このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

WordPressは有料テーマだとseoに強くアクセスが増えやすいって本当?

この前ワードプレスのテーマに関する質問をもらいました。

「ワードプレスには有料テーマと無料テーマがあると思うのですが、どちらがいいでしょうか。やはり有料テーマの方がseo的に強く、アクセスも増えやすいと思うのですが。」

そんな質問でした。

僕なりの結論を言うとすれば、「有料だからと言って、アクセスが増えるわけでもなく。無料だからと言ってseoに弱いわけじゃ無い。」

これがワードプレスのテーマである「有料無料」に対する結論です。

要するに「どちらでもいい」ということ。

有料テーマを使った結果

やっぱり人というのは「無料はダメなもの」で「有料は優れているもの」

そんな風に思い込みがちです。

でもこれが悪いことではなくって、当然僕も同じように思っていました。

そして、いろんなサイトやブログを見てみると、「テーマを変えた瞬間アクセスが増えた」という記事を見ることもあれば、

「有料テーマに変えた途端pv数が何倍にも上がった」という記事を見ることもあった。

だからこそ、「無料はダメなもの」で「有料は優れているもの」

そんな風に余計思っていました。

そして当時使っていたのは無料のテーマ。

「これはもしかしたら有料のテーマを使うことで、今よりもアクセスやpvは増えるんじゃ無いか」

「本当は自分のブログはもっとポテンシャルがあるのに、テーマが悪いせいでなかなかアクセセスが集まっていないんじゃ無いか」

そう思い、有料のテーマを買いました。

そうして買ったのが「ハミングバード」というワードプレステーマのテンプレートでした。

アクセス数は下がる一方だった

これを見てもらうとわかると思うんだけど、ちょうど画像の真ん中ぐらいから、グワーット下がって言っていることが見えると思います。

これが有料テーマであるハミングバードを追加したときでした。

結構このとき検索上位に上がっている記事もあって、アクセスもどんどんと上がっている状態で。

ユーザー数が9786。セッションが11277。ページビューが14526pvでした。

それが有料テーマを変えた次の1ヶ月はこうなりました。

ユーザー数が7670。セッションが8823。ページビューが24331pv。

ページビュー数が少し増えているように見えますが、実際にこれは「テーマ変更によるアクセス減少」から、自分でブログにアクセスして改善をしていったのがカウントされているだけです。

なので、自然流入からのpv増加じゃありません。

なので、比較して見るとユーザー数が9786-7670=マイナス2116。

セッションが11277-8823=マイナス2454でした。

その時のテーマ変更によるアクセス減少の対応策は「ワードプレスのテーマ変更でアクセス数が減少したときの対処法!

この記事で解説しています。

すぐさま元のテーマに戻した

もちろんこれは僕のケースであって、他の方は「テーマを変えてアクセスが増えた」という方もいるので、必ずしもテーマ変更が悪影響をもたらすとは限らない。

また、ハミングバードというテーマにおいて、かなりアクセスのあるブログを構築している人もいるので、ハミングバードという有料テーマが悪いわけでも無い。

ただ、僕のケースにおいては有料にしたとしても、アクセスは上がらなかったという事実だけが残りました。

もちろんこのアクセス減少を招いた「テーマ変更」ですが、ある方のブログでは「1ヶ月ぐらいは下がるが、そのあとは戻った」という人もいた。

僕の場合、1ヶ月も待たずして「これはやばい」と感じたので、すぐさま元のテーマに戻し、ブログを更新しました。

(グーグルインデックスを送りクロールに来てもらうため)

その結果アクセスは元どおりになり、そこから徐々にまた上がっていくわけなので、「1ヶ月待たなかった」ということもあるため、確実な確証はありません。

有料テーマだろうが無料テーマだろうが、本質は「記事」である

ただ、間違い無いのは「有料テーマ」だろうが「無料テーマ」だろうが、記事に質が悪いのにも関わらず、アクセスは上がらないということ。

要するに記事の質はテーマに干渉しないってことなんです。

僕は有料テーマの方が「seo的に優れている」と錯覚し、無料テーマから有料テーマの方に移行したわけですが、その結果アクセスは減少の一途を辿りました。

そこから元のテーマに戻し、ブログ記事をまた頻繁に更新することで、インデックスを促した結果、徐々にアクセスが戻ってくるようになり。

そこからテーマを変えることはしていませんが、アクセスはいまだに上がり続けています。

その「元に戻したテーマ」というのは、紛れもなく「無料のテーマ」です。

要するに、「有料テーマ」だろうが「無料テーマ」だろうが、記事に質が悪いのにも関わらず、アクセスは上がらないということ。

そして、テーマを変えることによって、まったくなかったアクセスが一気に増えるということはないということ。

ここが言えるんだと思います。

大事なのは内部seoより外部seoである

確かにテーマによって内部seoは異なり、優れたものも存在する。

その上で、内部seoの構造によって、「seoに強い弱い」と評価されるのもテーマです。

ただ、アクセスの本質って「外部seo」からくる、「自然検索」です。

自然検索の源となるのは「ブログ記事」であって、テーマじゃ無い。

だからこそ、有料無料のテーマによって、まったくなかったアクセスが一気に増えるなんてことはないと言えるわけです。

確かに内部seoの構造が、外部seoに与える影響は0じゃない。

ただ、無料だからと言って、その内部seoがきちんとしたテーマだってあるし、事実バズ部なんてかなりのアクセスをもたらしているオウンドメディアだけれど、そのバズ部が提供している無料のテーマも存在する。

このことからも、「有料テーマ」だから優れている、とか「無料テーマ」だから廃れているとか。

そういうことは決してないんだと思います。

ですから冒頭に述べた通り、「どちらでもいい」という風な結論なんですね。

無料テーマと有料テーマの決め方

だから僕はどっちでもいいと思う。

無料のテーマであっても、かなりアクセスを集めるブログをワードプレスで構築している人もいるし。

有料テーマであっても、まったくアクセスを集められていない人もいる。

その上で、僕が「有料無料」と分けるのであれば「デザイン」でテーマを決めるのが一番いいかと思っています。

「アクセスどうこう」で決めるのじゃなく、「有料無料」ともにアクセスに干渉しないのであれば、「気に入ったもの」こそが「テーマの決め方」にふさわしいんだと思います。

そして僕自身無料テーマ有料テーマのどちらもワードプレスで使ってみましたが、基本的に違うのは「カスタマイズ」の部分です。

(事実僕らのような素人がテーマの構造や内部seoを判断できませんから)

だからシンプルに「このデザインかっこいい」とか「このブログの外観にしたい」で、決めたらいいんじゃないかなと思っています。

かっこいいデザインが有料なら、そのテーマを買ってワードプレスにインストールしたらいいし。

特にこだわりがないなら無料のテーマだって問題ない。

「テーマ」でアクセスの有無が、大きく変わるわけじゃないからこそ、「好きか嫌いか」でテーマの有料無料を決めていくのが一番いいんじゃないかなと思いますね。

終わりに

ですから、僕の結論は冒頭で伝えた通りで「僕なりの結論を言うとすれば、「有料だからと言って、アクセスが増えるわけでもなく。無料だからと言ってseoに弱いわけじゃ無い。

だから、好きにしたらいいと思う」

これが僕なりのワードプレスの有料無料テーマの決め方です。

実際に僕は無料のテーマを使っていますし、有料テーマじゃない。

突然テーマを変えると痛い目を見ることは知ったので、特別なことがない限りもう変えることはないんじゃないかなと思います。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする