このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

CODやバトルフィールドをやると注意力や判断力が上がるという研究結果!

今回はタイトルにある通り。

ゲームに関して面白いことを知ったので、それをシェアしておこうと思います。

僕もよくやっていたCODシリーズやバトルフィールドなどのゲーム類。

これをやると、注意力や判断力、ひいては情報の取捨選択が上手くなることがわかっている、ということが判明していました。

ゲームをするほど高められるスキルとは

まずは根拠から。

これは中国電子科学技術大学が行った研究が元になっていて。

被験者を38人集め、2つのグループに分けます。

その分けたグループというのは、一方が「リーグオブレジェンド」をかなりの期間行っていてプレイスキルも高い人をまとめたグループ。

もう一方は、ゲーム経験が半年未満の初心者の人たちをまとめたグループ。

まず、この2つのグループに分けていきます。

その後に、0,1秒間隔で画面にアルファベットなどの記号が表示されるゲームを大学側が作り、指定した記号が画面に表示したら、ボタンを押してもらう、ということを被験者に指示していきます。

なんだろうなこれ。

おそらく、ゲームセンターとかにある「瞬発力」を見極めるゲームに近いかなって感じですかね。

壁にボタンが配置されていて、「ボタンが光ったら、そのボタンを押す」的なゲームってあるじゃないですか。

よくテレビ番組なんかでも「スポーツ選手の瞬発力はどれぐらいか?」っていうバラエティの企画としてもあったようなやつ。

それに近いもので。

例えば、画面に「D」と表示されたら、手元のボタンを押す。のようなシンプルなゲームを想像してもらえればいいかと思います。

この判断ゲームをしてもらいながら、被験者たちにはEEGという脳の活動を測定する機会を当てて、脳の状態をチェックしていきました。

この結果わかったのは、リーグオブレジェンドをやっているグループの方が半年未満の初心者よりも、スコアが高く「情報の選択力」や「注意力」そして「判断力」が高いことが判明しました。

もちろんこの中国電子科学技術大学の研究では、被験者が38人ということなのでサンプル数が少ない印象があって。

追加で研究しないといけない課題はあるものの、目安としてはかなり面白い結果になったことと思います。

つまり、ある特定のゲームを行うことによって、情報選択力や注意力、判断力を高めることができる、ということなんですね。

なぜゲームをしていた人がスコアが高かったのか

ではなぜ。

リーグオブレジェンドを行っていたプレイヤーたちは、判断力や選択力、注意力といったスキルが高かったのか。

これに関しては、リーグオブレジェンドといった類のMOBA系のゲームには、判断力や選択力、注意力を鍛える効果があるため、とされています。

MOBA系のゲームというのは、マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナの略称で、複数人のプレイヤーと一緒にゲームをしていき、戦略を練り攻略していく、というゲームのことで。

相手がこう出てきたら、こう対処する。

というように、状況判断や対応など、頭を使って攻略していくゲームになります。

リーグオブレジェンドを行っていたグループは、瞬時に状況を判断し、複数人と情報を共有した上で、戦略を練り判断を下す、ということを行なっていたため「前の情報に捉われない」ということが起こっていました。

今回のテストでは「画面に指定の記号が現れたらボタンを押す」ということでテストをして行ったわけですが、初心者のグループは0,1秒でパパッと表示される記号に対して、情報を処理することができず、前の記号に囚われていました。

一方でMOBA系のゲームをやっていたグループの人たちは、情報判断力が培われていたため、前出現した記号に囚われず、画面を見て「違う」や「これはボタンを押す」という判断ができていたのでした。

つまり、情報処理能力が培われ鍛えられていたため、前の情報に捉われることがなかったので、MOBA系のゲームを行なっていたグループの方がスコアが高かった、ということが考えられるわけです。

他のゲームでの応用方法

そしてもともと。

この研究ではリーグオブレジェンドをやっている人たちは「判断力」が高いのではないか?という仮説から行われた研究ではなく。

MOBA系のゲームをやっている人たちは「判断力」が高いのではないか?という仮説から行われた研究でした。

何がいいたいのかというと。

「リーグオブレジェンドがMOBAだった」ということではなく、「MOBA系のゲームの中の1つにリーグオブレジェンドがあった」という順番なんですね。

つまり、判断力や注意力、情報選択力というスキルを鍛えたいのであれば、リーグオブレジェンドに限った話ではなく。

MOBA系のゲームであれば、判断力や注意力などを鍛えることが可能だということ。

こうすることで、いろんなゲームにおいて応用が効いてくることが見えてきます。

MOBA系のゲームに共通することは、複数人で情報を共有し、リアルタイムでの状況判断が求められること。

そうして複数人で攻略していくゲームであること。

ここら辺の基準を守っていくと、いろんなゲームでの転用が考えられます。

例えば考えられるのは「コールオブデューティー」などのFPSゲームです。

CODというのは、プレイヤーモードによりますが、多くのモードで、複数人での状況判断や戦略が求められます。

キャプチャーザフラッグに関しても、ドミネーションに関しても、ハードポイントに関しても。

敵対する複数の敵に対して、戦略を考え「相手がどう出てくるのか?」を思考しながら、陣地や旗を取っていきます。

ミニマップを見ながら、相手のいる位置を想像したり。

「Bポイントが取られているのなら」と、こちら側のやりたいことをどう遂行するのか考えて行ったり。

はたまた、リスポーンの把握など、数々の判断が求められます。

こう考えると、MOBAの要素をふんだんに盛り込んでいると考えられるので、FPSに代表されるCODなんかのゲームでも、注意力や判断力を鍛えることができると想像できます。

もちろんCODだけじゃなく。

MOBAの要素を盛り込んだゲームであれば、同じことが想像できるので、スキル向上に関してもゲームは役立っていくことが想像できますね。

脳に良い影響を与えるテレビゲームの特徴がこちら!マイクラやSPマリオなど

この記事にも書きましたが、脳にもいい影響を与えることがわかっているので、あながちゲームも馬鹿にできない、といった感じですね。

まとめ

長くなってしまったので、最後にまとめておくと。

リーグオブレジェンドの経験が長い人達と、半年未満の初心者を対象にして、判断力を競うテストを行ったところ、MOBA系のゲームを行なっていたプレイヤーの方が、スコア結果が高かった。

つまり、MOBA系のゲームをすることで、判断力や情報選択スキルなどを鍛えることができる。

それはゲームをすることによって、判断力や情報の取捨選択力が鍛えられていたため、「前の情報に捉われない」ことが原因。

研究ではリーグオブレジェンドを対象にしていたが、MOBAの要素があれば同じ効果が期待できるため、CODやバトルフィールドなどのゲームでも応用が可能だと考えられる。

まとめるとこんな感じですね。

ぜひ参考にどうぞ。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする