このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

頭の中で復唱するのと声に出すのどっちの方が記憶に残る?

今回はタイトルにある通り。

「暗記力」を高める方法に関して面白いことを知ったので、それをシェアしておこうと思います。

まず先に結論から伝えておくと、「人に向かって話しかける」ことによって、僕らの記憶力は向上する傾向にあることがわかっています。

なので、資格勉強や学校のテストなど、覚えなければいけないことがあれば、「人に向かって話しかける」ようにして覚えると、より記憶できるため実践していくといいでしょう。

根拠

では人に向かって話しかけるようにすると記憶力が高まる、と言ったその根拠から解説していくと。

これはカナダのモントリオール大学が行った研究で。

この論文では被験者を集め、単語を覚えて行ってもらいました。

その上で、単語を覚える方法をそれぞれ4つのグループに分けていきます。

  • 覚えた単語を頭の中で復唱したグループ
  • 覚えた単語を唇を動かし暗唱したグループ
  • 覚えた単語を声に出したグループ
  • 覚えた単語を人に向かって暗唱したグループ

この4つのグループに分けた訳ですが、シンプルに区分すると「声に出すか否か」で2つのグループに分かれています。

声に出さないのが「頭の中で暗唱」したグループと「唇を動かして暗唱」したグループ。

声に出したグループはそのまんま「声に出したグループ」と「人に向かって暗唱した」グループでした。

詳しく分ければ、声に出さずして「頭」の中だけで暗唱した人と、声に出さずして「唇」を動かした人。

声に出して覚えた人と、実際に話しかけるようにして声に出した人。

このいづれで「どれが一番記憶に定着しやすいのか?」ということを調べて行ったのが、このモントリオール大学の研究だった、ということですね。

その後、それぞれの暗記法を活用してもらった後に単語テストを行ってもらい、それぞれのグループの人たちがどれぐらい記憶しているのかをテストしていきました。

その結果はいづれの通りでした。

  1. 覚えた単語を人に向かって暗唱したグループ
  2. 覚えた単語を声に出したグループ
  3. 覚えた単語を唇を動かし暗唱したグループ
  4. 覚えた単語を頭の中で復唱したグループ

一番記憶力がよかったグループは「人に向かって暗唱した」グループで、ついで「単語を声に出した」グループが2位。

そして3位が「唇や口を動かして覚えた」グループとなり、最下位は「頭の中」で覚えたグループでした。

振り返ってみると「声に出す」というのは、1位2位でフィニッシュとなり、暗記することにおいては「声に出すこと」がモントリオール大学の研究により有効であることがわかりました。

なぜ人に向かって話しかけると記憶力が高まるのか

ではそれぞれ「声に出す」ということと「人に向かって話かける」ようにすると記憶力が高まるその理由について解説していくと。

1位と2位に共通していた「声に出す」ということに関しては、「声に出すことでの再理解」と「アクティブラーニング」が影響していると考えられています。

「声に出すことでの再理解」というのは、自らで声に出し話すことによって、耳から再度情報をインプットすることにつながります。

頭の中で復唱するだけではこの現象は起こらず、一度インプットしたことを「2度」復習したことにつながる。

さらには声に出すというアウトプットは同時に「アクティブラーニング」へとつながる傾向にあり、このアクティブラーニングは「学習効率が高い学習法」としても知られています。

いづれの理由で「声に出した方が記憶力が高くなる傾向」にあることが、説明されている訳です。

その上で。

1位と2位の違いであった「人に話しかける」ことによっても差が出た理由は、「コミュニケーションによる脳の発達」が原因だとされています。

「コミュニケーションによる脳の発達」というのは、僕らに人間は「連携」をとることで、弱肉強食の世界を生き抜いてきました。

ライオンやトラなどに比べ非力なホモ・サピエンスは個人個人で生きぬことはできず、「コミュニティ」を形成することで生き抜いてきた訳です。

そして、コミュニティを形成する=コミュニケーションを図るということにつながってくるため、「他者と交わる時に脳がより活性化する」という進化を遂げてきました。

さまざまな研究においても、これは証明されていて、僕ら人間は「他者とのコミュニケーション」を図る際に、さまざまな脳の部位が活性化することがわかっています。

またコミュニケーションを取ると脳がより活性化し成長することもわかっています。

なので、人に向かって話しかけるようにした方が、より脳が活性化するため、相対的に「記憶力が高まった」ということが言える訳ですね。

まとめ

少し長くなったので、最後にまとめておくと。

記憶力を向上させる方法は「人に向かって話しかける」ようにして覚えると記憶力が高まる。

それはまず声に出すということが、アクティブラーニングや再復習ということを自動的に行っていることにつながり、さらに「コミュニケーション」を勉強に取り入れることで、より脳が活性化するため。

なので、暗記などをする際には人に向かって話しかけながら学習すると良い。

まとめるとこんな感じですね。

ちなみに言うと、「話しかける人がいない」という場合でも全く問題はなくって。

上記のモントリオール大学の研究でもそうでしたが、相手が聞いていると言うことはあまり大切なことではありません。

つまり「話し相手がいるかどうか」ではなく、「人に話すこと」が重要なので、相手がいない場合は「会話しているように独り言」を言うだけでも効果が期待できます。

さらに「人に話しかける」という派生の一つで「人に教える」という勉強法がありますが、これもかなり学習効率の高い勉強法の1つです。

この「人に教える」と言うことに関して「人に教えるつもり」で学習するだけでも学習効率が高まることがわかっているので、今回の「人に話かける」ということも同様の効果が期待できると言える訳です。

人に教えるのって本当にいい勉強法なのか検証した結果。

上記記事で詳しく解説しているので、気になる方はぜひ見てみてください。

 

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする