このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

【世界遺産】沖縄の首里城と玉陵に行ってみたよ。

先日沖縄に行ってきました〜〜。

目的はたった一つで。

それが「首里城」

と言うか世界遺産だね。

今年必ずいきたいって行ってた3つの世界遺産。

小笠原諸島と沖縄と屋久島。

そのうち「【世界遺産】小笠原諸島へ観光に行ってきた〜上陸編〜」にも書いた通り、小笠原は行ってきた。

そのうちの1つとして今回沖縄に行ってきたわけでした。

(これで後は屋久島のみになりましたね。)

羽田空港から那覇空港へ

いざ羽田から那覇空港へ。

ボクの場合、小さい頃から日本各地に旅行していたわけじゃなく。

大人になってからいろんな場所へ行くようになったからか、いまだに飛行機が怖い。

あのふわっとする感覚とか、離陸とか着陸の時とかに電気を消すあの瞬間とか。

思うところがいろいろありながらも、出発時刻を待ちます。

横目に飛行機がわんさかあり。

でもやっぱり飛行機を見ると胸踊る。

「でけぇ〜〜〜〜」みたいな。

「あれが本当に飛ぶんだもんなぁ」みたいな。

そしていざ出発し、約2時間半で那覇空港に到着。

それまで小笠原諸島での旅行があって、小笠原諸島の場合「船で24時間」行くのにかかります。

それに比べて2時間半ぐらいで東京からついてしまう沖縄にびっくりしてました。

近!!!!って。

沖縄の那覇空港から首里までつながっているゆりレール。

沖縄では唯一の電車のようなインフラです。

んで。

実際にゆりレールに乗ろうとしたんですけど、ここでプチ事件発生。

東京みたいに改札口があって、タッチパネルみたいなのがあるので、そのまま内陸で使える電子マネー「PASMO」をタッチしてみたら、全く反応せず。

「あれ??」ってな感じで、切符を買いました。

ただ切符を買ってびっくり。

改札に切符を入れる場所がない。

よーく切符を見て見ると、、、

バーコードがついてました。

このバーコードを内陸でいう「改札のタッチ部分」にスキャンすると、改札が開く。

初めての沖縄だったので、このQRコード?バーコード?みたいなシステムにはびっくりしてましたね。

airbnbから国際通り

んで。

ゆりレールに揺られながら、今日から泊まるホテルにチェックイン。

ちなみにAirbnbで予約してたんで、事前に住所と鍵番号を聞いてまして。

玄関がこんな感じ。

エレベーター前にはウォーターサーバーが。

(一回も飲みませんでしたがw)

ちょっとこのエレベーターが臭かったのがネックでしたが、ほぼホテルにはいなかったのでまあ良しとしておきます。

泊まる場所はこんな感じ。

結構きれいです。

キッチン

(料理は全くしなかったのでほとんど使わずでしたがw)

見てわかる通り結構きれい。

んでairbnbの予想通り安い!!

ホテルと比較してないので、沖縄のホテルの相場がわかんないですが、4泊5日滞在して合21419円でした。

一泊約4000円。

探せばもっと安いところもありました。

ボクは旅行に行く時、泊まる場所とか全く気にしないタイプ。

だって旅行中はほぼホテルにはいないし、施設を見るより観光してしまってる。

その分、観光にお金をかけた方が充実するし、どうせ寝るだけなので、高額なホテルとかに泊まるのはもったいないと感じるタイプ。

飛行機とかの交通手段も同様ですね。

なので、ボクのようなタイプであればairbnbは結構おすすめかと。

チェックインチェックアウトの融通も利くし、基本借りてる期間は何時に戻ってきても、何時に出発しても問題ないんで。

そんなこんなでホテルにチェックインした後は荷物を置いて、すぐ近くの国際通りへ向かいます。

多分県庁前から進んで行くのが定番なのかと思いますが、逆に牧志駅からの国際通り。

民謡ライブ「わらゆい」ってところの2階でみんな踊ってました。

その下にある「#FR2月桃」

このお店はバンキッシュなんかを立ち上げた人がやっているお店で、アベマTVなんかでキンコン西野とともに結構テレビに出てたりする人が経営してるお店。

前日に「ニシノコンサル」ってな番組で、この「#FR2月桃」を取り上げていたので、ちょっと気になって見て見ました。

ブワーッとその先を進んで行くと、まあ人通りが多い。

そしていろんなお店がある。その一つで目を惹かれたのが「ハブ酒」のお店でした。

マジでハブが入ってる。

ってか目が真っ白ww

俺は飲む気にならないっす。

これは後日行った沖縄ワールドのハブを展覧している施設で知ったことですが、このハブ酒に入っているハブの毒は一切抜かないで製法するそうです。

ただ毒が入っていて危険なのかっていうと全くそうではなくアルコールによって毒をなくすので飲んでも全く無害に作っているとのこと。

ただ、毒はそのままっていうことにまずびっくりでしたね。

うん。がっつり入ってる。

夕方到着したってこともあり、明日からの旅行に備えて今日はラーメンを食べてそのままホテルへ戻りました。

(沖縄そばとかタコランスではなく、普通のラーメンを食べるwwただこのラーメン1000円ぐらいして高かったです。でも味は普通。多分観光客目当てのお店なんでしょうね。)

帰りしなの牧志駅の近くのシーサー。

凛として迫力がある。

そして何かよくわからない、ちょっとアーティスティックな絵に触れながらもどりました。

首里城へ

次の日はゆりレールに乗り、首里駅を目指します。

やっぱり観光客が多く、結構電車も混んでる。

結構観光客についていけば、自ずと到着するんじゃない?ってな感じでヒソヒソついて行ってました。

沖縄っぽ路地があったり。

やっぱりいたるところにシーサーがいたり。

これもシーサーの一環なんだろうか?ってなものを見つけたり。

後学校の門の上にもシーサーを見つけました。

そんなこんなで駅から少し歩いてくと首里城が見えてきます。

うんうん。

この感じ。

みんなで列をなして歩く。マジで可愛い。

登って行くと建物が見えてきます。

そして世界遺産登録の石碑。

登って行くとまた門が。

そしてこの門をくぐると、ありました。

よく見る首里城です。

右からぐるっと見て行くと、

こんな感じで取り囲むように建てられている。

そしてこの場所がどのようにして使われているのか?っていうのは、首里城の建物内に模型がありました。

琉球王国時代。

偉い人が壇上に立ち、それに属するように多くの人が膝をつきながら話を仰ぐ。

そんなような構図が今自分が立っている場所で、数百年前は行われていたということでしょうか。

そしてこの首里城と周りの城に入れるので入って行くと。

紅白の地面が中からも見えます。

先ほどの広間の裏には、こういう感じの庭があってめっちゃきれい。

表はこんな感じで、広間を見ることができました。

ここに琉球の人が集まっていたって考えたら、ちょっと見える景色は違いましたね。

(沖縄戦で消滅してしまっているので厳密には違いますが)

王家の人かな?が座る椅子があったりします。

こんな感じで、建物内からぐるっと一周することができ、中から紅白色のこの広間を見ることができます。

そして裏手にも行くことができて。

登って行くと、、、

沖縄の街並みを見ることができる、ちょっとした展望台が裏手にあります。

もちろん首里城も見ることができる。

結構狭いので、すれ違う時は注意が必要w

下って行きながら、沖縄らしい綺麗な花も。

帰り際にこの門をまた見て首里城を後にします。

(確か2000円札に描かれてる門だった気がします)

その後首里城の近くにある「玉陵」という場所も、世界遺産なんですよね。

なので次は玉陵に向かいます。

この玉陵は首里城から歩いて5分ぐらいのすぐ近くにあります。

ガジュマルがすっごい立派に生えてる。

資料館がすぐ近くあり、そこを見た後に玉陵へ。

玉陵とは簡単に言えば琉球国の偉い人のお墓。

その偉い方が右左真ん中という3つの場所に分けて眠っている場所だそうで。

これが入り口。

入って行くと、それぞれに石段がありました。

なんかねぇ。

ここめっちゃ不思議で。

別に首里城のような大きさとか絢爛さみたいなのはなくって。

単なるお墓で、作りもシンプルなものなんですが、凄い圧倒されるんですよね。

僕はスピリチュアルとか全然信じていないんですけど、パワースポットっていうものに行った時に感じるあれと少し似てるのかなって。

なんか体がじんわりするっていうか、ブワッとするっていうか。

なんか不思議な感覚で包まれたのを覚えてます。

だから首里城よりも僕はこっちの玉陵の方が行っておいて価値があったなって思いました。

その後、沖縄っぽい道を散策しつつ、夕飯場所へ。

夜も老けてきたので、また国際通りで食事をし、この日は終了。

明日は南の方にある、ひめゆりの塔や平和記念公園へ向かいます。

続き:「地元民に聞いた!沖縄南部(糸満市含む)のオススメ1日観光プランはこれだ!

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする