秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!




節税のために法人成りを考えたとき、一番は名前決めに悩む


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

特に気にはしてなかったし、結果論でしかないのですが、いよいよ本格的に法人成りを考える分岐点に来ました。

結果論というのは、ボクは会社を作るつもりはなくって、会社に雇われるのが猛烈にイヤだっただけ。

それが結果的に繋がって、会社を立てた方が節税に繋がるという分岐点から、会社設立に繋がって行った結果でした。

「会社がイヤだったから、会社を作った。」

これだけ聞けば結構感慨深いw

そして少し名言っぽいw

その法人成りについて、節税対策のためココ最近ずっと考えていました。

でもボクの中での法人成りでの規定があって。

それは瞬間最大風速で作るんじゃなくて、最低値での規定を基準にすること。

これは瞬間最大風速であれば、この業界って、出しやすい業界である。

でもそれは一過性がなく、たまに来る台風みたいな存在。

それだったら意味がないし、結果的に会社設立の費用が高くなる。

だから、最低値の基準が、法人成りの基準に達したら、本格的に節税のための法人化を考えようかなって思ってました。

最低値って言うのが、ボクでいう自動化の部分。

自動化の数値が、会社設立時の最低値を上回っていれば、GOスタート切った方が良いのかな?って漠然に考えていました。

それがいよいよ目の前に。

当然回り道もあったけど、一歩一歩進んでこれました。

そこで今思うのは、「会社名」を決めるのって結構難しい。

そこで色んな会社の名前の由来を調べてみました。

例えばマツモトキヨシ。

マツモトキヨシの会社の名前は創業者の名前。

創業者の名前で言えば、ブリッジストーンも有名。

ブリッジ=橋

ストーン=石

創業者が石橋さんだったから、英語に変えて社名を付けたのがブリッジストーン。

そんな創業者の名前から取るパターンもあれば、理念やビジョンから取るパターンもある。

アマゾンなんかその典型で、物流をアマゾン川のような広さで流通させるという意味らしい。

んで、AからZに掛けて、「口」がありロゴが作られている。

これはアルファベットの頭であるAからケツのZまで、商品数を網羅するって言う意味。

こういうビジョンや理念から会社の名前を取ったパターンもあれば、造語として作った社名もある。

それがユニクロで有名なファーストリテイリング。

ファーストリテイリングのファーストはファーストフードのファースト。

ファーストフードのように早い小売を目指して、作った造語らしい。

調べてみると、意外に社名の由来は面白いことに気付きました。

やっぱり節税のための会社とはいえ、会社を作る事が目標じゃなかったとは言え、これから一生付き合って行く会社。

だからあんまり「なぁなぁな気持ち」では、名前は付けたく無いなぁって言うのが本音です。

もう少し思考錯誤して、考えついたら、お伝えしようと思います。

また、なにか良い社名があれば、教えてくださいw

候補に入れますw

P.S.

12時間労働が当たり前のブラック企業に勤めながら、1日1〜2時間の副業時間で、せどり開始2ヶ月目は23万円、4ヶ月目には30万、その後も下がることなく月収65万円稼ぎ、独立するまでに至りました。

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の【禁断】の超高利益せどりのノウハウをまとめた本が特典として、もれなくもらえます。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする