アマゾンランキング1位本を今だけ無料プレゼント!

経済のミクロとマクロを超絶シンプルに分かりやすく解説する。


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

ビジネスをして行く為には、「ミクロ視点」と「マクロ視点」がめちゃくちゃ重要です。

ボクみたいに勉強をあまりしてこず、大人になってから、好きなことをする為に「勉強」をして来た人に取っては、「ミクロ」「マクロ」って、よくわかんない単語が並んだ瞬間にじんましんが出るもの。

でも今になってミクロとマクロは重要だったんだと、痛感させられました。

なぜ、ミクロとマクロが重要なのか。

ボクが思うに、仕事、ビジネス=問題を解決することです。

これは人への悩みもそうだし、自分自身への課題もそうだし。

与えられた問題に対して、「どう乗り越えるのか」

これを考えるのが、仕事の本質であり、楽しさでもあるように思います。

ドラクエのステージをクリアして行くというか、強いモンスター(問題)を倒していき、
ドンドンレベルアップしていく、というか。

だからどう乗り越えるか(どう倒すか)。コレが一番大切だと思うんです。

その問題をクリアする為に、必要なのが「マクロ視点」と「ミクロ視点」。

別に経済の話をしたい訳じゃなくって、もっとシンプルな話です。

ミクロ視点とマクロ視点とは、クイズを解くような物

ボクはクイズ番組が好き。その中でも小学生でも解けるIQテストを考えるのが好きです。

そこで、ミクロ視点と、マクロ視点とを分かりやすく説明する為に、1つだけクイズを出すので、少し考えてみてください。

【問題】

ツバメ同士が喧嘩をしています。さて、喧嘩をした後に残ったものはなんでしょう?

これはあるアプリにあったクイズ問題を適当に抜粋しました。w

さて。

何だと思いますか?

こういうクイズを説いていると、誰しもにこういった経験があると思います。

テレビを見ながら、一緒に解こうとして、でも、なかなか分からなくって。

答えを聞いたら、「なんだ!そんな簡単なことだったのか!!めっちゃ簡単なことだったわ!」

みたいな。

この問題の答えは、「爪」です。

喧嘩=バトル

ツバメからバを取る。

すると残るのは、ツメ。

だから答えは「爪」な訳ですね。

ココで大切なのは、答えが分からなかったときに、1つの視点だけで考えていては答えにたどり着かない。ということなんですね。

これがミクロ視点とマクロ視点という意味です。

2chのひろゆきのあの意見がまさしくミクロ視点とマクロ視点だった。

問題が起きたときに、「どう解決するのか」

解決案を1つ出しただけでは本当は不十分で、ミクロの視点、マクロの視点で、色々な角度から見る。

それはあたかも、クイズを解くときのように、1つの解答方法でダメだったら、別の視点で考えてみる。

それと似ていると思います。

でも多くの人は、「1つの視点」でしか物事を見ることしかせずに、複数の視点を持つことをしません。

ボクが面白いなと思った意見の中で、2ちゃんねる開設者のひろゆきの言葉がありました。

彼が「アベマtvは失敗する」。

そう発言していたんです。

「アベマtvがダメな所は、全てを自分たちで行なっている所。

制作もスポンサーも費用もスタジオも、全てがアベマが請け負って、コンテンツを作っている。

一方でなんでyoutubeが成功したのかって言うと、制作、費用を費やしたコンテンツが
youtubeはお金を払うことなく、に勝手に集まっている。

勝手にコンテンツが集まり、そのコンテンツ見たさに、youtubeを利用するユーザーが自然に増える。

この違いがアベマが成功しないと思う理由です。」

そんな風に解説していました。

ボクがこのひろゆきの意見を聞いて面白いと思ったことは、「発言する視点がいちユーザーではなく、いち経営者」だということ。

多くの人はいちユーザーとして、「youtube面白いよね」と意見するだけ。

また「あの動画面白いよね」と意見するだけです。

ただひろゆきは、youtubeのようなプラットフォームを【作る側】の視点で「なぜ利用する人が多いのか?」「なぜ売れたのか?」

この部分を考えている。

つまり経営者視点で物事を考えていたということです。

そもそも彼は会社を経営する人物なので、その視点を持っていて当然といば当然ですが。

やはり普通の人とは、見ている視点が違うなと感じざるを得ませんでした。

まさしくミクロ視点とマクロ視点ですね。

だからビジネスとは「問題を解決すること」

問題を解決する為に、クイズの問題を解決するときのように、1つの視点で考えるのではなく、様々な角度から考えることが大切ということ。

ぶっちゃけ、様々な角度から「こうすればいいんじゃないか」と答えを導けるようになれば、このネットビジネスで稼ぐって余裕です。

「こうすれば仕入れられるだろう」

「ここにはライバルがいないだろう」

色んな視点から、答えが導けるし、それは他者と被ることのない自身だけの解答なので、余裕で抜きん出ることが出来るでしょうね。

1つの解答で答えが出なければ、別の角度から色々見てみる。

ってことを意識してみると景色は大分変わると思います。

ぜひ意識してみてください。

終わりに

こういう話をすると、「どうすれば色んな視点で物事を見る練習が出来ますか?」

という質問を頂きます。

そこでボクが言うことが、稼ぐこととは何かを売ることですから、「なぜ売れるのか。」「何を欲しがっているのか。」

この視点で物事を見れるようになると「売れるもの」なんてのは必然的に見えて来ます。

その為に「なぜ売れるのか」を勉強するのが良いと思います。

そんな風にアドバイスをします。

それでは。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事


アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする