このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

午後に仕事のやる気が落ちるの解決法!疲労物質を取り除きモチベーションをアップさせる!

今回はタイトルにある通り。

午後に仕事のやる気が落ちる人の解決法を知ったので、それをシェアしておこうと思います。

僕自身も仕事っていう仕事はしてないですが、午後も活発的に動いていたいっていうのは当然あって。

でも、結構だれてきちゃうのが、最近の悩みで。

その結果、この方法を知ったわけですが、結構良さそうなので、早速今日から実践して習慣化させていこうと思います。

その方法っていうのが「コーヒーナップ」という方法。

やり方

このコーヒーナップというのはこちらの「参考サイト」に書かれている方法が元になっています。

午後の仕事のやる気が回復する根拠を説明する前に、まずやり方を簡単に説明すると。

コーヒーナップというのは、わかりやすく言えば「コーヒーを飲んで寝る」ということ。

これがコーヒーナップと呼ばれる方法で、午後からの仕事のやる気を回復させるのに効果的だと言われています。

やり方としてポイントなのは、のちに記述する根拠でも詳しく触れますが、1〜2分ぐらいの短時間でコーヒーを飲みきり、カフェインを摂取していきます。

その後、すぐに寝てください。

すぐに寝ずに、そこから仕事をしてしまうと、せっかく摂取したカフェインが勿体無く、効果が薄くなってしまうので、コーヒーを短時間で飲んで、すぐ寝るというのが、効果的なコーヒーナップと言われています。

寝る時間も10〜20分で効果的とされているので、サラリーマンの方や昼休みの時間が短いという方でも多分実践できる内容で。

更に言えば、僕もそうなんですが、結構寝つきが悪い人でも問題なく、寝落ちする必要ありません。

うとうとするだけでも効果的で、厳密に言えば、深い睡眠をとる必要はなく、「目をつぶり、眠ろう」とするだけで十分とされています。

根拠

ではなぜこのコーヒーナップが、午後からの仕事のやる気を回復させてくれるのか。

その根拠を伝えていこうと思いますが、科学の話になるので、少し難しくなりがちな科学の話、わかりやすく噛み砕いて説明すると。

脳が疲れを感じる時、アデノシンという疲労物質が分泌されます。

このアデノシンが「リセプター」と呼ばれる「枠」にハマった時に、僕らは「疲れた」と感じるようにできています。

テトリスで言うところの、アデノシンが「長い縦の棒」って感じですかね。

んで、テトリスの枠がリセプターって感じかな。

リセプター=テトリスに、アデノシンがすぽってハマると、テトリスではブロックが消えますが、僕らは「疲れたな」と感じるようになる。

そうイメージしてもらえるとわかりやすいかなと。

これが超ざっくりとした疲労を感じるメカニズムだそうですが、まず「昼寝」をすることによって、このアデノシンという疲労物質を軽減する効果があるとされています。

ですから、昼寝をすることで、疲労物質を取り除くことで、午後からの仕事へもやる気を維持することができることが期待できる。

さらに、コーヒーの中にあるカフェインは、このアデノシンと形がすごく似ていることから、アデノシンの代わりにリセプターにハマるとされています。

つまり、リセプターにアデノシンがハマると「疲労感」を感じるわけですが、アデノシンの代わりにカフェインがリセプターにハマることで「疲労感」を感じづらくなるということ。

要するに、

  • 昼寝をすることでアデノシンを軽減する
  • カフェインを摂ることで、リセプターにアデノシンをはまらせない

この2つの効果により、午後の仕事に疲労感を感じづらくなり、やる気を維持しながら午後へ向かうことができるというわけなんですね。

根拠2

さらに別の研究なんかでは、この昼寝に関することが様々な場所で研究され、昼寝の効果が実証されています。

2006年のオーストラリアのアデレード大学なんかの研究(参考文献)では、10分の昼寝によって認知機能が向上されたことが確認されています。

記憶力を約2倍も高める昼寝のススメ。

またこの記事でも取り上げている通り、昼寝なしと昼寝ありとの2つのグループに分けて、スワヒリ語(かなり難解な言語)を学習してもらった研究では、昼寝なしと比べ、昼寝をしたグループは2倍もテスト結果が良かったと研究では出ています。

要するに、昼寝っていうのは、僕らにとって脳をスッキリさせ、疲労度を安らげる効果がありながらも、記憶力を高めるのにも効果を発揮するということが言える万能な方法だということが、これらの研究からも見て取れるわけです。

ぜひ午後からの仕事のやる気が落ちがちな人は、コーヒーを短時間で飲んで、10〜20分昼寝をしてみてください。

感想

んで。

最後に個人的な感想なんですが、この研究は結構面白いと思いましたね。

冒頭にも伝えた通り、僕の悩みも結構「午後からダレる」ということが悩みで。

そのために色々習慣をデザインし直したりしてきました。

運動を入れたり、瞑想を入れたり。

その上で、午後からのパフォーマンスが落ちる原因って、肉体的な疲労っていうよりも、精神的な疲労が大きいんですよね。

でもこれもすぐに適応できる方法ですし、即効性もある。

ってなことが見て取れたので、早速今日のうちから取り入れようと思います。

すげぇいいことを知ったな、という感想でした。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする