しテスト結果に悪影響をもたらすことが判明した、ということでした。

つまり、BGMは基本的に作業中においてはあまり集中力を高めることはなく、逆効果になり得る、ということがこのグラスゴーカレドニアン大学の研究により判明したということなんですね。

なぜBGMは集中力を低下させるのか

では次に。

「なぜBGMが流れていた1〜3のグループは軒並みテストの成績が下がったのか」

この部分を解説していくと。

これは「無関連音効果」が影響していた、とされています。

この無関連音効果というのはどういうものなのかというと、簡単に言ってしまえば「関係のない音が脳のリソースを持っていってしまい、本来の力を発揮できない」ということです。

というのも、BGMを流しながら勉強をしたり仕事をしたりしている時に、僕らの脳では「音楽」と「勉強OR仕事」の2つの無意識のうちに処理しようとしてしまっています。

何も考えずに聞いている音楽のつもりでも、その曲調やメロディ、歌詞やリズムのパターンなどを無意識に解析しようとしているんですね。

このことにより、脳のリソースの多くは「音楽」に当てられ、勉強や仕事に費やすリソースを削いで行ってしまいます。

これがいわゆる無関連音効果というもの。

脳のリソースを奪われていってしまっているのだから、当然集中力が下がるのは当たり前の話で、その結果テストの成績が低下するのは納得の事態です。

右手でノートを取りながら、左手でパソコンをタイピングしようとする。

↑こんなことをしようとしても、絶対に無理で、右手に集中したら左手は絶対に機能しません。

ただBGMを聴きながら仕事や勉強をするというのは、これに近いことを脳に課しているに近い、ということなんですね。

なので、なるべくBGMはない方が集中力や生産性においてはいい、ということが言える訳です。

唯一効果的なBGMとは?

ただし一つ例外的なBGMも存在していて、ある研究ではそのBGMを聴くことによって聞いた習慣からリラクゼーション効果が確認され、集中力を測るテストでの成績も向上したことがわかっています。

そのBGMというのは「自然音」とよばれるBGMで、小鳥の鳴き声や川の音、虫の泣く声などの自然の音というのは、集中力を上げる効果があることがわかっています。

なので、基本的にJPOPや洋楽などを含めBGMを聴くのはよくないですが、「自然音」に限っては聞いた方がいい、ということが言われています。

僕自身この研究を知っていたので、その日からいっさいBGMを聞かずに、この自然音を聴きながら作業しています。

(今このブログを書いている瞬間も海の音を聞きながら書いている)

体感としてやっぱり自然音の方が集中力が上がる気がしてますし、無関連音効果のように「音に脳のリソースを取られている」という感覚は一切ありません。

というか仕事と音とが一緒くたになって、一体化しているという感覚の方が正しいかも。

すーっと集中していくと、後ろで流れている海の音が消えて、自然とフロー状態に近い感覚に陥ります。

なので、体験談としても「自然音」というのはかなりおすすめで、勉強中や仕事中に集中力を上げたい、という人にはおすすめできるBGMになります。

youtubeなんかを探せば自然音を収録した音があったりするので、それらで聞いて見るといいかもしれません。

まとめ

少し長くなってしまったので、最後にまとめておくと、

BGMは基本的に集中力を阻害する。

これはグラスゴーカレドニアン大学が行った研究により明らかになっていて、実際にBGMが流れている部屋においての認知テストでは、どんなBGMであっても軒並みテストの成績が下がっていた。

このことからも、なるべくBGMはない方が集中力は高められる。

ただし、「自然音」であれば、無関連音効果の影響を受けず、逆にリラクゼーション効果と集中力がっぷが期待できるため、BGMを流す場合は「自然の音」を背景に流すといい。

まとめるとこんな感じですね。

そのほかにもこのブログでは集中力を上げる方法を数々紹介しているので、気になる方はぜひ参考にどうぞ。

朝一の仕事選びは5分程度で終わる簡単なものから始めると集中力が上がるって話。

たった15分で集中力を回復させる粗々しいけど効果抜群な方法。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする