このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

スピーディーにタスクを終わらす!超濃密時間管理仕事術!

今日はタイトルの通り。

時間管理をしてスピーディーにタスクを終わらせる仕事術を知ったのでそれをシェアしようと思います。

それが「シングルタスク」

要するに、終わらせたい仕事を圧倒的に短い時間で管理して、スピーディーに終わらせる。

それが仕事上の時間管理において、効率的だということが言われています。

根拠

そのリソース元っていうのが、Brigid Schulteさんが描いた「Overwhelmed: Work, Love and Play When No One Has The Time」ってのが元になってます。

この「Overwhelmed」っていうのがどういうものなのかというと、簡潔に伝えれば「集中していないから、時間が足りていないように感じる」ということ。

これまで歩んできた人類の歴史から考えると、機械の発達やITの進化によって、本来もたらされる自由な時間っていうのは、増えていると言われていて。

でも、多くの人はその増えている時間を感じることができていない。

仕事にかかる時間やタスクは増える一方で、機械やインターネットによって「効率化」を図れているはずなのに、時間管理はますます厳しくなる。

ただその理由っていうのは、「Overwhelmed」の本の中で、「集中力が欠落しているためだ」という風に言います。

要するに、注意力が散漫になり、色々な場所に集中が散っていってしまうため、仕事をなかなか終わらせることができず、「時間だけ」がすぎていってしまうと。

その典型が「マルチタスク」だったりします。

結構昔であれば「マルチタスク」の優位性を支持する人が多かった一方で。

今では科学的な論文では「マルチタスク」での作業効率は良くないという見方が強くなっている。

社会学者のジョンロビンソン博士もマルチタスクに警鐘を鳴らしているひとりで。

ロビンソン博士曰く、マルチタスクを行うことによって、人が考える脳のIQポイントが15ポイントも下がったという話をしています。

要するに、脳みそがあれこれと、考えるベクトルが移動してしまうことによって、注意力が散漫になり、終わらせなければいけない仕事になかなか手をつけることができなくなった結果、仕事がなかなか終わらず「時間だけが過ぎて行く」という感覚に追われるわけです。

改善方法

ではどうすればいいのか。

シンプルな話。

仕事に関する時間の管理として悪影響をもたらしているのが、「集中力の散漫」「注意力の分散」「マルチタスク」だということがわかれば、その逆をやればいいだけの話。

要するに、「1つの仕事を集中的に終わらせる。」

そしてこのことを「1つづつこなす」ことで、マルチタスクよりも集中することにつながり、注意力の散漫を防ぐことができる。

いわゆる「シングルタスクへの切り替え」が、スピーディーに仕事を終わらせる超濃密仕事管理術だということです。

それを体現しているのがペンシルベニア大学のアダムグラント教授。

彼は2012年に超一流雑誌に論文を7本掲載、2013年にはギブ&テイクというベストセラー本を執筆しながら、論文を5本提出しています。

さらに2014年には、60冊もの書籍を出版したり、その功績はありえないぐらいの仕事量と質を誇っています。

当然ペンシルベニア大学の教授なので、学生に対して授業を行いながら、自身の研究も行いこの結果を叩き出しています。

このアダムグラント教授が行なっているのも、究極的に時間を管理したシングルタスクからもたらされていて。

アダムグラント教授を1週間を半分に分け、前半を論文や研究、執筆といった「知的労働」に使い、後半を学生に向けた授業など「肉体労働」などに分けています。

まぜこぜでごちゃごちゃと仕事をこなすのではなく、1つ1つの仕事をきっちりと終わらせる時間管理の仕事を行うことで、偉大な功績を残しているわけです。

応用方法

この事実を知ったのち。

僕もライフスタイルをガラッと変えました。

まず、集中すべき事柄を分け、徹底的に集中して終わらせるという時間管理。

それもなるべく早い午前中に終わらせるというシングルタスクへの切り替えを行いました。

僕自身結構夜型人間で、昼過ぎまで寝ているようなライフスタイルだったので、結構帰るのが大変でしたが、さすがに寝すぎだろってことで、時間管理するようになりましたね。

そして「午前中には全ての仕事を終わらせる」という仕事を時間管理することで、かなり集中してリソースを注げるようになりました。

人の集中力はおよそ30分しか持たないという風に言われており、1日に換算しても3〜4時間程度しかその集中度を持ち合わせていないという研究さえあります。

ですから、午前中に1つ1つ仕事をこなし、全てを終わらせることで、「時間を余らせる」という習慣にガラッと変えたわけですが、集中力や注意力、決断力をまばらにし、全て中途半端に終わらせるマルチタスクより、はるかに効率的になったと感じますね。

残った午後は、瞑想に時間を使い集中力を鍛えたり、運動に費やしたり、読書をしたりと、一定時間集中し切り、仕事を終わらせることで、自由時間も管理できることに気づきました。

これをDEEP WORKという風にいったりもしますが、仕事の時間管理ができていない方の多くは「集中できていない」「仕事が中途半端になっている」といったマルチタスクから起こる現象です。

それをなくし、徹底的に短時間で集中し切り、仕事を終わらす。

そうしていったほうが、時間も余るし自分に費やせる時間も増えるので、「短時間集中管理」の仕事術にシフトしていったほうが、絶対に得だと思いますね。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする