このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

【何%?】不安が現実になる確率が科学的にわかっていた件について。

今回はタイトルにある通り。

僕らは普段生きていて、いろんな不安を抱くかと思います。

その不安が現実になる確率がすでにわかっていた、ということを知ってたので、それをシェアしておこうと思います。

結論から言えば、不安や心配事が現実になる確率というのは、「15%」足らずでした。

根拠

この不安が現実になる確率が「15%」だとしたのは、イエール大学で博士号を取得したロバートリーヒさんという方で。

この方は、国際認知療法学会会長であり、アメリカ認知治療研究所の創設者としても有名で、「不安な心の癒し方」という本などを出版している認知療法の権威の人物。

このロバートリーヒ教授が書いた「不安な心の癒し方」などで紹介されている研究が元になっているのですが、その研究では被験者を集め、「不安を抱えているか?」ということをヒアリングしていきます。

そして更に「その不安はどういった不安か?」ということを聞いていき、その不安を抱いている人悩みを具体化していきました。

そしてその後。

被験者に対して「不安が現実になったのか否か」を追跡調査していき、検証したわけですが、この研究では様々な面白いことが判明しました。

まず1つに。

「不安を毎日感じている」という人は、およそ38%の割合で存在し、約4割の人が「毎日不安を感じている」という心配を持っていたことが判明しました。

これは「毎日」不安を感じている人の統計なので、「毎週」だったり「毎月」だったりと期間を伸ばしていけば、その割合は高まっていき「不安を感じたことがあるか否か」で統計を取ったら、ほぼ100%となるでしょう。

「毎日感じている」という人だけでも、38%いたので、このことから「多くの人が不安を思い、それを心配して生きている」ということが統計的に判明しました。

もう1つわかったのは、その後「心配事や不安」が現実になったかどうかを、具現化しチェックしてもらい追跡調査をおこなったわけですが、なんと心配事や不安が起こった確率はおよそ「15%」で、その反対の「85%」は不安が現実にはならなかった、ということが判明します。

つまり、ほとんどのことが「不安」に終わるだけに過ぎず、現実に起きたのはわずか15%しかなかったということ。

僕らは「もしあんなことになったらどうしよう」と不安に感じ、恐怖にとらわれるわけですが、その心配事というものの「ほとんどは起こらない」ということが、この研究より判明した2つのことでした。

ただ。

さらに心配性な人は「15%は現実になってしまうんだ」

そう感じたかと思いますが、この研究では判明した3つのこととして、「現実に起こった後」のことも調査していて。

この不安が現実に起こってしまったケースのおよそ「97%」は自力で解決することができる課題だったことが判明しています。

一方、残り3%のみが、自力での解決が難しく、誰かの助けがないと解決できないような問題だったそうです。

つまり、心配事や不安が現実になる確率は、わずか15%に過ぎないが、引き起こってしまった心配事がもし現実になったとしても、そのほとんどが「自力で解決できる問題」に過ぎないということだったんですね。

要するに、不安というものは、ほとんど現実には起こらず。

そして起こったとしても、自力で解決できる問題がほとんどである。

ということが、国際認知療法学会会長のロバートリーヒ教授が証明した「現実になる確率」ということなんですね。

不安をプラスにする

この不安は85%現実にならない。

そしてもし仮に不安が現実になったとしても、97%は自力で解決できると「不安の正体」さえ、知っておけば、いくらでも対応が可能です。

もちろん、「不安のほとんどは起こらないから、何もしなくていい」ということではなく、事前準備をしたり、あらかじめ対処法を練っておくというのは大切なこと。

ただ、この「準備」さえきちんと行ってしまえば、あとは「不安の正体」さえわかってしまえば、対処法はあらかじめ用意しているわけですから、過度に怖がって怯える必要はないということなんですね。

さらにプラスしてお伝えしておくと。

ストレスを撃退する!対処法をこの記事にまとめてみたよ。

この記事でも紹介していますが、不安と類似する「ストレス」に関して、「ストレスの捉え方」によって、放出される成分が変わり、ストレスをどう捉えるかによって「良い影響を与えるか、悪い影響を与えるか」が変わってくるという研究もあります。

実際に「ストレスを悪いもの」と捉えている人ほど、ストレスホルモンであるコルチゾールの放出量が多くなり、生産性が下がり、寿命が短くなる傾向にあるのに対し。

「ストレスは成長に必要なもの」と捉える人ほど、GDPが高く、ストレスホルモンの分泌量も少なく、寿命も長くなっていることが判明していたりします。

このように、「ストレス」というのは、捉え方によって、全く異なった意味を持ち、体への影響までも変えてしまう。

そういう意味でいうと「不安」というのも同じで、捉え方によって持っている意味が変わるもの。

大切なのは、「不安を感じることがダメ」と捉えるのではなく、「不安に対する準備」をした上で、「心配事はほとんど起こらない」と対処し、不安を乗り越えていくということが大切なことです。

まとめ

  1. 毎日心配事がある人は約38%
  2. 不安が現実になる確率は約15%
  3. 85%は現実にはならない
  4. もし仮に不安が現実になったとしてもおよそ97%は自力で解決できる
  5. わずか3%しか自力解決できない不安は起こらない

まとめるとこんな感じ。

ぜひ参考にしてみてください。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする