このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

部屋の温度を〇〇度に変えるだけで作業効率が150%!適切な室温とは?!

僕らのような個人事業主だったり、フリーランサーだったりは、結構部屋が職場なんて人も多いはず。

夏は快適な温度にエアコンを設定するし、冬は快適な温度にするために暖房をつける。

それも自分で選び放題。

その温度に関して、何度がいいのかな?って疑問があったので調べてみた内容をシェアしていこうと思います。

結論として、人間が最も作業効率が上がる部屋の温度は25度です。

根拠

この根拠となる研究は2004年にコーネル大学が研究した内容が元になっていて。

「部屋の室温によってどれぐらい仕事の効率が変わるのか?」という調査を行いました。

このコーネル大学では、部屋の温度が20度で仕事をしてもらうグループと、部屋の温度が25度で仕事をしてもらうグループとの2種類に分けて、その違いを見てみたわけですが、結構大きな違いになって現れます。

結論として、25度の部屋の温度で仕事をするグループの方が、タイピングなどのエラーやミスなどがおよそ40%も減ったことが確認されました。

また、作業効率が150%の向上したということもわかり、作業効率を上げたいのであれば、部屋の温度は25度が適温だということが、このコーネル大学の研究によって明らかになったわけです。

応用方法

まあ、普通の仕事をしているサラリーマンであれば、なかなか室内の温度を変えることはできないかもしれません。

(優秀な社長であれば、部屋の温度だけで150%もの作業効率の向上が望めるのでやらない手はないですが。)

その一方でフリーランスや自営業、または個人事業主といった人たちであれば、作業場の温度は自由に選べるはず。

ならば、この室温25度というのはやらない手はないかと思います。

実際に僕もこのコーネル大学の研究を知ってから、部屋の温度は25度を保っています。

ただ、1つ問題なのが、人間というのは「温度」に対しても「慣れてしまう」ということ。

要するに「飽き」がきてしまうということですね。

そのため、飽きてしまった場合、作業効率が下がってしまうことも考えられなくもない。

そこで飽きないための室温の調整としては、「24度と25度を行き来する」ということを行うと、温度に飽きず、作業効率を保ったまま仕事を続けられるとされています。

また僕の場合、いちいち温度を変えるのがめんどくさいため(最近リモコンの調子も悪い)、「風」の調整で飽きをこさせない工夫をしています。

自動にしておくと、自分の体温で上がった温度が、風が吹き「設定温度」に保ってくれるので、25度以上に暑くなれば風を送り、温度を下げてくれるし。

25度以下に寒くなれば、温度を上げてくれます。

この送風の関係で、多少なり「飽き」を緩和させるようにしています。

リラックスの温度

そして最後に、先ほどの研究では「仕事の作業効率」に適切な温度が25度で、その温度設定によってタイピングエラーの減少や作業効率の向上が見られたわけですが、「リラックスの適正温度」というのも、わかっていて。

それを紹介して終わろうと思います。

これは2011年の大阪大学の研究で分かっていることで、人間が一番幸福感を感じリラックスできる温度というのが、どうやら13.9度だそうです。

この温度を感じると人は幸福感を感じ、一番リラックス効果が得られる温度なのだとか。

13.9度といえば、秋口ぐらいの気温で、そのぐらいの季節であれば外に出るだけでリラックス効果を感じられる。

でも、夏や真冬であれば、この気温を感じるのは少し難しい話です。

ですから、僕の場合は、結構シカトしちゃってます。笑

「リラックス温度は13.9度なんだな」ってぐらいの認識で、私生活にはあまり取り入れてません。

唯一、このリラックスとして取り入れているのは、サウナと水風呂で、この大阪大学の研究における温度への効果があるかはわかりませんが、「水風呂」でのリラックスを優先させてます。

また、この水風呂だと13度前後の温度もあることもあるので、温度に対するリラックス効果も期待できるかもしれない?!ってことで代用してますね。

(ただ単に水風呂が好きなだけ笑)

普通に外気が13度前後なのであれば、外に出ることをお勧めしますが。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする