このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

楽してダイエット!食事制限もカロリー制限もせず体重を落とすリーンゲイズ法。

今回はタイトルにある通り。

ダイエットするために、カロリー制限も食事制限もする必要のない方法を知ったので、それをシェアしておこうと思います。

厳密に言えば、食事制限をせずとも食欲が自然な状態に落ちるので、空腹感を感じづらくなり、その結果摂取カロリーも抑えられるので「楽して痩せられる」ということで。

慣れるまで大変ですが、慣れてしまえば楽にダイエットができるという方法になります。

それが「16時間断食」

その効果に関する根拠とやり方に関して解説していこうと思います。

根拠

この16時間断食はいわゆる「リーンゲイズ」と呼ばれる方法で、この効果を証明してくれたのはイリノイ大学が研究した論文が元になっています。

この論文では、肥満に悩んでいる23人の男女を集め、2つのグループに分けます。

ちなみに平均年齢は45歳で、BMIは35を超える人たちでした。

BMIっていうのは、わかりやすく言えば「体重と体型との相関図」を表す数値で「18.50〜24.99以下」が標準体型と言われてますから、BMIが35というのは、かなり肥満な人たちということが想像できるかと思います。

分けたグループというのは以下の通りで、

  1. 普通の食事と生活を送ってもらったグループ
  2. 16時間断食して8時間なんでも食べていい時間を設けたグループ

この2つに分けて、12週間計測していきました。

12週間後、それぞれのグループの被験者たちを測定していったわけですが、普通の食事をしていたグループよりも、断食をしていたグループの人の方が、体重にして3%減っていおり、なおかつ日常の摂取カロリーも350キロカロリーも減っていることが判明しました。

まあある意味、普通の食事をとったグループと「断食」という制限を入れたグループなので、こういった体重の変化が起こるのは、ある意味当たり前ですが、ポイントなのは「どちらも好きなものを食べてもいい」としたこと。

これが大きなポイントで。

断食といえど、食べていい時間を制限しただけで、「食べてはいけないもの」を制限したわけではありません。

お菓子類を食べても問題はない中で、体重3%と350キロカロリーと摂取カロリーが減ったのは、かなり大きなものです。

つまるところ、食べない時間を設けることによって、食欲が正常値に戻るため、「食べなくてもいい体」になったことから、ダイエット効果として上記の結果が現れたわけでした。

その断食の効果

断食の詳しいやり方を説明する前に、もっと断食に関する効果が検証されていて。

というのも、食べたものを消化するというのは、かなり体にとっては大変なことで。

食べる時間が長く長時間に渡ると、その分「肉体」は休んでいても、胃や腸などは、必死に食べ物を消化し働いているわけです。

そのため、断食をして内臓を休ませることによって、様々なメリットが得られるとされ血ます。

ただ、まだ動物実験だったり、人体に関するレポートではない情報も多いため、「へーそんな効果があるかもしれないんだ」って感覚で聞いてもらえるといいかと思いますが、今尚新しく更新されているので紹介しておくと。

まず、血液がサラサラになるという効果が期待されているのが断食。

これは断食をすることによって、中性脂肪が減ったり、LDLコレステロールが減ったり、血糖値が減る効果が確認されていることが由来で。

断食をして、一定期間食べない時間を設けることで、体がリセットされるため得られる効果だとされています。

さらに、睡眠不足に関してもいい影響があるという研究もあったりすると言われてますね。

また便秘や腸内環境に関しても、いい影響があると言われていて。

簡単に言えば、断食をしてカロリーを抑えることによって、モチリンとグレリンという成分が分泌されます。

このモチリンとグレリンは、消化器官を整える働きをするため、腸内環境が良くなることが期待できるとのこと。

このように、いろんな効果がまだまだ今尚研究されていて、ダイエット以外にもいい影響があるとされているのが断食なんですね。

応用方法

では早速。

リーンゲイズと呼ばれる断食のやり方を解説していくと。

やり方はシンプルで、食べる時間を8時間に制限して、残り16時間は食べない時間を設ける。

これがリーンゲイズのやり方だとされています。

上記の16時間というのは、男性の場合で、女性の場合は、12〜14時間ほど食べない時間を設けることで、リーンゲイズという断食の効果を得られるとされています。

これを聞いて僕も実際にダイエットというか、減量をしているので、取り入れていこうと思っていますが、僕のライフスタイルに当てはめていくと、いろいろな疑問と答えが出てくると思うので当てはめていきますね。

僕に当てはめていく場合、まず僕は9時に起床して、朝運動を20分してから、10分瞑想してタスクをスタートさせます。

だからおよそ10時ごろ1日がスタートって感じですね。

基本朝ごはんは食べませんが、プロテインを飲んでいるので、10時にプロテインを飲んで朝ごはん終了という感じ。

そこから8時間は「食べていい時間帯」なので、10〜18時が僕のライフスタイルにおける食事時間です。

んで。

だいたい13時に昼食を食べるわけですが、「科学的にジャンクフードをやめる超かんたんな方法!2分間あることをするだけ!

これでも書いた通り、昼にラーメンを食べていた生活から改め。

ジャンクフードを昼に取ることを一切やめました。

なので、13時にサラダとサラダチキンを食べる感じ。

(本来はリーンゲイズは気にせず食べてもオッケーですが、僕的に自己コントロール力が落ちるので、脂肪分が多い食事はやめてる感じ。)

そこから、最後の夜ごはんは、10〜18時までが食べれる時間なので、18時に夜ご飯を食べるという感じ。

これは日によってまちまちですが、基本は何を食べてもオッケーです。

そして18時の食事を最後に、翌日の10時まで何も食べないというのがリーンゲイズという断食法。

これを女性の場合は12〜14時間食べないと時間帯を変えてもらえればいいので、「10時〜20時」と食べれる時間帯を変えてもらえれば応用が可能かと思います。

応用方法2

そんなライフスタイルを組み込んでいるときに、忘れてはいけないのが「タンパク質量」

これは女性の方には関係ないかもしれせんが、ダイエットというより「減量」を行なっている方の場合、「脂肪を減らしたいけど、筋肉はなるべく落としたくない」というのが、切なる願いかと思います。

必要なタンパク質量も食事していい8時間の中に組み込みたいので、プロテインの摂取回数でそれを補います。

基本的に、必要なタンパク質量として「体重分×1〜2倍のタンパク質量」と言われてますから、体重が80キロだった場合、タンパク質量は「80g〜160g」は欲しいところ。

このリーンゲイズにおける「8時間の間」でどうやって摂取しようかな〜って考えてみると、3時間おきに摂取していくのがベストと判断。

これはボディビルをやっている方も行なっている摂取タイミングだとのことで、採用しました。

(消化する時間も必要なので)

そうなると、プロテインの摂取時間は10時、13時、16時、18時の「4回」は取れるなと。

僕のプロテインは1回の摂取で24g取れるので、24×4=96gは摂取できます。

これで最低限のタンパク質量は担保できているので、あとは昼ごはんと夜ご飯で補って摂取していけば、なるべく筋肉量を減らさずに脂肪を落とし込む、リーンゲイズという断食のライフスタイルが出来上がるのかなと。

まとめると

10時:朝ごはん(プロテイン)

13時:昼ごはん+プロテイン

16時:プロテイン

18時:夜ご飯+プロテイン

18時以降:断食

こんな感じ。

もちろんこれが正解とは限らないですし、僕もやってみてどうだったのかを自分の体を使って検証していくので、万人に当てはまるとは限りませんが、とかくやってみようと思います。

ただ、「【腹筋を割る】下腹部の脂肪を落とし、燃焼させる最も効果的な食事法!

この記事でも書いている通り、下腹部の脂肪も落ちやすくなることがわかっていたりするので、結構効果的なのかと。

「いや。そんなのめんどくせぇよ」って人は、「筋肉をなるべく落とさず、脂肪だけを落とす減量法が見つかった話。

この記事に書いたIPFというもう少し楽な方法もあったりするので、自分に合った方法を試していくのがいいかと思いますね。

まとめ

断食「リーンゲイズ」のやり方をまとめておくと。

男:14〜16時間食べない時間を作る(食べていいのは8時間〜10時間)

女:12〜14時間食べない時間を作る(食べていいのは10時間〜12時間)

こうすることで、食欲が自然と抑えられるため、消費カロリーが減り、ダイエット効果が期待できる上、断食には様々な効果が研究証明されている。

って感じですね。

ぜひ参考にどうぞ。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする