このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

病気やケガなどを商材としたアフィリエイトはやめておいた方がいい理由。

今回はタイトルにある通り。

「病気やケガに関してのアフィリエイト」に関してちょっと質問をもらったので、解説していこうと思います。

先に結論から言ってしまうと、病気やケガ系のアフィリエイトはまずやめておいた方がいいと思います。

医師免許だったり、専門家じゃない限りは、アフィリエイトに医療系はオススメ出来ませんね。

アフィリエイトをする場合は、危険性と緊急性を見極めること

じゃあ、なぜ病気やケガといった医療系のアフィリエイトはオススメ出来ないのか。

その理由に関して解説していくと。

そもそも、アフィリエイトのジャンルを選ぶ際に重要になってくるのは、「危険性と緊急性」なんですね。

というのも、危険性と緊急性が高いものっていうのは、SEOに対してかなりセンシティブな傾向にあります。

SEOも専門性を重要視している

このSEOに対してセンシティブっていうのはどういう意味かっていうと、SEOのアルゴリズムの中にも最近は特に「専門性」を有しているかどうか?っていうところが見られている傾向にあります。

だから、アフィリエイトのジャンルにおいても「専門サイト」や「実際に取り組んでいることが分かる事例」があるページや記事が上位表示されているんですよね。

そのため、病気やケガという医療系のアフィリエイトにおいても、「専門家」であることが求められるということを意味しているんですよね。

つまりは、薬剤師だったり、医者だったり、看護婦だったりと自分自身が専門家であることを証明できたり、それ相応の知識がないとそもそもSEOで上位に表示させることが難しいっていうことが言えるんですよね。

緊急性と危険性が高いものはさらに注意深くなる

そのうえで、病気や医療、ケガといったものは緊急性が高い上に、危険性が高いものになります。

緊急性と危険性が高いとどうなるか?っていうと、簡単に言えば「誤った知識を出せない」ということが言えるわけですね。

そしてポイントなのは、記事を更新したりサイトを運営する側の人も誤った情報を提示できない上に、グーグルサイドも誤った知識が乗った記事を上位表示させられない、という2つの壁が立ちはだかります。

危険性が高いので、誤った知識が用いられ、病人やけが人に何らかしらの危険が及べば、それはサイト運営者はもちろんグーグル側にも責任がかけられる恐れがあるので、めちゃくちゃ慎重なんですよね。

専門性があっても危険性が高いとリスクが大きい

とすると、ここまで見ていくと、そもそもアフィリエイトは「専門性」が重視される傾向にあるうえに、病気やケガといった医療系のアフィリエイトの場合は「緊急性や危険性」が高いジャンルになるので、誤った知識を「サイト運営者」も「グーグル側」も提示できない。

なので、めちゃくちゃ厳しく情報がチェックされるし、なかなかハードルが高いジャンルだっていうことなんですよね。

そもそも、医者とか専門医みたいな医療関係者じゃないとできないし、そういう人はアフィリエイトなんてやらない人が多いでしょうから、素人がやっていいジャンルではないんですよね。

だから、医療系のアフィリエイトはオススメ出来ないっていう風に伝えたんですよね。

初心者におすすめのアフィリエイトジャンルとは

その一方で危険性や緊急性が高くないジャンルっていうのも存在していて。

言い換えれば、アフィリエイト初心者っていうのは、この危険性と緊急性が低いジャンルを取り組むのがいいんじゃないかなって思います。

っていうのも、先ほど伝えた通りで、危険性っていうのは「誤った情報を流せない」というところ、多ジャンルよりも厳しくチェックが入るということを伝えてきたわけです。

もちろん、緊急性や危険性が低いからといって、ファクトチェックが入らないかっていうとそうじゃないんですが、そもそも危険性などが低い場合、ファクトが一つじゃないんですよね。

そういう意味で、取り組みやすいと思います。

ファクトが一つではないとは

ファクトが一つではないってどういうことかっていうと。

例えば、「正しい勉強法」という情報を調べたとします。

正しい勉強法なんて、人によって違うし、サイトに書いている方法が自分に合った方法とは限らない。

1日10時間勉強して、難関大学に合格したっていう人もいれば、高校三年生の時に勉強し始めて合格したっていう人もいる。

要するに、正解は一つじゃないんですね。

そのうえで、勉強法を間違えたって、死ぬわけじゃない。

要するに、危険性が高くないので、言葉を選ばずに言うと「答えは何だっていい」んです。

言い換えると、「自分にとってのアンサーが、正しい勉強法の一つのファクト」だということ。

この勉強法を記事にしたときに、グーグルサイドは

  • ユーザー滞在率
  • 滞在時間
  • 遷移率

こうした数字を加味にて、SEOへの査定にしているわけです。

つまり、危険性や緊急性が低いジャンルというのは、情報の正しさよりも(正しいことは一つじゃないので)、「ユーザーの満足度」によって検索順位が決まるといっても過言じゃないんですよね。

危険性や緊急性は、ファクトがより重要

その一方で、今一度比較して、医療系のジャンルを見てみると。

たとえるなら、昔に「ロボトミー手術」というものがありました。

このロボトミー手術というのは、開発した当初はノーベル賞までもが受賞された、精神疾患患者への手術としてかなり期待された手術でした。

ただ、「感情がなくなる手術」とも言われ、副作用や後遺症など、当時では気づかなかった危険性が指摘されて、今では全く行われなくなっています。

(気になる人は調べてみてください)

もし仮に、精神的に落ち込んでいた時に、グーグルの上位表示されているサイトで「ロボトミー手術を受けよう」なんて今の時代にあったら、それはグーグルの信用にかかわるわけです。

もし仮に、ユーザー満足度が高くめちゃくちゃ面白い記事だったとしても、間違った治療法が乗っていたとしたら、それは記事を読んだユーザーに危険が及んでしまうことになります。

危険性が高いからこそ、ユーザー満足度よりも「ファクト」が重用されるということですね。

ユーザー満足度よりも、ファクトが重要だからこそ、より責任が問われるうえに、「専門性」を持った知識を常に「新しい情報」とともに伝えなくちゃいけない。

だからこそ、医療系のアフィリエイトは難しいっていうことなんですよね。

まとめ

ちょっと長くなってしまったので、最後にまとめておくと。

ケガや病気といった医療系のアフィリエイトはオススメ出来ない。

それは、そもそもまず「専門性」が問われる昨今のSEOの傾向を考えると、医療初心者がやるべきジャンルではないということが一つ目に言える。

そのうえで、医療系というのは緊急性や危険性がはらんでいるジャンルなため、「ユーザー満足度」よりも「ファクト」が重要視される分野であるため、余計に初心者が取り組めるジャンルではない。

初心者がおすすめのジャンルというのは、危険性や緊急性が低いジャンルがおすすめで、それはファクトも重要だが、それよりも「ユーザー満足度」が重要であることが理由として挙げられる。

まとめるとこんな感じですね。

ぜひ参考にどうぞ。

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする