youtube musicがAppleに勝つための2つの戦略


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

YouTubeが音楽業界に参入したっていうのがニュースで話題になっています。

実際にGoogleが提供してるGoogle play musicという音楽配信サービスもありますし。

後はアップルが提供してるApple Musicってのもある。

後発組であるYouTube musicらはどういう風にすれば、勝っていけるのかを考え無くちゃいけない。

そこでYouTubeが勝っていくためには、ボクは2つの方法があると思っていています。

今で行ったら王道がApple Musicですよね。

まぁアップルがiTunesを持っていて。

そこで数々の権利を有してるということなので。

まぁ必然的に王道がアップルになってくる。

じゃあどうやって王道のAppleとYouTubeが差別化していくのかってところが1つポイントになってきます。

   

差別化ポイント1:インディーズ

どういう風にyoutubeが差別化していけるかっていうと、まずは王者であるAppleを分析しなくちゃいけない。

アップルの場合、公式っていうところに強みがあるわけですよね。

iTunesがあって権利を持ってて王道でダウンロードができると言うところにApple Musicの強みがある。

逆にYouTubeの強みってどこだって言うふうに考えてみると、ある意味非公式っていうところに強みがあると思うんですね。

非公式っていうのは悪い意味ではなくってメジャーに比べてインディーズって言う事ですね。

例えばAppleの場合、iTunesに登録してある楽曲ってのある程度有名であったり、メジャーなアーティストがほとんどなわけですけど。

YouTubeって言うものはそこまでiTunesに比べて有名では無いYouTuberであったり、独自コンテンツを持ってる。

そういったインディーズの強みがyoutubeにはあると言うことなんですよね。

また、あるテレビの街頭インタビューである方がおっしゃっていたのは、「無料のアプリから有料のアプリどちらで音楽を聴きますか」って言う質問に対して「有料です」っていう風に答えた人がいました。

そのインタビューに答えた人は、無料だとを聴ける音楽の幅が狭いっていうふうに言ってたんですよね。

なので有料のアプリを使ってると。

そういうことを考えるとYouTubeが差別化生を図れるポイントっていえば、曲のラインナップですよね。

いろんなコンテンツを持ってて自分のメディアを運営していると言うYouTubeの強みがある。

一方でアップルミュージックってのは自分の媒体というか、自社コンテンツを持ってるわけじゃない。

だからメジャーアーティストが集まる。

その分、インディーズの方たちが集まるとか、そういう媒体ではない。

そういった意味でYouTubeはYouTuberと言うコンテンツを量産するインディーズの方たちをを取り囲んでいるメディアだって言う事なんですよね。

なのでアップルミュージックとかGoogle play music(youtubeは子会社ですが)勝っていくためにはメジャーではないけど認知度がある。

そういったインディーズの方たちを取り込んでいけると他の大音楽配信サービスにはない強みが出せるんじゃないかなっていうふうに思っています。

音楽配信サービスの幅。これが一つ目の差別化。

副業から月収100万円を超え独立した軌跡を全て記した1冊を今だけ無料でプレゼントしています。興味があればどうぞ。      

差別化ポイント2:動画コンテンツがある

で、もう1つが動画をダウンロードできるって言う所が2つ目の差別化ポイントですね。

音楽を聴くってやっぱりMP3って言う形式でダウンロードすると言うのが当たり前だったと思うんですけど。

これからの時代はPVなどの動画も見れて、そして更にダウンロードできる。

これをYouTubeが公式として認めるというところができればすごい差別化を図れるんじゃないかなっていうふうに思ってます。

当然昔からそのMP4という形で動画コンテンツをダウンロードすると言うようなことができたんですけど、これまで普及してないわけですよね。

なんでかっていうとコンテンツの容量が大きいからなんですよね。

音楽を聴くって言う事だけであればMP3にして動画なしで聞けたほうが容量を埋める事はなかったんで都合が良かったと。

ただ今iPhone xsが容量を追加されたことを見てみると良実にわかるのが、データ容量はもうこれから増えていくってことなんですよね。

iPhoneの容量データを見てみると64ギガ256ギガ512ギガのを3つのラインナップで販売されてるわけです。

んで、心理学的に言うとを1番下のラインと1番上のライ。

64ギガと512ギガって言うのがあって、その真ん中に256ギガがあるとしたときに多くの人は真ん中を取るんですよね。

ご多分にもれずボクもiPhone Xsを最近買ったんですけども256ギガをやっぱり買ってるんですよね。

要するに、ここが最低ラインになって。

今までは32ギガとか64ギガしかなかったからこそ音楽を聴くって言うふうになると動画は入らずに音楽だけ欲しかった。

容量圧迫しないでほしいって言う意味でMP3しか取ってて来れなかったわけですけど。

これからはiPhoneの容量が大きくなってるので動画自体もその音楽の一部として楽しめるっていうところに思考が向くと思うんですね。

そしてYouTubeが差別化できるポイントとしての強みっていうのは動画コンテンツを持ってるてことなんですよね。

公式のチャンネルが公式にPVをYouTubeにアップしてるってことも当然ありますし。

そういったコンテンツを所有してるのがYouTubeの強みだと言うところ。

で他社のApple MusicだったりGoogle提供するミュージックにはない動画っていうコンテンツ付与できると。

そしてさらに言うとこれから先動画っていうのがもっと意味を持ってくる時代だと思います。

【1000円→無料】開始2ヶ月で副業が本業を超えた禁断の道のりを全てこの1冊に。↓    

終わりに

まだまだ日本ではストリーミング配信の市場規模がかなり小さく、改善の余地がいっぱいありそうです。

今後数年にわたってどんどん市場規模は大きくなるでしょう。

その時、Appleがシェア1を獲得しているのか。

それともGoogle率いるyoutubeが制しているのか。

楽しみですね。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超え、その後月収100万円を独立したノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の副業ノウハウ本のプレゼント付き


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする