秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


同僚や上司からの愚痴は絶対に聞いては行けない科学的1つの理由


期間限定で無料プレゼント中のAmazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

やる気があったのに、同僚に愚痴をいわれやる気をなくす。

飲み会や食事に行けば、常に上司への悪口が出る。

そんな職場環境にいる人も少なく無い。

ただ、間違いないのは、同僚しかり、上司しかり、愚痴や悪口などを自分の耳に入れては行けない。

これに間違いありません。

単に「気持ちよく無い」「気分が良く無い」

そういう意味の精神論で同僚からの愚痴を聞くなといっている訳ではなく、1つの科学的根拠から「絶対にきいちゃいけない」といっている訳です。

悪口や愚痴。

これらには恐ろしい力と、負のオーラをまとっている。

実際に言葉は人を殺しもするし、人を助けもします。

そんな同僚や上司からの愚痴は絶対に耳に入れては行けない1つの理由言葉がもたらす恐るべき力をお伝えします。

あなたに向かう、同僚や上司からの愚痴が止まればと紳士に願いながら。

サラリーマンの友人からの相談

昨日少し離れた場所にある、有名なラーメン屋に行きました、ちゃんこまです。

ぼくの好物はもっぱらの家系。

間違いなくこってりの、太麺が一番上手いと思ってる。

(家系発祥の横浜が近いからかな?)

でもそのラーメン屋で、久々に細麺の博多系ラーメンを食らいました。

うん。

これもまた悪く無い。

(てかうめぇ。笑)

ぼくは残念ながら、ラーメンとか食べ物をSNSに上げる習慣がなく、「写真なんか取る前に、熱々のままかっ食らえよ!!笑」

そう思ってるタチなので、写真や画像は見せたくても、見せれない。。。W

ただ上手かった。

ちょっと写真を撮っておけばと後悔。。

友人はお腹が減っておらず、無理矢理ついて来てもらったので、何も食べていなかったのですが、ぼくの食べている姿を見たあと、「俺も少し食べよぉ」と、餃子だけを頼んでました。

なら、最初から頼めば良かったのに。笑

頼むのが遅かったので、ぼくが食べ終わった後ぐらいに、餃子が出て来て、ラーメン屋で餃子だけ頼んだ2人組みたいになってました。笑

やっぱり決断、判断は、即座にするべきですね。笑

これは、経営者や個人でビジネスをやっているなら必須です。

迷っている瞬間に、チャンスは過ぎて行く。

日常から、すぐさま判断する癖をつけておく。

大切です。

まぁ彼は、普通のサラリーマンなので、日常生活で、特段自分で舵を切り物事を決定する機会があんまりないので、仕方ないと言えば仕方ないのですが。

そんな彼から、「会社の同僚からの愚痴が凄い」

そんな悩みを相談されました。

確かに、ぼくがサラリーマンのときも凄かった。

「この会社ヤバくね!?」

「社長うざくね?」

「仕事かったるくね?」

「サボろうよ」

そりゃキリを上げれば、同僚の愚痴の数々。

飲み会に行けば、上司の愚痴が飛び交い、会社の愚痴が飛び交い、まさに愚痴のオンパレード。

そんな彼に伝えたのは、「絶対にその環境にいては行けない」ということ。

愚痴や悪口がもたらす恐るべき力

もちろん、その意図は「無理に会社を辞めろ」っていう、促進ではありません。

彼自身、会社以外での収入がある訳でもないので、今すぐ辞める選択はリスキー。

副業やら、副収入があれば、全然環境は違って、会社を辞めたって良いですが、そうじゃないので、まずはそこから。

ただ、愚痴を垂れ流す同僚の近くにいることは、絶対に自分自身に良い影響を及ぼさない。

その為に、「その場にいては行けない」という意味です。

「受け流せば良いじゃん」

「気にすること無いよ」

そうやって劣悪な環境の人にアドバイスする人がいますが、これって実は全く意味がありません。

というのは、同僚の愚痴、いわゆる声っていうのは、ものすごい力を持っています。

例えば、「アイツ使えないよなぁ〜」

って同僚が発したとき、脳はだれが使えないと言われてるのかを察知することよりも、「使えないよなぁ〜」っていう言葉の単語をキャッチする様に出来ています。

仮に同僚の言いたい「アイツ」が自分じゃなかったとしても、自分のことかの様に、脳は単語をキャッチするんです。

だから声とか愚痴っていうのは、ものすごい力を持っているわけです。

「あの人の一言」に救われた。

そう、人を一瞬で、幸せにするパワーがあるのも言葉だし。

「あの一言で死のう」と思った。

そう、人を一瞬で、地獄へ突き落とすのも言葉です。

最近では、まだ若い学生がいじめで命を落とす人が多いですが、いじめをしていた犯人に、致命的にいわれた「一言」をきっかけに命を絶った。

そんな被害者も少なく無いはず。

だから、自分の耳に入れる「言葉、声、音」これには最新の注意を払わなくちゃ行けない。

自分自身を大切にする為に。

だから愚痴を発する同僚と同じ場所にいちゃいけないんです。

仮に目標とか、やる気があって、「よし!頑張ろう!」そう思ってた時に、節々から同僚からの愚痴が飛んでくると、今までやる気だったのに「なんか今日は良いかなぁ〜」って自分のやる気を根こそぎ持って行かれます。

まさしく負のオーラ。

一流スポーツ選手が実践する言葉の使い方

実際に、一流スポーツ選手なんかは、その言葉の強みを知っているので、自分が発する言葉なんかはめちゃくちゃに気を使います。

実際にあったインタビューで、負けてしまったプロ野球の投手が「今日は勝てませんでした」
とインタビューに答えました。

「勝てませんでした。」っていう言葉。

本当は「負けました」って言ってもいいわけですよね。

どっちかと言えば、負けましたって言った方が、ストレートで分かりやすい。

でも、あえて「勝てませんでした」って言い換えているんです。

なぜか。

それは、人間の脳みそって、言葉の意味より、単語の意味を重要視します。

つまり、「負けました」って言うと脳に残るのは「負け」という単語。

一方、「勝てませんでした」って言うと、脳に残るのは「勝ち」という単語。

伝えたいインタビューの内容はどちらも同じだけど、自分の脳みそが感じ取る単語は違う。

そして感じ取った単語が、自分の潜在意識に蓄積されます。

「勝ち」という単語が、蓄積されるのか。

「負け」という単語が蓄積されるのか。

全く意味が違い、この積み重なった潜在意識が、自分を形作る。

だから、一流スポーツ選手は、言葉遣いに細心の注意を払うし、付き合う人に気を使います。

「自分の脳みそに変な単語をインストールしてしまわないように」

田中将大、ダルビッシュ。

ここら辺は、ものすごく言葉に気を使っているので、メジャーリーグのインタビュー映像があれば、一度見てみてください。

かなり言葉を選んでます。

同僚からの愚痴はセルフイメージを下げ続ける

少し脱線しましたが、それぐらい周りが言う言葉、自分が言う言葉、要するに自分の耳に入ってくる言葉って言うのが大事なんです。

となると、愚痴を言う同僚からの言葉は、やる気は奪われて行くし、自分の潜在意識は汚されて行くし、セルフイメージは下がるし、やる気、気力、ポテンシャル、全てが下がって行く。

ってか、だれに愚痴ってようが、気持ちいいこと無いしね。

だからなんとしても、同僚の愚痴は、自分の耳に入れちゃ駄目なんです。

毒素でしかない。

成功者はよく、「付き合う人を選ぶ」

なんて言われてますが、自分を上げてくれる、楽しい人と付き合いたい。

言葉の大切さを、代弁しているということも大きな理由の1つ。

そんなことを、友人にはアドバイスしました。

「もっともっと自分を大切にしな!」

「もったいないよ」って。

ぐちぐち言う奴で、自分に取ってプラスになる人はいない。

そもそも一緒にいて楽しく無い。

努力家で、マジメで一直線な彼が、可哀想でしかない。

終わりに

同僚含む、まわりの人間からの愚痴や悪口なんかは、意味や内容問わず、人の潜在意識や脳に直接働きかけます。

そしてその言葉を栄養に、潜在意識は育つ。

だからこそ、耳に入れる言葉は選ばなくてはいけません。

ある研究所のデータでは、幼少期にあんたは「駄目人間だ」といわれながら育った子供と、あんたは「天才だね!」と褒められた子供が、大人になりどう成長して行くのかを、記録したデータがあります。

駄目だと親にいわれながら育った子供と、凄いといわれ育った子供とでは、褒められた子供の方が、大きな結果を出していることがデータから判明しました。

要するに、親からいわれた純粋無垢な子供は、「正しい、正しく無い」関わらず、言葉を読み込み自分のセルフイメージに落とし込んでしまった。

ということが、このデータから分かる真実。

だからその子供が能力が無いわけではないのに、「お母さんに駄目な子っていわれたから、ぼくは駄目な子なんだ」と駄目で能力が無い子供を演じるわけです。

その子が能力が低い訳ではないのに。

だから、耳に入れる言葉がものすごく大事ということ。

その同僚が、勝手に愚痴を吐くことは構わない。

勝手にやってろ。って話。

だけど、周りに迷惑をかけるな。

そして俺の友達に迷惑をかけるな。

そう思います。

P.S.

12時間労働が当たり前のブラック企業に勤めながら、1日1〜2時間の副業時間で、せどり開始2ヶ月目は23万円、4ヶ月目には30万、その後も下がることなく月収65万円稼ぎ、独立するまでに至りました。

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の【禁断】の超高利益せどりのノウハウをまとめた本が特典として、もれなくもらえます。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※直近の月収+他ASPにて数万)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする