このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

科学的にイライラや怒りを抑えるのに効果があるのが、まさかのあれだった件。

今回はタイトルにある通り。

科学的にイライラや怒りを抑える効果があるものが見つかったって話を知ったので、それをシェアしておこうと思います。

結論から言うと「ヘヴィデスメタル」的な音楽。

これがイライラや怒りの感情を抑えるのに効果的だということが判明しました。

もちろんこれだけだと「ヘヴィやメタル系の音楽を聞かない人」には、応用が利かないので、論理や根拠を説明した後、応用方法で別の音楽にてイライラや怒りを抑える方法を伝えていこうと思います。

根拠

このイライラや怒りを抑えるのにヘヴィメタ系の音楽が効果的だとしたのは、オーストラリアのクイーンズランド大学が行なった研究が元になっていて。

この論文では、ヘヴィメタやパンクロック好きの被験者39名(平均年齢18〜34歳)を集め、16分間のインタビューを行います。

そのインタビューにおいて「最近腹が立ったこと」や「過去一番イライラしたこと」などを聞いていき、イライラや怒りの感情を思い出してもらいました。

その後、被験者を2つのグループに分けて、次の実験を行います。

  1. ヘヴィメタやパンクロックの曲を聴く
  2. 何もせず10分間待機

この2つのグループに分けていきました。

その後両者のグループに、イライラしているとなかなか進まない作業であったり、メンタルヘルス、ストレスチェックなどを行い、イライラやストレスの度合いを測定していきました。

その結果わかったのは、「何もせず10分間待機」していたグループに比べ、「ヘヴィメタやパンクロック」の曲を聴いたグループの方が、イライラや怒りの感情が減少していることがわかりました。

これは一見すると「好きな曲」を聞いたから、イライラや怒りが収まったようにも感じますが、そうではなく。

あることが原因だとのちにわかります。

というのも、普通好きな曲やハードな曲を聴けば気分が高揚し、興奮状態にあるはずですが、イライラや怒りが収まったグループ(=ヘヴィメタ系の曲を聴いたグループ)は、興奮も抑えられていたことがわかっています。

その上で、イライラや怒りではなく、ストレスレベルも低くあり、やる気やモチベーションまでも上がっていることが確認されました。

理由

ではなぜヘヴィメタ系の曲を聴いた被験者はイライラや怒りの感情が収まったのか。

これの理由に関しては「自分を客観視することができた」ことが由来だとされています。

要するに、「怒りやイライラ」というのは、主観的な感覚を基にしているからこそ、イライラし怒るわけですが、客観的に物事を見ると、さほどイライラして怒るほどでもない、ということが往々にしていあります。

例えば、連日ニュースなんかで「肩がぶつかってイライラしたので、相手を殴った」なんてニュースがあったりしますが、客観的にニュースを見ている僕らからすれば「肩がぶつかったぐらいで殴るぐらい怒るかよ」って思いますよね。

もちろんこれは「殴るや暴力を振るう」ことを肯定しているわけではない例えの話ですが、「殴るぐらい苛立った」犯人というのは、主観的に見ていたために、僕らの想像を超えて怒りにあふれていたわけです。

つまり、イライラや怒りというのは「主観」であり、「客観的」に見ることで、冷静に判断することが重要になってくるということ。

話をクイーンズランドの研究に戻して。

イライラした被験者がヘヴィメタを聞いて、興奮が収まり、怒りが減少していったのは、「ヘヴィメタ系の曲が、怒りやストレスのことを歌っていた」ため、それを聞いた被験者は「主観的なイライラから、客観的なイライラに変わった」ということが原因だとされています。

イライライしている状態だったけど、横にいた人が怒鳴ったから、ふと冷静になれた。

そんなシーンは結構体験しているかと思います。

僕の友人の話で1つあるのが、僕の友人は小さい頃から「爪を噛む」のが癖でした。

それが中学ぐらいから、一切噛むことがなくなったので、ふと気になって「なんでかM樹のをやめたの?」と学生時代に聞いたことがありました。

その友人は「昨日電車に乗ったら、真向かいのおっさんが、爪を噛んでたんだよね。その時「気持ち悪っ」って思ったんだ。それ以来「俺もそう思われてるのか」って思ってやめた」

そう言っていました。

まさしく、自分を客観的に見たときに「冷静に判断ができた」1つの例かと思います。

これと同様に、イライラしている状態で、「もっと怒りがある曲」を聞かされることによって、逆に冷静になり興奮を押させることができた、というのがヘヴィメタを聴くとイライラが治る理由なんですね。

応用方法

この理由さえ知っておくと、いろんなシーンで応用が可能で。

というのも僕自身パンクロックやヘヴィメタはあまり聞きませんし、馴染みもない。

でも大切なのは「自分の怒りを代弁してくれる曲」を聴くことが、この研究の本質なわけです。

ですから、決してヘヴィメタだけがイライラや興奮を抑えてくてる曲なのではなく。

「怒りを歌っている曲」や「怒りが表現されている曲」を自分の好きなアーティストや曲からチョイスしてあげるだけで、効果が期待できるわけです。

これはまた逆も然りで。

「悲しい時」や「失恋した時」という状態で、「病みソング」なんかを聞く人がいますが、あれはある意味理にかなってるわけですね。

主観的に悲しい状態から、もっと悲しい曲を聴くことで、より客観的に見れるようになるため、立ち直るきっかけを作ることができる。

ですから、ある意味理にかなっているわけで、さらには「悲しい曲を聴く」ことが、たちおなるための曲ということになるわけです。

落ち込んだ状態から最速で立ち直る方法がわかったよ。

さらにはこの記事で紹介した、カナダの研究なんかにも影響があって、たちおなることができるんだと思いますね。

まとめ

つまりまとめておくと。

イライラや怒りを抑える曲は「ヘヴィメタ=怒りを歌った曲や怒りが表現されている曲」

これらを聴くことで、主観的な怒りが、客観的な怒りになり、冷静に自分を見つめ直すことができるため、イライラや興奮が収まる。

ヘヴィメタだけがこれらの効果があるわけではなく、「怒りを歌った曲や怒りが表現されている曲」であれば、好きな曲やアーティストに応用が可能。

まとめるとこんな感じですね。

ぜひ参考にどうぞ。

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする