このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

時間が圧倒的に足りないと感じた時にすべき3つのこと

今回もタイトルにある通り。

時間が圧倒的に足りないと感じた時にすべきことを知ったので、それをシェア。

その方法っていうのが

  1. 1本の軸にする
  2. 整理する
  3. 他人に親切にする

この3つです。

その理由と根拠をお伝えしていきます。

根拠

まずそもそも。

時間が圧倒的に足りないと嘆いている人は結構いますが、最近社会心理学の観点からかなり話題に出るのが「時間飢饉」という概念です。

この時間飢饉という言葉がどういう意味かというと、「時間は足りているのに、焦りや葛藤、ジレンマによって時間が足りていないと感じる現象」

要するに、物理的には時間が足りているのにも関わらず、精神的に追い詰められ、焦ることによってストレスを感じ、時間がないように感じてしまうため、「足りない」と嘆いてしまうわけです。

この言葉は昨今であれば、インターネットが発達して、スマホなどが普及したため、かなり加速した考え方ですが、この時間飢饉という言葉はそれ以前からあり、1999年ミシガン大学のパーロという人が出した論文の中で「時間飢饉」という言葉が生まれていたそうです。

そして、時間飢饉の研究はさらに進み。

2015年のデューク大学で、123人の男女を集め、お金や仕事のトラブルを想像してもらい、この結果どういった変化が起こるのかを調査しました。

その結果わかったのは、「コンフリクト」というものが原因となり、時間飢饉が引き起こるということが判明します。

このコンフリクトというのは、要するに目的がバッティングしたもののことを言います。

例えば、ダイエットはしたいけどラーメンは食べたい。

資格の勉強はしたいけど、ゲームで遊びたい。

こういった、バッティングしてしまう目的がコンフリクトで、このコンフリクトを感じてしまうと、人はストレスに感じ生産性が落ちるため、「時間飢饉」に陥るというわけです。

要点

つまりどういうことかというと。

僕らは本来時間が足りないわけじゃなく。

時間飢饉という時間の歪みによって、「足りないように感じている」ということが、上記の実験から明らかになっていて。

バッティングしてしまう目的を持ってしまったがために、コンフリクトを引き起こし、「時間がない、時間がない」と想像することで、生産性が落ち、ストレスや葛藤から余計「時間が足りない」と感じてしまうということ。

何が言いたいのかというと、物理的な時間が足りないのでは決してなく、精神的な時間が足りていないため、本来やりたいことができないということが引き起こっているということなんです。

つまり、この時間の歪みやコンフリクトを取り除いてあげることによって、本当に物理的な意味で時間が足りないということ以外は、時間に余裕を持ち仕事や趣味に費やすことができるとういこと。

その方法というのが、冒頭で伝えた、

  • 1本の軸にする
  • 整理する
  • 他人に親切にする

この3つの方法だということです。

応用方法

まずシンプルな方の「整理する」という方法から解説していくと。

コレは人生においての目的というのが、誰しもにあることだと思います。

「男として、かっこよくありたい」

これが目的なのであれば、時間が足りない原因として「ダイエットしたいけれどラーメンも食べたい」

こうしてバッティングした目的であるコンフリクトに優先順位をつけることができます。

つまり、人生においての目的を決めてさえしまえば、その目的ごとによってコンフリクトを防ぐことができるので、1つ1つを終わらせることができるということ。

この目的ごとにやるべきことを1つ1つ整理していく。

これが時間が足りない方がコンフリクトを取り除く1つ目の整理するという方法です。

もう1つが、1本の軸にするということ。

これが先ほどの整理するという方法にも似ていますが、自分自身の人生の目的において1本の軸にしてしまうということ。

例えば僕の例でいえば、本を読むことは大好き。

知識を知ることや勉強をすること(好きなジャンルのみ)は大好きです。

そしてその知った知識をこうしてブログに書いて、自分の知識をさらに深める。

インプット

アウトプット

このようにして、自分のやりたいことが一見するとバラバラなようにも思えるわけですが、実際にはつながっている。

そうすると、全ては「目的のため」につながっているため、コンフリクトを引き起こすことがないため「時間が足りない」という時間飢饉にならないということ。

実際に僕自身はこの時間飢饉という言葉を一切知らない時から「時間が足りない」と感じることは圧倒的に少なかったように思います。

おそらくそれはすべての目的が1本の軸にしてつながっているから、コンフリクトが発生せず、時間飢饉になっていなかったからでしょう。

コレもオススメです。

そして最後が「他人に親切にする」ということ。

これは要するに時間飢饉というのは、「物理的に時間がないわけじゃなく、焦りや葛藤によるストレスで、精神的に時間がないと感じてしまうこと」が原因だったわけでした。

その大元である「焦りやストレス」というのを、他人に親切にすることで軽減するということがわかっています。

そうして、時間飢饉が引き起こってしまう根本的な原因のストレスを取り除くことによって、時間飢饉を防ぐというのが「他人に親切にする」という方法です。

ボランティアなんかもいいかもしれませんし、コンビニの横にある募金箱に募金するということでもいいかもしれません。

時間が足りないと感じる人は、その原因は時間ではなく「ストレスにある」

そう考えると、いろいろな対処ができるかと思います。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする