このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

仕事終わりにすべきこと!翌日に疲労が回復しまくるシャットダウンリチュアル!

今回はタイトルにある通り。

「仕事終わり」もしくは「夜の寝る前」にやっておいたほうがいいことに関して、面白いことを知ったので、それをシェアしておこうと思います。

その方法っていうのが「シャットダウンリチュアル」というもので、簡単に言えば「翌日の予定を考えておく」ということ。

これをするだけで、翌日に疲れが回復し、いいパフォーマンスを発揮できるとされているオススメの方法とのことです。

根拠

このシャットダウンリチュアルというものを提唱しているのは、心理学者で、大学の准教授も務めるカルニューポート教授が出した「大事なことに集中する」という本の中で提唱されている方法です。

「deep work」というタイトルにもある通り、生産性を高めるために、どうやって集中力を高め、集中を阻害するものを排除していくのか。

こういったことを解説している本な訳ですが、この本を書いたカルニューポート教授が提唱するのが、先ほど触れた「シャットダウンリチュアル」というものです。

すでに説明済みですが、このシャットダウンリチュアルというのをもっと簡単に説明すると、「翌日の予定を仕事終わりに書き出しておく」ということを意味していて。

「仕事終わりに明日の用事をまとめろ」

これがシャットダウンリチュアルの意味になります。

ではなぜ、仕事終わりにこのシャットダウンリチュアルをすることで、翌日の疲労感を回復することにつながるのか、ということですが。

実は、僕らの脳みそというのは、仕事が終わったとしても、何か考え事をしたり、仕事のことを考えたりと、常に働いている状態です。

具体的には、脳の中にある灰白質という箇所が、活発に活動していて、リハーサルループという現象を起こしています。

このリハーサルループというのは、カンタンに言えば「仕事の考え事が頭を駆け巡っている」ということで、脳が休まる状態になっていない、ってことなんですね。

ですから、仕事が終わったとしても、仕事のことに関して脳は働いているため、寝つきが悪くなったり、睡眠の質が悪くなったりと、ストレスを抱え込み、そのことによって睡眠の質が悪くなり、疲労感が次の日になっても抜けないということが引き起こってくるわけです。

理由

そこで、シャットダウンリチュアルと称して、「仕事終わりに翌日の予定を立てる」ことをしてあげることによって、脳に「今日の仕事はもう終わり」と間接的に思い込ませることができます。

翌日の仕事を考えているということは、その日の仕事が終了したことを意味しているので、間接的に「今日はもう終わりなんだ」と脳が思考するってことですね。

そうすることによって、灰白質がリハーサルループを行うことがなくなり、脳がリラックスした状態になっていきます。

その状態で、睡眠をとることによって、嫌な不安感や興奮状態がなくなり、リラックスした状態で深い眠りにつくことができます。

そのことにより、より疲労感を回復することにつながるため、シャットダウンリチュアル=「翌日の予定を仕事終わりに立てる」ということが重要なんですね。

シンプルに言えば「脳にもう今日は終わり!考えなくていいよ」と伝えてあげる必要があって。

その方法が、「仕事終わりに翌日の予定を立てる」ってこと。

シャットダウンリチュアルの効果

んで。

僕もこの方法を知ったその日に、シャットダウンリチュアルをやってみました。

前提として僕の状況を説明しておくと。

特に翌日に疲労感を持ち越すわけでもなく。

また睡眠の質が悪いわけでもなく。

さして疲れを感じることもない状態。

(じゃあなんでやったんだ。笑)

こんな状態だったわけですが、今よりもぐっすり寝れるのなら、それに越したことはないし。

それに、結構言われてみれば確かに、仕事のオンとオフの切り替えをするタイミングがなくって。

(これは仕事柄仕方ないが)

頭の中で、常に考え事をしていたり、物思いにふけっていることが往々にしてありました。

その部分だけが少し気がかりだったので、「確かにもう今日は終わりって信号を脳に出した方がいいよな」って感覚で始めたのが、このシャットダウンリチュアルだった、ってことですね。

なので、結構普通のサラリーマンの人よりも前提条件が結構ゆるいです。

その上で、効果はどうだったかっていうと。

僕的にはそこまで睡眠の質が向上した感じも、翌日の疲労感もなくなった感じは、体感できませんでした。

まあ、これはそもそも特に疲労感を感じる仕事でもないし、睡眠の質がもともと悪かったわけでもないので、実感できなくて当たり前かなと。

(前提条件が緩いので)

ただ、当日と翌日の比較はさほど効果は実感できませんでしたが、シャットダウンリチュアルをしてから寝るまでの間は、結構すっきりした感じがありましたね。

翌日より当日って感じ。

それは、僕の前提条件として「疲れ」や「睡眠の質」が問題ではなく(むしろ健康体)、「仕事のオンとオフの切り替え」が難しい仕事であった、ということが考えられます。

なので、シャットダウンリチュアルをすることで「今日はもう何も考えなくていいんだな」って思考に切り替わったので、ゆっくりアメトークを見ることができました。

多分これは仕事の状態や疲労感とか、そうい行ったことが結構影響するので、一概に効果がある、って感じは言えませんが、僕としては「仕事のオンとオフ」を切り替える作業には使えるなって感じたので、仕事終わりのルーティンとして習慣化しようかなと思います。

新しいことを習慣化するのに超絶オススメの簡単テクニック!

その際は、上記記事にある通り「仕事終わりにシャットダウンリチュアルをする」と、イフゼンルールで組み込んでおくと、さらに習慣化しやすくなりますね。

まとめ

最後にまとめておくと。

仕事終わりにすべきこと:シャットダウンリチュアル

翌日の仕事を、仕事終わりにすることによって、脳が「もう仕事のことは考えなくていい」と感じるため、灰白質の活動を抑えてくれる。

一方で、仕事のオンとオフの切り替えがないと、灰白質が活性化し続けリハーサルループを引き起こし、ずっと脳がオンの状態にあるため、休まらず睡眠の質を下げて、翌日まで疲れを引きずってしまう可能性が。

効果は個人差はあるが、デメリットがあるものでもないので、習慣化に組み込んでおいて損はないかも。

まとめるとこんな感じですね。

ぜひ参考にどうぞ。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする