このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

感謝の言葉を伝える科学的に正しい書き方があるって知ってたかい。

結構こういったタイトルにすると「感謝の言葉を伝えると良くない」っていう風にタイトルと中身が反対ってことがよくネットの記事なんかではあったりしますが、決してそうではなく。

意味としてはストレートで、感謝の言葉を身近な人に伝えるっていうのは、本当に「いい効果」があるってことが、科学的に証明されていることを知ったので、それをシェアしておこうと思います。

僕らが考える以上に、相手に「ありがとう」を伝えるってのは、かなり「喜ばれる行為」だっていうことでした。

根拠

この感謝の言葉を伝える効果を証明してくれたのは、シカゴ大学の「感謝の手紙テスト」という論文が元になっています。

この研究では、被験者に対して同僚に「感謝の手紙」を書いてもらいました。

被験者は当然普段から感謝の言葉を伝える手紙を書いているわけではなく。

その感謝の手紙を書いてもらった後、被験者には「どれぐらい相手が喜ぶと思いますか?」というアンケートをとります。

この時に初めて支持されたため、僕らが反応するのと同様に「急に感謝の言葉なんか伝えて、引かれるのでは?」と思ったそうです。

また、「喜ばないだろう」と思う人もいたり、「喜んだとしてもそこまで嬉しい思いではないと思う」というようなアンケート回答が寄せられました。

そして書いた感謝の手紙を「宛てた同僚」に対して、渡していくわけですが、その「渡された同僚」に対しても「手紙を受け取った感想」を調査していきました。

その際に、手紙を受け取って「引いた人」というのは、被験者がイメージしていたのと全く異なり、引いた人は一人もおらず。

その上で、想像していた「喜ばない」だとか「対して嬉しくはない」という被験者のアンケートとは異なり、想像を超えるほど「手紙を受け取り喜んでくれた」ということがわかりました。

つまり、僕らというのは「感謝の言葉」というのを、普段面と向かって伝えるということをおろそかにしており、自分が思うほどに伝わっていないということ。

そして、その感謝の言葉を伝えるということは、僕らが想像する以上に効果が高い、っていうことが、このシカゴ大学の感謝の手紙テストから判明したことだった、ということでした。

利用方法

そしてさらに。

この研究を見ていくと、「僕らが感謝を伝える時、どうやって手紙を書いたらいいか」っていう書き方まで見えてきます。

まず被験者が「急に手紙なんて書いて引かれてしまうのでは?」と懸念していたのとは真逆で、引く人は一人もいなかった、ということから「誰しもが感謝を伝えられると嬉しくなる」ということが言えます。

逆に、「感謝を伝えられて嬉しくない人はいない」ということがこの研究からわかる1つ目の事実ですね。

そして、同様に被験者は「感謝の気持ちは気づいている」という風に思っている人が多かったそうです。

「感謝の気持ちは伝えているつもりだから、わざわざ言うほどのことか?」

そう思っていたそうですが、手紙を受け取った同僚の反応からも分かる通り、その「感謝」は伝わっておらず、多くの人が感謝の気持ちに気づいていないのが現実でした。

さらに言うと「表現力」というのは、全く関係ないこともこの研究で判明していて、「手紙の書き方」が決して重要なのではなく、その感謝を伝えたいという「温かい気持ち」や「姿勢」「想い」というものに同僚は感動したそうです。

うまい文章や表現力が高いから、手紙をもらったことに感動したのでは決してなく。

「気持ちを下手でも伝えてくれた」この伝えようという想いや温かい心に、胸を打たれたようでした。

つまり、書き方や表現をどうこうするよりも、ストレートに自分の気持ちをぶつけることが、ライティングのテクニックを遥かに凌駕するということが、この研究からも明らかになったことでした。

応用方法

ただ一つだけ。

「自分の思いの丈をストレートにぶつける」と言っても、効果が高いとされた「感謝の対象」というのが、「大きなもの」ほど効果が高かったとされています。

感謝の対象というのは、「あの時コーヒー奢ってくれてありがとう」とか「コピーを代わりにやってくれてありがとう」とか。

そういった感謝の気持ちを伝えた場合、感謝の対象は小さいものが対象となっています。

この小さい事柄に対して感謝を伝えることが効果がないわけではないでしょうが、その対象が「大きなもの」であればより感謝の気持ちを伝えたときの効果は高いとされています。

例えば、「お前と出会えたことで、俺に人生は大きく変わった。本当に俺と出会ってくれてありがとう」

こう伝えたとすると、感謝の対象はもはや「人生レベル」での変化です。

このように感謝の対象はなるべく大きい方が、受け取った相手が与えた印象は大きくなるため、その効果は高いとされました。

要するに、感謝の対象はなるべく大きなものを選び、「価値観」や「人生」、「生き方」こういった大きなものに感謝をすることが、手紙を書いた際に一番喜ばれる感謝の対象だとされています。

まとめ

つまり、感謝の気持ちを伝える手紙を書く際は、「相手に対して本当に感謝していることを、自分の言葉でストレートに伝える」

これが一番効果が高い手紙の書き方だと思います。

音楽の歌詞のように手紙を書いても、ポエムのように伝わってしまうかもしれない。

むしろ、そのテクニックに隠れて、本当に感謝しているという気持ちが薄れてしまうかもしれないし、相手に伝わらないかもしれない。

そうしないためにも、変な表現方法は使わず、自分の言葉でストレートに伝える。

最後にまとめておくと、これがシンプルであり最強な手紙の書き方ということですね。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする