このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

秒速でやる気を出す心理学的に正しい4つの方法!

今回はタイトルにある通り。

秒速でやる気を出す方法を、心理学に基づいて4つ知ったので、それをシェアしておこうと思います。

しかもこの4つの方法っていうのは、別々に使っても効果が確認されている上、組み合わせるとさらに効果的なので、結構使えるのかなと。

僕も早速そのやる気を出す方法を終えた後このブログを書いてますが、なかなかやりやすいのがこの方法のメリット。

(時間もいらないしね。)

このやる気を出す方法の結論から言うと、

  1. 胸を張り背筋を伸ばす
  2. 腕を組む
  3. 拳を握る
  4. 全身に力を入れる

もうこれだけ。

全てすぐできるし、お金もかからない。

結構おすすめです。

根拠

まずこのやる気を出す方法の根拠に関して。

  • 胸を張り背筋を伸ばす

これから解説していくと、トロント大学の研究において、胸を張り背筋を伸ばすと「意思決定力」が上がることが確認されています。

また、胸を張り、背筋を伸ばすことは、失恋にあったり、仕事で失敗したりと、メンタル的にあまりよろしくない状態の時に、「メンタルをよく保つ効果」も期待されています。

やる気が出ないっていうのは、いろいろ紐解いていくと、メンタルがあまり良くない状態だったり、迷いや困惑といった「意思決定」からきていることも多いので、胸を張り背筋を伸ばすことで、やる気を出すことにつながるということが言われています。

  • 腕を組む

次に腕を組む。

この腕を組むことに関して、2007年のロチェスター大学の研究では、腕を組むことによって難しい問題に対する対応を研究しました。

ここでわかったのは、腕を組んだ方が難しい問題に対する成績や取り組む姿勢、諦めない姿勢、途中で投げ出さない確率など、様々な面で腕を組んだ方が良かったことが確認されています。

  • 拳を握る

次に拳を握るですが、2011年南カリフォルニア大学の研究によると、拳を握った方が「ダイエット時の甘いスイーツ」といった誘惑や痛みに関して強くなるということがわかっています。

  • 全身に力を入れる

そしてし最後の全身に力を入れるですが、これは南カリフォルニア大学と同じ2011年のオックスフォードの研究によって判明していて。

よく心理学で出てくる「ウィルパワー」と呼ばれるものですが、全身に力を入れることによって誘惑に負けずらくなったり、やらなくちゃいけないタスクに対する粘り強さなどの効果が確認されています。

さらに全身に力を入れ、一気に脱力することで、緊張と緩和が引き起こるので「リラックス効果」もあるとされています。

これらの研究をもとに組み合わせると、以下の4つになり、

  1. 胸を張り背筋を伸ばす
  2. 腕を組む
  3. 拳を握る
  4. 全身に力を入れる

これらを合わせて数秒行うだけでも、やる気を出すことが心理学的にわかっているということ。

もちろんこれらの心理学のテクニックを単体で使っても効果が実証されていることから、個別で使っても効果が期待できますし、合わせてやることによっても、さらに効果が期待できるでしょう。

理由

そして次に。

  • 胸を張り背筋を伸ばす
  • 腕を組む
  • 拳を握る
  • 全身に力を入れる

これら4つのやる気の出し方は、それぞれ

  • トロント大学
  • ロチェスター大学
  • 南カリフォルニア大学
  • オックスフォード大学

が、心理学の側面から「どんな理由で効果があるのか」を説明してくれ、わかりやすく上記で伝えてきました。

なので、「やる気が出る理由」に関しては、さほど説明しなくてもいいのかなって思ったんですが、プラスアルファで補足しておくと。

やる気を瞬時に上げたい時に試してほしい3つの方法とは。

この記事にも書いてますが、上記の4つの方法を行うと、アドレナリンやドーパミンが放出されます。

(数秒では難しいかもしれませんが、20〜30秒ぐらいなら十分期待できます)

これが心理学的に効果が期待できる4つのやる気を出す方法を行うと、脳内物質として放出されるので、「やる気が出る」っていうロジック。

(上記記事でもっと詳しく書いてますので、気になる方は参照してください)

効果

これも組み合わせると、

  • 意思決定力が上がる
  • 失恋や仕事の失敗からの立ち直りやすくなる
  • 難しい問題にも取り組める
  • 誘惑に強くなる
  • 痛みに強くなる
  • やらなくちゃいけないタスクをこなせる
  • リラックス効果がある

これらに加え、

  • やる気やモチベーションが高まる

ということが期待できるわけです。

しかも、数秒でもやる気を上げる効果が期待できるので、手軽にやりたい人はかなりオススメかなと。

また、もっとがっつりやれる人は、「寝不足を解消するにはコーヒーよりも〇〇の方がはるかに効果的なことが判明。

これを参照してみてください。

この論文も結構面白くて、「カフェインvs運動vsプラシーボ効果」どれが一番モチベーションが上がり、肉体レベルで活動的か?ってことを研究した内容を書いてます。

それでもやる気が出ない。

っていう人は「モチベーションが落ちた時に試してほしい!5分でやる気が回復する科学的な方法

この記事にも書いた「ヘルパーズハイ」と呼ばれる他人に親切にすることでも、モチベーション向上や幸福感を感じることが確認されているので、こっちの方がオススメかな。

まとめ

心理学的にやる気を出す4つの方法

  • 胸を張り背筋を伸ばす
  • 腕を組む
  • 拳を握る
  • 全身に力を入れる

期待できる効果

  • 意思決定力が上がる
  • 失恋や仕事の失敗からの立ち直りやすくなる
  • 難しい問題にも取り組める
  • 誘惑に強くなる
  • 痛みに強くなる
  • やらなくちゃいけないタスクをこなせる
  • リラックス効果がある

これらに加え、

  • やる気やモチベーションが高まる

ぜひ試してみてください。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする